Life with English - 英日日記 -

お休みしてましたが、また始めました(いつまで続くか!??)

Shizuoka静岡しずおか

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

歴史ミステリ〜??

イメージ 2
 
 
I visited Kunouzan Toshogu last Sunday.
The VOIS’s Interpreters’ Training Course includes an on-site guiding practice and this term we chose Kunozan Toshogu.
 
Did you know Kunozan Toshogu has been designated as National Treasure recently?
It’s the only building National Treasure in Shizuoka Prefecture.
 
Not only was the master priest there kind enough to show us around as long as three hours, but he kindly gave special consideration to our admission fees. For a poor NPO, this is really unusual and we felt grateful.  We have often treated coldly by red-tape type authorities, so his kindness was really impressive.
 
イメージ 1
 
The most interesting point for me was his answer to my question at the tomb of Ieyasu.
As you know, most people believe the remains of Ieyasu were moved to Nikko Toshogu.
So I asked him, “I guess a lot of non-Japanese ask you what is inside the tomb.  How do you answer that?”
He said, “I say, ‘the remains of Ieyasu’”.  I was a bit surprised.
He went on saying “The remains of Ieyasu must be here.  There are some reasons why I say so.  First, the descendants of Tokugawa family visit Nikko Toshogu and Kunozan Toshogu.  At Nikko, they offer prayers at the main building but they do not go up to the tomb.  Here at Kunozan, they offer prayers both at the main building and at the tomb.
Second, the tomb stone yard at Kunozan was built over 20 years after Ieyasu died, after Nikko Toshogu had already been built.  In addition, the construction was done directly by the government.  Usually this kind of construction was ordered to provincial lords those days.  So if the remains had already been moved, the government wouldn’t have had to build this grand grave.  Third, Tenkai, a great Buddhist monk, left a waka, Japanese verse, regarding the transfer of the remains saying “Areba aru, Nakereba nashito, Suruganaru, Kunonakikamino Miyautsushikana”, which I dare translate as follows; “If you think it is there, it is there. If you don’t, it isn’t.  Removing only the spirit of the God in Suruga”.
「あればある なければなしとするがなる くのなき神の宮移しかな」
He said, “Ku ” as in “くのなき神の”, can mean “” meaning the body, so the latter half of the verse says “The God was moved but not the body”.
 
Well, if you are from Tochigi, you have a lot to say for this.
Let’s just believe what we want to believe.  (Running away from a controversial matter....  away .... away  )
 
先週の日曜日、久能山東照宮へ行ってきました。
NPO法人VOISの通訳トレーニング勉強会で、実地ガイド演習が入っていて、今期は久能山東照宮でやると決めたからです
 
最近、国宝に指定されたんですよ〜。ご存じでしたか?
静岡県で唯一の建物の国宝です。
 
宮司さんは私たちを3時間も案内してくださっただけでなく、入場料にもご配慮くださいました。貧乏NPOとしては有難いことです。いつもお役所みたいなところの壁に泣かされているので、ご親切が心にしみます。じ〜〜〜ん。
 
一番興味深かったのは、家康の神廟でのわたしの質問に対する宮司さんのお答えです。
 
ご存じのように、一般的には家康のご遺体は日光東照宮に移されたと信じられていますよね。それで「外国人はこのお墓の中に何が入っているか、聞きたがると思いますが、なんとお答えになりますか?」と伺いました。
宮司さんは、「家康のご遺体です」とお答えになりました。ちょっとびっくりしました。
 
続けてこう説明してくださいました。
「ご遺体はここにあるはずなんです。いくつか理由があります。最初に、徳川家の子孫がお参りなさる時、日光では拝殿でだけお参りをし、お墓には行きません。久能山では拝殿とお墓と両方でお参りをなさいます。
 
第二に、このお墓は家康が亡くなってから20年以上たって、すでに日光東照宮ができた後で、幕府がじきじきに建てています。普通は、大名に建てさせるものですが、幕府が建てているんです。もし、ここにご遺体が無いなら、そういう必要はなかったはずです。
 
第三に、天海僧正がご遺体の移動に関して和歌を残しています。
‘あればある なければなしとするがなる くのなき神の宮移しかな’
この中の「くのなき」の「く」は「躯‐身体」と読むことができ、「くのなき」つまり「体はないが宮を移した」と理解することができます。」
わたしは、とても説得力のある説だと思いました。
 
栃木の方だと、いろいろ反論があるかも知れませんね。
まあ、信じたい方を信じましょう!(逃げた・・・すたこらさっさ〜)
 
One of my best friends started a very interesting English event in Shizuoka!


It takes place in a fancy bar and the participants are to enjoy speaking English with a native speaker over some drink!

A lot of people say that they feel they can speak English better when they are tipsy, so this should be a good idea!
Come to think of it, I have almost never had an opportunity to drink and speak English.
I can’t hold my liquor, but maybe my English will flourish with some alcohol!?



If you are interested in the saloon, go visit

"English Chatting Saloon e-Space"






仲のいい友達が静岡で面白い英語サロンを始めました!



おしゃれなバーでお酒を飲みながらネイティブと英語を話して楽しむというサロンだそうです。

ちょっと酔ってるくらいのほうが英語がうまく話せるように感じるという人が多いので、いいアイデアかもしれませんね〜。考えてみると、飲みながら英語を話したことはほとんどないです〜。アルコールには弱いのですが、もしかしてちょっと飲んだほうがわたしの英語も花開くかも!? 



興味のある方、詳しくはこちらで。

English おしゃべりサロン e-Space

July 2, 3006

Yesterday we, VOIS members and teachers, had a farewell party for Christine, one of the teachers, and her boyfriend John. The hardest part of making friends with non-Japanese is very often we have to say “Good-by”. By now they must be on board the plane to London. I wish you two the best luck, Chiristine and John!

By the way, does anybody reading this come from Shizuoka?

In Shizuoka, we put “ra” at the end of sentences to make them questions, or tag questions.
For example. “gakkouhe iku” meaning “go to school” can be turned to a question by adding “ra” at the end “gakkouhe iku ra?” meaning “You are going to school, aren’t you?”
I live in a neighboring city of Shizuoka so I use this “ra” very often, but I guess people in Shizuoka city are more sophisticated so that most of them do not use this “ra”.
Yesterday at the party for Christine, I talked about this usage of “ra” in Shizuoka dialect with Suzy’s husband, Yuki-san. He said he had an opportunity to talk with a very well-known linguist and the scholar said that this “ra” comes from the old usage “ran” having speculative meaning as in the famous 1000-year-old poem “久方の光のどけき春の日に、しずこころなく花の散るらむ(ん)“. Hmmm, interesting!

Also one of the Shizuoka vernaculars is “gosseppoi ごせっぽい”. This is used like “He is always telling me to do this and that, but he is out of town today. How gosseppoi !”, or “Until I have get that chore done, I won’t feel gossepoi.” So it means the care-free state of mind. And, lo and behold, this gosseppoi comes from goshoppoi “御所っぽい” meaning “like the emperor’s palace”. Use the word processing software WORD and try typing in “ごせっぽい”and press the “change” key. See? It is changed to “御所っぽい”. So “ごせっぽい goseppoippoi" may mean “as neat/clean as in the emperor’s palace.”

I thought these dialectal usages were fairly provincial, but we have preserved them over centuries. We should be proud, maybe?

昨夜はVOIS(通訳研究会)のメンバーと先生たちと、先生の一人であるクリスティーンと恋人のジョンのお別れパーティでした。
外国人とお友達になると、つらいのは「さよなら」をしなければならないことが多いことですね。
今頃は、ロンドンへの機中でしょう。 クリスティーンとジョン、幸運を祈ります。

ところで、どなたか静岡出身の方は?

静岡では文の最後に「ら」をつけて、質問や付加疑問文にします。
例えば、「学校へ行く。」に「ら」をつけて「学校に行くら?」とすると、「学校へ行くでしょ?」という意味になります。
わたしは静岡近辺の市に住んでいるのでこの「ら」をよくつかいますが、静岡市の人は洗練されていて、この「ら」をあまり使わないと思いますが。
昨夜のパーティでスージーのご主人のゆきさんにお会いして、この「ら」の話になりました。ゆきさんは高名な言語学者に会ってお話したことがあり、そのとき、この「ら」は1000年前の和歌、“久方の光のどけき春の日に、しずこころなく花の散るらむ(ん)“にも使われている推量を表す「らむ(ん)」から来ていると教えていただいたそうです。んー、興味深い。

それから、静岡方言に「ごせっぽい」というのがあります。
例えば、「彼はいつもわたしにアレやれこれやれっていうけど、今日はいないから、あー、ごせっぽい!」とか、「あの仕事をやっちゃうまではごせっぽくない。」とかいう風に使います。だから、心配事やちょっとした悩みの種がない状態を意味します。そして、なーーーーんと!この「ごせっぽい」は「御所っぽい」
、つまり「天皇の住居(御所)のような」という意味なんだそうです!! ワードをつかって、「ごせっぽい」とタイプし、変換キーを押してみてください。ね、「御所っぽい」ってなったでしょ。つまり、「御所のように片付いている・きれいな状態」からきた表現ですね、きっと。

こういった方言は田舎っぽいものだと思っていたけど、何世紀にもわたって使われ続けてきたんですね。
もしかして、誇りに思うべきかも?

    今日の表現
 
lo and behold        な〜んと、 驚くべきことに


覚えた表現 ( ..)φメモメモ

hands on / hands-on 参加型の  実践の  実際に参加しての <Chikichanのブログより>
 

ほたる

イメージ 1

June 5, 2006

Again, it’s the season of fireflies.
I live in a rural area and around this time of the year we see fireflies. Look at the photo! The fireflies here are naturally grown; they are not cultivated ones.
For some years there seemed to be no fireflies around here any more, but about 10 years ago they came back and ever since I have enjoyed watching them every year.  When they came back 10 years ago, it’s hard to believe now but the fireflies looked like illumination on a Christmas tree. But up to now we had to go more rural area to do so. To my surprise, this year, I saw a lot of fireflies at the river just around corner from my place. You may remember the photo of the river and the cherry blossoms I put on this blog some time ago. I live near a little upstream of the place. When I say “a lot of fireflies”, it means 15-20 fireflies, though. I wish I were a better photographer and could show you a photo of a firefly glowing.

P.S. I took this firefly back to the river after taking this photo!

Fireflies reminds me of a song of Masashi Sada. Do you have any particular song you think of associated with fireflies?



ほたるの季節がまたやってきました。

わたしは田舎に住んでいるんですけど、この時期になるとほたるをみれるんですよ。写真見てね。ここのほたるは自然に発生したもので、養殖したものではありません。
何年かここでもほたるはいなくなってしまったと思われていたようなんですけど、10年くらいまえ、また出るようになりそれ以来、毎年楽しみにしています。最初に出た年は、今でも信じられないのですが、まるでクリスマスツリーの電飾のように異常発生したんです。
でもいままではもうちょっと山のほうに行かないと見れなかったんですけど、驚いたことに今年は我が家からほんの少しはなれたところにある川でたくさんのほたるを見ました。ほら、まえに桜の写真を載せたあの川のもう少し上流にわたしは住んでいます。“たくさん”ってこの場合、10−20ですけど。写真を撮るのがもっとうまくて光っているところを撮れればよかったんですけどねえ。

P.S. このほたるちゃんは写真を撮ってすぐ川に戻しました。

ほたるをみるとさだまさしの
♪水彩画の かげろうのような
 きみの細いうでが ふわりと
 ぼくのかわりに 宙を抱く
 ほたる祭りの 。。。(あと思い出せない)♪
という歌を思い出します。題名忘れちゃったけど。みなさんは?

Where have river banks gone?

イメージ 1

April 5, 2006

This is a river near my place. Do you feel nostalgic? You can see I live in the country.
I like this river not only because now the cherry blossoms are in full bloom, but because it still has the atmosphere as "a river".
A lot of "rivers" have changed to mere water channels due to bank protection works. Some banks have been lost for good. When I was a young kid, I enjoyed fishing with nets, picking horsetails in early spring and cluster-amarylises in spring and fall, made and blew glass whistles, and so on and so forth on banks. I saw a snake swimming for the first time from a bank.
Some time ago I often saw some mini-buses with Tokyo license plates parked near the river. It seemed the visitors were here to enjoy fishing "haya" in this river. I guess they did not enjoy fishing only but remembered the pleasant memory in their childhood. The area reminds you of the song, "Furusato", whose lyrics go like "Those mountain hills where I chased rabbits, and those rivers where I enjoyed fishing..." I'm afraid kids in big cities never have that kind of experiences.

うちの近くの川です。懐かしい感じする? いなかでしょ〜。
この川が好きなのは、いま桜が満開だからじゃなくて、この川が“川”としての雰囲気をまだもっているからです。
護岸工事のためにたくさんの“川”が単なる水路に変わってしまっている。土手も永遠に失われてしまったりしている。子供のころは、網でさかなとりしたり、早春はつくしを春秋は彼岸花をとったり、草笛も作って吹いたりいろいろなことをした。へびが泳いでいるのをはじめて見たのも土手からだった。
すこしまえはよく東京ナンバーのマイクロバスがこの川の近くに止めてあるのを見ました。この川で“はや”釣りを楽しみに来てるみたいだったけど、魚釣りだけじゃなくて子供時代の楽しい思い出を思い出しに来ているんだろうな、と思いました。このへん、唱歌“ふるさと”を思い出させるようなところだからね。"うさぎ追いしあの山、こぶな釣りしかの川〜” 都会の子はそんな経験できないでしょうね。

音読  April 4  DVD "Friends" 20分

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事