中年素人登山家の山歩き記

いつも訪問&コメント、ありがとうございます、遅れてごめんなさい。

全体表示

[ リスト ]

2009年3月15日、太宰府守護のために築かれた日本最古の山城跡(基肄城:きいじょう又は椽城:きじょう)のある基山(404m)と太宰府に流された菅原道真が無実を訴えるために登ったという天拝山(258m)、歴史ある山々を巡ってきた。縦走というよりは、一山登って、もう一山、ニ山を登るコースで、「福岡県の山」で紹介されているコースを辿った。低山ではあるものの、累積標高差はニ山の標高の合計を超えて700mにもなるようだ。同行者はS氏、やや小太りで、山に登ると徐々にダイエット効果が現れてきて、健康診断の結果に黄マークがついて、これも改善されるという楽しみのもとに、このところ3回連続となっている。

今回のコースは、
JR原田駅−九州自動車道下−基山登山口−東北門跡−基山−平山集落−筑紫野市総合公園−
  −兎ヶ原林道−290mピーク−天拝山−武蔵寺−二日市温泉−西鉄二日市駅
というコースである。

当日は、雲一つない快晴、絶好の登山日和りである。博多駅から20分余りで、原田駅着。9:15。

原田駅から、宝満山・四王子山・大根地山方面(マンションが邪魔)
イメージ 1


ここからは西に歩き始め、鳥栖筑紫野道路・九州自動車道の高架下をくぐって進む。段々畑の中の道を、春を感じさせる一面の菜の花を眺めながら、登っていくと、やがて「←基山1.4km」の標識が現われ、登山口であることを教えてくれる。

基山登山口
イメージ 2


9:50。木々に覆われた登山道をゆっくり登っていくと、15分位で「お滝の行場」に出る。小さな滝が落ちていて、水場にもなっている、小さな神社もあり、手を合わせて、さらに登る。ただ、ここで道が分岐していて、右手の道か左手の道か選択を迫られ、急な方の左を選んだ。ここから、グングンと登っていくが、金具のステップが打ち込まれていて、登り易いようにしている。20分くらいで林が切れ、電力会社の鉄塔が現われる。下はススキ原になっていて道はよくわからないが、鉄塔の下をくぐって進む。やがて登山道らしい道が切れ、なんか目印はないかと探すと、かなり古くなった赤いテープが木に巻きついている。これでいいかと登っていくが、とうとう道がなくなってしまった。

道無き道を登る。
イメージ 3


まばらな林になっているため、登れなくはないということで、道無き道を登るとやがて稜線沿いの登山道に出た。行場での選択が間違っていたようだ。これで本来の登山道に合流したものと、左へ進む。「史跡巡りコース」と案内され整備された登山道を進む、低いピークを越えて進むと、どんどん下っていった。

土塁跡
イメージ 4


基山町の方から登るコースのようで、これまた間違いのようだと引き返す。さきほどの地点まで戻って、ほどなく東北門跡の広場に出た。10:30。

東北門跡
イメージ 5


ようやく、本来のコースにたどり着いた。ここからは、いくつかの礎石群を越えて登っていく。その昔の倉庫などの跡だろうとのことである。

礎石群
イメージ 6


さらに、整備の行き届いた登山道を緩やかに登っていく。

整備された登山道
イメージ 7


20分ほどで空が開けた。北帝門跡。10:45。もうほぼ山頂である。

山頂付近
イメージ 8


イメージ 9


山頂からは、大草原を進んで数分、山頂である。北方向に福岡市街や、東方向は宝満山、一方西には脊振山系方面の眺望が抜群である。
360°見渡せる眺望、太宰府守護のためには、最適な場所だったのだろう。どこから敵が来ても、山頂から見張ることができる。

基山から福岡市街を望む。先日登った立花山も見える。
イメージ 10


東方向には、宝満山・四王子山・大根地山
イメージ 11


西には、九千部山・脊振山などの脊振山系
イメージ 12


基肄城跡の石碑
イメージ 13


「天智天皇欽迎之碑」
イメージ 14


南西方向に見える基山の街並み
イメージ 15

閉じる コメント(22)

顔アイコン

素晴らしい風景ですね。
武士がいたころは普通の人はこの山に登れなかったんですよね〜。
そう思うとしみじみと眺めてしまいます。

2009/3/20(金) 午前 9:08 [ - ] 返信する

顔アイコン

眺めの良い山頂ですネ!
山城の時代に歩いて通勤する家来が大変でしたでしょうネ~

2009/3/20(金) 午前 9:19 西研 返信する

顔アイコン

頂上は広々としていますね。登山道も気持ちよく歩けそうですね。菅原道真が毎日登ったといわれるだけありますね。

2009/3/20(金) 午前 9:41 [ でんでん虫(s6912h) ] 返信する

顔アイコン

低い山でも
登山道がしっかりできていると安心ですよね。
山で道が解らなくなると
不安でしょう?シンパイしてるよ〜kuraさん!!

2009/3/20(金) 午前 10:36 mat*har**ai 返信する

顔アイコン

登山道入り口が・・・真っ暗なトンネルに見える・・・。
道真さんにはかなり親しみがあります。愛もこんなとこ登ってみたいー。

2009/3/20(金) 午後 3:48 愛 返信する

顔アイコン

学問の神様も登られた山なんですね。
頂上に立って何を考えていたのでしょうか?
快晴の登山は最高でしょうね。

2009/3/20(金) 午後 7:41 め の 返信する

山ももう春でしょうか?
登場に立ち、眼下に眺める光景は如何?
素晴らしいでしょうね(^^♪
ポチ☆

2009/3/20(金) 午後 9:03 ふーちゃん 返信する

とても 素敵な お写真
ありがとう(^^♪ ポチ

2009/3/21(土) 午前 11:10 hikot 返信する

顔アイコン

tuboさん
>武士は足腰強くないと登城できない。
その通りですねぇ。
毎日、登っていたんでしょうね。
足腰が鍛えられます。

2009/3/21(土) 午後 7:17 KURA 返信する

顔アイコン

ひぃちゃん
爽やかで、暖かな天気でした。
街並みを見下ろす展望、いつもながら気持ちいいものです。

2009/3/21(土) 午後 7:22 KURA 返信する

顔アイコン

あさがおさん
はい、素晴らしい眺めでした〜。
その時代には、山頂からの展望は武士たちのものだったんでしょうね〜。

2009/3/21(土) 午後 7:24 KURA 返信する

顔アイコン

西研さん
眺めよかったですよ〜
毎日登っての通勤、足腰鍛えられたでしょう。

2009/3/21(土) 午後 7:26 KURA 返信する

顔アイコン

でんでん虫さん
広々とした山頂で、展望も抜群でした〜
登山道も整備されていて、気持ちよく歩けました。

2009/3/22(日) 午後 5:42 KURA 返信する

顔アイコン

matahariさん
低い山でも、道迷いすると、多少不安になります。
心配かけて、ごめんなさい。
もう少し、慎重に行動しなけりゃなりませんね〜

2009/3/22(日) 午後 5:44 KURA 返信する

顔アイコン

愛さん
登山道へ入るところは、トンネルの入り口と思えるような所多いです。
>愛もこんなとこ登ってみたいー。
いつの日か、登りましょう。

2009/3/22(日) 午後 5:46 KURA 返信する

顔アイコン

めのさん
ごめんなさい、学問の神様が登られた山は次の記事の天拝山です。
快晴の日の登山、とくに展望のいい山では、
こうでなくっちゃと思います。

2009/3/22(日) 午後 6:06 KURA 返信する

顔アイコン

吹き矢さん
山もすっかり春になってきましたねぇ。
暖かくて、気持ちのいい山行でした。
この基山、ぐるりと見渡せる大展望
素晴らしかったです。

ポチ☆ありがとう、ございます。

2009/3/22(日) 午後 6:09 KURA 返信する

顔アイコン

たかさん
基山は、展望がいい山で、天気にも恵まれ
いい写真を撮ることができました〜

ポチ、ありがとう、ございます。

2009/3/22(日) 午後 6:11 KURA 返信する

高速の←に基山インター。。。あの山かな?!
気分快適ですね。
良い眺め。。

太宰府が近いのも頷けます。。!ポチ

2009/3/22(日) 午後 6:25 *merci+chico* 返信する

顔アイコン

chicoさん
基山PAが有名ですよね〜
その西側に見える山が基山ですね。
360°の展望が得られる山です。

ポチ、ありがとう、ございます。

2009/3/22(日) 午後 7:59 KURA 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事