中年素人登山家の山歩き記

いつも訪問&コメント、ありがとうございます、遅れてごめんなさい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

シルバー夫婦の「日本百名山」物語 著者:原田栄作

日本百名山を達成した知り合いのご夫婦が、本を出版しました。
3年前飯豊山で出会ったご夫婦で、元高校校長先生だった原田さんが
定年退職を機に日本百名山を登り始め、昨年達成したそうです。

九州から百名山をやるのって大変でしょうと訊いたら、
飛行機で飛んで(それもシルバー割引使って)、
格安レンタカー借りて移動、民宿泊で行けばそうでもないですよ、
なんて言ってました。
10数年に渡るチャレンジを登山記にして出版しました。

384ページに渡る大作です。
よく観察していて、記録も結構詳細に取られていて、
登山道の様子もよくわかります。
素人登山家故、突っ込みどころが結構ありますが、
百名山を目指す素人ハンターにとっては山行の参考になります。
元高校校長先生らしからぬ、ドジっぷりも素直に書かれていて、
とても楽しく読める本です。

興味のある方は、是非どうぞ。


内容紹介
定年退職後、深田久弥著『日本百名山』に出合い、
山登りに魅せられていく著者。
夫婦で日本百名山に挑戦した際の記録を一冊にまとめました。
山それぞれに感じた思いや、その山ならではの情報も書かれており、
これから山を登ってみたいと考えている方はもちろん、
登山愛好者にとっても参考になる一冊。巻末の登山年譜には、
登山した山の周辺にある観光名所が記載されているので、
登山旅行のご参考に。

著者紹介
1942(昭和17)年、熊本県天草市に生まれる。
熊本大学教育学部卒業。国語教師として38年間、県立高校に勤務。
定年退職後、崇城大学総合教育の講師として6年間勤務。


イメージ 1

開く コメント(10)

スーパー女性登山家

群馬県の山旅の途中、日帰り温泉でスーパー女性登山家に出会いました。

・年齢は90歳(昭和3年4月生まれ)
・百名山を2周  (ほぉ、これだけでもすごいな)
・海外の山にも出かけ、70歳の時にはアフリカ最高峰キリマンジャロ登頂。
・休み度に山に登っていた。
・口癖は、地図のコースタイムなんかあてにするな。
 本人はその半分位で歩いていた。
・ガン家系で、兄弟は6人いたが、みんなガンで既に亡くなっている。
 山登りは、ガンに対しても免疫力を高めている。
・家庭の事情で出かけるのが減って、一時期認知症の症状が出たが、その後
 頻繁に外に連れ出すようにしたり山に登るようにしたら、症状が改善
・山に登れば、全てが解決する。
・今年の夏は、90歳の記念に富士山に登る予定だ(日帰り)。

ということで、実に矍鑠とした女性登山家でした。

開く コメント(4)

ちょっと古い話しですが、聞いて下さい。

昨年の八ヶ岳山行の途中で、すごい女性と出会いました。
赤岳鉱泉から硫黄岳に登ったとき、小雨交じりの暴風雨が吹いていたため
硫黄岳山荘に一時避難しました。
そのときに同じように避難していた女性、話しを聞いたら
なんと日本海から歩いてきたとのこと、親不知から入って
後立山連峰から裏銀座を通って槍穂に達し、上高地に降りて
乗鞍、御嶽山、中央アルプスを通って、一旦下界に降りて、
霧ケ峰から蓼科、八ヶ岳に入って来たということでした。
我々より少し前に出たのですが、100リットルのザックをいとも
軽々と担ぎ上げ、足取りも軽く過ぎ去って行きました。
その後FACEBOOK上で友達になり、10月18日には
南アルプスを縦断して太平洋まで達したということを知りました。
55日間でした。
去年は夏から秋にかけて台風が多かったので
あちこちで停滞したことも少なくなかったようです。
基本テン泊の予定だったそうですが、
台風とかで小屋泊にしてしまったようです。
単独女性の日本海から太平洋まで日本アルプス縦断、
すごいことだと思っていました。
また、今年から仙丈ケ岳中腹の馬ノ背ヒュッテで管理人をやるとのことなど、
聞いていました。

それからびっくりしたこと
なんと「山と渓谷」6月号に特集されていました。
写真だけですが紹介します。

「山と渓谷」6月号表紙
イメージ 1



特集ページ
イメージ 2



歩いたコース図
イメージ 3




開く コメント(13)

2016年の山

なかなか投稿できずに、失礼していました。

今年も相変わらず、山には登っています。
なかなか記事にできないので、先週までに行った山を一覧にしました。

今年の夏秋山は、天気に恵まれず、遠征のときには
合羽着ての歩きになってしまったり、中止したり延期したりして
しまいました。

なるべく記事にはしていこうと思っていますが、ゆっくりアップしていきます。



4月23日三浦アルプス
     京急新逗子駅→仙元山→観音塚→鉄塔(西側)下→乳頭山→畠山→塚山公園→安針塚駅

5月1日大崩山(途中撤退)

5月4日樅ノ木山

5月21日坪山
     JR中央線猿橋駅→中風呂バス停→西原峠→坪山→学校前バス停→中央線上野原駅

6月11日塔ノ岳
     ヤビツ峠→三ノ塔→行者ヶ岳→新大日→塔ノ岳→花立山荘→駒止茶屋→大倉バス停

6月18日景信山
     小仏バス停→景信山→小仏峠→小仏城山→高尾山→JR中央線高尾駅

7月3日塔ノ岳(トレーニング)
     大倉バス停→堀山の家→花立山荘→塔ノ岳(ピストン)

7月16日飯縄山
     戸隠神社中社→登山口→萱ノ宮→南峰→飯縄山→瑪瑙山→瑪瑙山分岐→戸隠神社中社

7月17日高妻山
     戸隠キャンプ場駐車場→戸隠牧場→帯岩→一不動→二釈迦→三文殊→四普賢→五地蔵
     →六弥勒→七薬師→八観音→九勢至→十阿弥陀→高妻山→六弥勒→弥勒新道→駐車場

7月18日妙高山
     妙高高原スカイケーブル山頂駅→大谷ヒュッテ手前まで、降雨のため途中撤退

7月30日〜31日甲武信ヶ岳
     毛木平駐車場→滑滝→千曲川源流の碑→甲武信ヶ岳→甲武信小屋→甲武信ヶ岳→三宝山
     →武信白岩山→大山→十文字峠小屋→駐車場

8月19日〜22日飯豊山
     小白布沢登山口→三国小屋→切合小屋→本山小屋→飯豊山→御西小屋→飯豊山
     →三国小屋(ピストン)→御沢登山口(川入)
     (19日は移動日)

9月3日焼岳
     新中の湯登山口→分岐→焼岳(ピストン) 中の湯温泉泊

9月4日乗鞍岳(3回目)
     畳平→肩の小屋→剣ヶ峰(ピストン)

9月10日塔ノ岳(トレーニング)
     大倉バス停→堀山の家→花立山荘→塔ノ岳(ピストン)

9月17日苗場山(2回目)
     かぐらスキー場駐車場→和田小屋→下ノ芝・中ノ芝・上ノ芝→神楽峰→苗場山(ピストン)
     9月17日〜19日 空木岳(予定)を、降雨予報のため中止し、変更

9月23日〜9月25日塩見岳
     鳥倉林道登山口→三伏峠小屋→三伏山→本谷山→塩見岳(ピストン)

9月30日〜10月2日赤岳(八ヶ岳、2回目)
     美濃戸口→美濃戸→赤岳鉱泉→硫黄岳→横岳→地蔵の頭→赤岳→文三郎道→行者小屋→美濃戸→美濃戸口

10月9日西穂丸山
     新穂高ロープウェイ山上駅→西穂山荘→西穂丸山(ピストン)
     10月8日移動日、わさび平小屋泊

10月10日草津白根山
     白根山ゴンドラ山頂駅→白根探勝道最高点→本白根展望所→鏡池→山頂駅
     10月8日〜10日 笠ヶ岳(予定)を、降雨のため中止し、変更

 

開く コメント(17)

2016年4月23日、三浦半島のご当地アルプス、三浦アルプスを歩いて来ました。
歩いた山は、仙元山(118m)、観音塚(167m)、戸根山(189m)、乳頭山(202m)、
畠山(205m)になります。

標高200m前後の山々を巡るコース、新緑の始まるコースで森林浴を楽しみ、
またこれだけの山々を上り下りすると、結構なトレーニング量になります。


この日は、ハイキング部山行で、10人参加での山行した。



詳細なコースとコースタイム
  新逗子駅9:10→9:45仙元山9:55→10:45観音塚10:50→12:10鉄塔(西側)下12:45
  →13:00乳頭山13:10→13:50畠山13:55→14:20塚山公園14:30→14:50安針塚駅



この日は、京急線新逗子駅集合です。

京急新逗子駅
イメージ 1

ちょっとお洒落な駅舎です。



駅から車道を歩いて30分ほどで、仙元山ハイキングコースの登山口です。
イメージ 2




舗装道を登って行きます。
イメージ 3




相模湾が拡がっています。
すっきりしていれば、富士山も見えるようです。
イメージ 4



仙元山を通り過ぎると、いきなり下り階段
イメージ 5




すぐに、同じような階段の登りです。
イメージ 6




鬱蒼とき樹木に囲われたピーク、観音塚です。
イメージ 7





ずっと、展望のない樹林帯を歩いてきましたが、
送電線鉄塔の場所が開けています。
イメージ 8


イメージ 9



このコースのほぼ半分位歩いて来ました。
イメージ 10

ここで昼食です。




再び、歩き始めます。
ここからまた下りです。
イメージ 11




木の根っ子ゴロゴロのピーク、乳頭山です。
イメージ 12




ここまで来ると、東京湾の方向が見えます。
横浜方面です。
イメージ 13




今回のメンバー、久々の10人です。
イメージ 14




また下って、次の山は畠山、そっち方面に向かいます。
イメージ 15




畠山山頂。
イメージ 16


イメージ 17




より横浜が近くに見えます。手前が追浜辺りでしょうか。
イメージ 18





塚山公園、ちょっとだけ登ります。
イメージ 19





安針塚。
イメージ 20

前々から着てみたかった場所なんです。


三浦按針(ウィリアムアダムス)Wikipediaより
1564年9月24日 - 1620年5月16日(元和6年4月24日))は、
江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイングランド人航海士・水先案内人・貿易家。
三浦 按針(みうら あんじん)の日本名でも知られる。
関ヶ原の戦いの約半年前の1600年4月29日(慶長5年3月16日)、
リーフデ号は豊後臼杵の黒島に漂着した。


この三浦按針が漂着した豊後の黒島という場所、実は私の出身地だったのです。
黒島には、上陸記念碑があります。
そういうこともあって、一度は見ておきたいと思っていました。



京急安針塚駅
イメージ 21

駅前には飲食するような店はありません。


よって、反省会は横浜に移動して、乾杯。

開く コメント(8)

全173ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事