中年素人登山家の山歩き記

いつも訪問&コメント、ありがとうございます、遅れてごめんなさい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
2016年4月8日、中央道やJR中央線の笹子トンネルの上にある山笹子雁ヶ腹摺山(1358m)に
登ってきました。
山梨県大月市と甲州市(旧東山梨郡大和村)の境にある山で、大月市の秀麗富嶽十二景の山の
一座、山梨百名山の一つです。

雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)という名前、渡り鳥のガンが尾根を摺るようにして尾根を
飛ぶところからこの名前が付いているとのことです。山梨県には、雁ヶ腹摺山の名前が付いた山が
3山あり、そのうちの一つで、笹子にあるところから笹子ヶ腹摺山という名になっています。


コースはJR笹子駅から歩き始め、笹子雁ヶ腹摺山に登り、尾根伝いにいくつかのピークを越え、
米沢山(1357m)への急登を登ります。さらに1412mのピーク・お坊山(1421m)を
経由して、大鹿峠まで下り、さらに景徳院前に下山、JR甲斐大和駅まではバスというコースにしました。

今回は3人パーティでの山行です。



コース詳細とタイムは JR笹子駅8:40→登山口9:15→11:40笹子雁ヶ腹摺山12:15→13:35米沢山13:45
     →1412mピーク(トクモリ)14:25→14:40お坊山14:45→15:20大鹿峠15:30
     →16:25田野氷川神社→16:35景徳院前16:40→16:45バス停17:20→17:25JR甲斐大和駅

JR笹子駅、8:30集合。この日は、平日ということもあり、下車したのは我々だけです。

8:40 笹子駅出発です。
イメージ 1

この笹子駅、無人駅で、売店もコンビニもありません。



JR笹子駅と甲州街道から見たこれから登る笹子雁ヶ腹摺山の尾根
イメージ 2




笹子駅から甲州街道を甲府方面に歩いて行きます。30分ほどで、新中橋で旧甲州街道に入ります。
すぐに登山口があります。さらに旧甲州街道を笹子峠まで登って、そこから尾根伝いに登るコース
もありますが、今回はここから登りはじめます。

登山口
イメージ 3

くま出没注意の看板が立っています。


いきなり、杉林の植林帯の中の急登が始まります。
イメージ 4




やがて尾根筋の道、まだまだ急登は続きます。
イメージ 5




電波の反射板が見えて来ました。山頂近くになったことを教えてくれます。
イメージ 6



最後の一登りです。
イメージ 7



そして、山頂
イメージ 8

同行の二人、懸命に眺めていますが、この日はすっかり曇り空(前日の予報では晴れでした)、
あいにく展望はありません。

昼食を摂り、ゆっくり休んで、次へ出発です。

道標
イメージ 9




ここからは一旦急坂を下ります。
一気に130mほど下ってしまいます。
次の米沢山、ほぼ同じ高さなので、また同じだけ登らなければなりません。


いくつかピークを越えます。
イメージ 10



ここから米沢山に向かって、一気に登ります。
イメージ 11


急登です。
イメージ 12


このコース最大の傾斜です。
イメージ 13


ようやく山頂です。
イメージ 14


山頂標識
イメージ 15


枯れた樹木の間に、次のお坊山が見えます。
双耳峰になっています。
イメージ 16




根っこを超えていく登山道です。
イメージ 17




山頂が見えて来ました。
イメージ 18



お坊山、本日のコースの最高点
イメージ 19



ここからは、もう下りです。
イメージ 20



大鹿峠、景徳院の方に下ります。
イメージ 21



一旦、登ります。
イメージ 22



そして、下り。
イメージ 23



長い下り、になります。
イメージ 24



そして、いつもの乾杯。
イメージ 25



この日は、行動時間8時間ほど、かなりハードなコースです。

本日のコース、平日だったせいか、誰にも会わず、ずっと貸切コースでした。
首都圏の一般コースで、こんなことはめったにないことです。


もう一点、この同じコースは5年前にも歩いているのですが、
1時間ほど余計に時間がかかってしまいました。
ちょっとショックです、このところ山に行くペースがやや落ちています。
年をとってしまっているので仕方がないことかもしれませんが、
鍛え直さなきゃなりません。

ブログアップもかなり遅れてしまっています。
こちらも頑張らなきゃです。
2016年3月12日、中央線大月市の秀麗富嶽十二景の山扇山(1136m)に
登って来ました。山梨百名山の一座でもあります。

中央線で大月の手前鳥沢駅付近右手に扇を開いたような山容の山が扇山です。
駅から歩けるので、登山には便利がよく人気の山です。
秀麗富嶽十二景の山なので、晴れていれば富士山の展望もいい山です。

コースは鳥沢駅から歩き始め、ずっと車道を歩きま、ゴルフ場を回り込み梨ノ木平に着き、
ここには休憩舎やベンチ・トイレなどがあります。ここから山道が始まり、ぐんぐんと
傾斜がきつくなってきて、ジグザグ道を登りきると大久保のコル、右へ進むとほどなく山頂。
山頂からは東に急斜面をひたすら下っていくと、やがて犬目宿側の登山口に出ます。
後はまた車道歩きで四方津駅まで歩く周回コースを取りました。

この日は、ハイキング部山行で、5人参加した。



詳細なコースとコースタイム
   中央線鳥沢駅10:05→11:05梨木平11:10→12:25大久保のコル12:30→12:35扇山13:00
   →14:05犬目宿登山口→15:20四方津駅



「明日の神々」
イメージ 1

岡本太郎代表作の一つである巨大壁画、横30m×縦5.5mあるそうです。
JR渋谷駅から井の頭線渋谷駅への通路に掲げられています。
この日、たまたま通りかかりました。




藤野駅から見える「緑のラブレター」
イメージ 2

デザインが変わっていて、封が開いて「5」の数字があります。
何かなと思って、後で聞いたところによると、相模原市市政施行5周年の
「5」ということです。以前は藤野町でしたが、相模原市に合併されたんですね。



そして、出発地の中央線鳥沢駅です。
イメージ 3




山の方を見上げると、すっかり雪が積もっているようです。
イメージ 4



一時間ほどの車道歩きで梨ノ木平。
バス停の標識はありますが、今は廃止されています。
イメージ 5


数名の登山客が一休みしていました。
雨がぱらついてきたので、合羽を着ます。
イメージ 6



山頂まで、1時間50分とあります。
イメージ 7




梨ノ木平から登山道が始まり、薄らと雪が積もっています。
イメージ 8




かなりの傾斜がある斜面をジグザグの道を何度も折り返しながら、
標高をあげていきます。


高度を上げるに従って、雪は深くなり、樹氷になっていました。
イメージ 9




登山道もすっかり雪です。
イメージ 10





大久保のコル。
イメージ 11




尾根道は、一面真っ白の道になっています。
イメージ 12




山頂です。
イメージ 13

ちょうど昼時とあって、山頂には20人近くが休憩や食事をしていました。
いくつもベンチがあるのですが、ようやく一つだけ空いていました。

あいにく空は真っ白で、山頂からは富士山は見えませんでした。



今回のメンバーです。
イメージ 14




そして、下山。
こちらも、しっかり雪道です。
イメージ 15




枝には雪が積もって、風に吹かれて、ちっちゃなエビのシッポみたいになっていました。
「甘エビのシッポ」ってなところでしょうか。
イメージ 16


イメージ 17




こちらの方が長く雪が残っていました。
イメージ 18





鳥沢駅方面と四方津方面の分岐、
我々は四方津方面に向かいます。
イメージ 19





犬目宿側の登山口です。
イメージ 20

ここから、また1時間ほどの車道歩きです。



中央道の上を通ります。
イメージ 21

この辺り、下りが4車線になっているところです。




四方津駅に到着しました。
イメージ 22




駅から長いエスカレータがあります。
イメージ 23

できた当時は、世界一長いエスカレータでした。



そして、いつもの反省会、二人が都合悪くて、3人でした。
イメージ 24







行動時間5時間余り、標高差800mとまずまずの運動量になりました。
3月中旬にしては、結構な雪があって、思わず雪山歩きを楽しめました。
2016年2月21日、三浦半島の先の山々三浦富士(183m)、砲台山(206m)、
武山(200m)を歩いて来ました。

三浦富士を含む武山三山、房総半島から伊豆半島まで見渡せるとても展望のいい山
ということで、軽くハイキング程度で歩いて来ました。

当初2月20日を予定していたのですが、この日は大雨との予報だったので、
翌21日に実施しました。
急に予定を変更したので、当初参加予定だったメンバー3人が参加できなく
なりました。

近くに在住のブロ友ぴろりん隊に連絡を取ると、参加してくれるとのこと、それに
三浦海岸の河津桜も見頃だとの情報をもらい、河津桜の花見もコースに入れました。

この日は、ハイキング部山行で、5人参加(+ぴろりん隊2名)した。




詳細なコースとコースタイム
   京急長沢駅11:00→11:10登山口→11:45三浦富士11:50→12:15砲台山13:00
   →13:15武山13:30→14:20津久井浜駅→(京急)→14:35三浦海岸駅
   →15:05小松が池→15:30三浦海岸駅


天気予報通り、この日はすっきりとした青空が広がっていました。

京急長沢駅
イメージ 1

ここまでの電車、結構混んでいて、座れない人もいました。
なぜだろうと思っていたのですが、我々も急遽行程に織り込んだ三浦海岸の
河津桜目当ての観光客のようでした。



駅から10分ほどで、右手に階段が現れます。
ここが登山口でした。
イメージ 2




この辺りの登山道、冬場の枯れ落ちた登山道とは雰囲気が違い、
緑に覆われた登山道です。
イメージ 3


イメージ 4



YRP野比からの登山道と合流すると、一登りで山頂です。
イメージ 5


山頂は余り広くはなく、二つの石祠と数基の石碑があり、10人程度先客がおり、
我々は写真を撮って、砲台山で昼食にすることにしました。

ぴろりん隊は、ここで待っててくれました。

山頂からは、南から西にかけて展望が広がっており、気持ちのいい景色でした。
富士山は、残念ながら低い雲がかかっていて、望むことはできませんでした。
イメージ 6




今回のメンバーです。
イメージ 7



そのまま、次の砲台山に進みました。
一旦下って、また登り返し、25分ほどで、砲台山に到着です。

砲台跡、第二次大戦の戦争遺跡です。
イメージ 8



砲台跡の横には、電波塔(海上保安本部のものらしい)があり、
その前で昼食と休憩を摂りました。
イメージ 9





三崎の向こう、海を隔てて伊豆大島、三原山が見えていました。
イメージ 10



砲台山で、ゆっくり休憩したあと、武山に向かいます。
15分ほどで着きます。


武山、山頂には武山不動尊があり、樹木が生い茂っていますが、
ここには展望台が建っており、そこから展望を望めます。
イメージ 11




横浜から東京方面の展望です。
イメージ 12




ちょっとアップで。
イメージ 13




先ほど登った三浦富士、その向こう見えるのが房総半島の山々です。
房総半島がかなり近くです。
イメージ 14




三浦半島の先端部。左の島が大島です。
イメージ 15




武山不動尊にも、詣って来ました。
イメージ 16





ぴろりん隊のお二方が、仲良く下っていってます。
イメージ 17





津久井浜駅
イメージ 18


ここから一駅電車に乗ります。



三浦海岸駅前
イメージ 19

ここにも、ピンクの河津桜が一杯、人も一杯です。



鮮やかなピンクです。
イメージ 20



メインは小松が池公園なので、そこまで歩きます。
道沿いもピンクの河津桜が咲き誇っています。
イメージ 21




小松が池にもピンクが映っています。
イメージ 22



青空背景にしてみました。
イメージ 23




京急線沿いも、ピンク満開です。
イメージ 24





ということで、しっかり満開の河津桜を堪能して
三浦海岸駅まで戻って来ました。


反省会、ぴろりんが店のアタリを付けていてくれたのですが、
駅前の店はどこも満員御礼。

その他まだこの時間では、営業していない店もあったり
駅からちょっと離れたところにあったタイ料理店でした。

そして、乾杯。
イメージ 25





低山のハイキングでしたが、河津桜の花見も兼ねて、休憩込みの行動時間
は4時間半ほどになりました。
図らずも、まさに見頃の河津桜も楽しめました。

ぴろりん、ありがとう。
2016年2月11日、久々の山行で大山(1252m)に登って来ました。

諸事情にて、二ヶ月余り山に行けてませんでした。
ようやく復活です。
余り間隔が空くと、体力低下が懸念されます。
頑張って登らなきゃです。


この日は、ソロ山行でした。




詳細なコースとコースタイム
   ケーブル下バス停11:35→11:45ケーブル下駅→12:35茶店12:40→阿夫利神社下社12:45
   →13:55富士見台→14:30大山山頂15:05→16:00下社茶店16:20→16:55ケーブル下バス停


天気予報で、一日中晴れとのこと、朝起きた時も空は真っ青。
これは行かなきゃってことで、その日に決めました。

バスの乗客、ほぼ座席が埋まる位でしたが、山登りの格好の人は殆どいません。
皆さん、ケーブル利用の下社までなんでしょう。
山頂まで上るには、やや遅い時間です。
イメージ 1




参道横に商店が続き、土産物や大山名物の豆腐料理を出す店などが
並んでいます。
イメージ 2





ケーブルの駅下にあるハイキングマップ
イメージ 3




ケーブルカー駅を横目に見ながら、階段から始まります。
イメージ 4





男坂女坂分岐、今日は斜め右男坂に向かいます。
イメージ 5






いきなりきつい石段から始まります。
イメージ 6





その先も、厳しい傾斜の階段です。
イメージ 7





まだまだ、石段が続きます。
イメージ 8




ちょうどケーブルカーが並んでいるところに出くわしました。
ケーブルカー中間駅の大山寺駅、上から見下ろしています。
イメージ 9






まだまだ石段続きます。
イメージ 10




茶店。
イメージ 11

ちょっとした事件
実はこの日、水を持ってくるのを忘れてしまいました。
途中で水を飲もうとリュックをおろしたら、水が入っていなかった。
それで、この茶店でペットボトルのお茶を買いました。
それとは別に、おばちゃんが「まぁ、お茶でもどうぞ。弁当を食べて行ったら」
なんていうので、熱いお茶を、休憩がてら一杯頂いて、
おもむろに出発しました。弁当はやはり山頂でということで、パス。
その後登り始めた途中で、「あっ、金を払っていない」と気がつきました。
今更引き返すのも大変なんで、帰りに払おうとそのまま登りました。



阿夫利神社下社、さっと詣って、山頂へと向かいます。
イメージ 12




こんな入口になっています。
イメージ 13




いきなり長い階段です。
イメージ 14




ここからは、普通の登山道、登山道横の斜面に雪が残っています。
イメージ 15




富士見台、富士山がバッチリ見えるのですが、空も白っぽくなっているので、
あまり輪郭がわかりません。
イメージ 16

午後からは、水蒸気が上がって、晴れててもスッキリとはいきません。



登山道は、雪道でした。
イメージ 17

雪はザラメ状になっているので、特にアイゼンは必要ありませんでした。
数名アイゼン付けている登山者もいました。
ただ、運動靴やカジュアルシューズで登っている人も多く、かなり大変なようでした。
下りではおっかなびっくりで、そろそろ下っていて、目の前で転んでいる人、数人見ました。




本社の鳥居が見えて来ました。
イメージ 18

時々雨氷がバラバラと落ちてきて、結構大きいのもあるので
気をつけなければなりません。



山頂にて
イメージ 19





横浜方面の展望。
イメージ 20



裏手に回ります。
イメージ 21




右表が太陽で輝いていて、綺麗でした。
イメージ 22



雨氷
イメージ 23



こちらの方は人があまり歩いていないので、登山道も綺麗な雪道でした。
イメージ 24


下りの途中、下社の茶店に寄って、お茶代支払ってきました。
ついてに生ビールを一杯やってきました。
「バタバタしてるから、時々お金もらい忘れることあるんですよ」
って、言ってました。





この日は、一人反省会でした。
イメージ 25





5時間ほどの山行だったのですが、雪道の気分も味わえて、天気もよくて
気持ちよく歩くことができました。
ただ久しぶりの山行だったためか、ひどい筋肉痛がまだ残っています。
2015年11月21日〜23日勤労感謝の日を含む三連休で、関西方面の百名山
大台ケ原山、大峰山、伊吹山の3座を登って来ました。

3日目は琵琶湖の東に聳える山伊吹山(1377m)に登りました。


伊吹山登山口(三之宮神社)0合目からの標高差1100m余りのコースをガッツリ登り、
下りは、一人が伊吹山ドライブウェイを車で上がり、ちゃっかり駐車場まででした。

この日は、3人(+1)パーティでした。


詳細なコースとコースタイム
   伊吹山登山口8:15→8:451合目9:05→2合目9:20→3合目10:00→4合目10:10
   →10:205合目10:30→6合目10:50→11:107合目11:15→8合目11:35
   →12:00山頂12:25→13:35駐車場




いのしい亭での朝食
イメージ 1

ごく一般的な、バランスのいい朝食でした。
しっかり食べて、この日の登りに備えます。




伊吹山登山道の案内板です。懇切丁寧です。
イメージ 2





伊吹山登山口
イメージ 3

見慣れた登山口の様子です。
入山協力金、300円。
係員がいて、しっかり取られます。




最初は樹林帯を登って行きます。
イメージ 4





30分ほどで、1合目。
イメージ 5

ここまで来ると、空が開けて、展望があります。
この日は曇り空で、スッキリとはしていませんが。
1合目に綺麗なトイレがあり、トイレ休憩をします。



元々スキー場だったところ、緩やかに登って行きます。
イメージ 6

スキー場は、もう閉鎖になっていて、リフトも撤去されていました。
かつて積雪11mと積もったこともあり、世界一の積雪という記録もありますが、
近年温暖化の影響か、雪も少なくなって、スキーヤーも少なくなって来たようです。
スキー場の経営は、どこも大変みたいです。



2合目
イメージ 7

淡々と緩やかに登って行きます。


3合目
イメージ 8




正面に伊吹山を見ながら登って行きます。
イメージ 9





4合目
イメージ 10




5合目
イメージ 11

ここには、飲み物の自販機があります。
500mlのペットボトル、240円でした。
ベンチもあるので、一休みします。




5合目からは、多少傾斜がきつくなります。
道もジグザグで登って行きます。
イメージ 12




6合目
イメージ 13




7合目
イメージ 14

協力金を払うときに教えてくれたのですが、この日「のろし祭り」が
行われているとのこと、ここで休憩してしばらく眺めていました。
風もあったため、薄ら上がっているのが確認できただけでした。
この辺り、関ヶ原が有名ですが、戦国時代の戦場だったところ、
のろしも上げられていたのでしょう。




行童岩。
イメージ 15

登山道からちょっと離れたところに小さな建物が建っています。
修験の場だったとのこと。




8合目
イメージ 16

ここもベンチが設置されています。




8合目を過ぎると、やや険しくなります。
ちょっとした岩場もあります。
イメージ 17




登山道も、荒々しくなってきます。
最後の一登りです。
イメージ 18





山頂への道標が出てきました。
山頂の周回コースまで来ました。
イメージ 19





そして、山頂です。ガスっています。
イメージ 20





山頂の様子
イメージ 21





三角点
イメージ 22





日本武尊像です。
イメージ 23





今回のメンバー。
イメージ 24





そして、ドライブウェイの駐車場まで降りて来ました。
イメージ 25











この日は、行動時間5時間ほど、標高差1100mを登りました。
下りはちゃかりだったのですが、早めに帰京できたので、良かったです。

三連休百名山3座を踏破する慌ただしい山行でした。
天気は曇り空でしたが、雨には合わず、無事下山できました。
また美味しいものを食べられたのも良かったです。

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事