中年素人登山家の山歩き記

いつも訪問&コメント、ありがとうございます、遅れてごめんなさい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
2015年9月12日、丹沢の人気の山塔ノ岳(1491m)に登って
来ました。大倉バス停から大倉尾根(通称:バカ尾根)をひたすら登る
コースです。標高差は1200mほどあります。

翌週の雲の平山行に向けてのトレーニングとして、がっつり登るこのコースを
選びました。アクセスがいいというのもありますが。


この日は、ソロ山行でした。


詳細なコースとコースタイム
   大倉バス停7:45→9:40堀山の家→10:35花立山荘10:45→11:20塔ノ岳12:20
   →14:15大倉バス停



大倉バス停。バスも立っている人がいる位、それなりの賑わいでした。
空は青空、天気予報は晴れでした。
イメージ 1




歩き始めると、丹沢姉妹。
イメージ 2

丹沢クリステルが最初に立っていたのですが、
その内妹ができました。丹沢キャサリンです。




最初は緩やかな傾斜です。
イメージ 3




やがて、ぐんと傾斜がキツい登りになってきます。
イメージ 4




途中ちょっとだけ、平坦なところもあります。
イメージ 5




そして、ガツンと登る丸太の土留め階段が延々と続きます。
イメージ 6




まだまだ続いて、空が開けて来ます。
イメージ 7




花立山荘。ここまで来ると、この先はそれほどキツいところはありません。
イメージ 8




金冷シ、左へ行くと鍋割山です。右へ向かいます。
イメージ 9




空が見えると、もうまもなくです。
イメージ 10





山頂、それほど多くはありません。
イメージ 11




真っ白け、何にも見えません。
イメージ 12

歩き始めてから3時間35分もかかってしまいました。
登りの体力ないです。
これでは、翌週の山行が思いやられるところでしたが、
このトレーニングのおかげか、何とかこなすことができました。

この日、当初の予定は丹沢山まで行くつもりだったのですが、
疲労困ぱいとこの真っ白け、何も見えない空に、
次の山への意欲が打ち消されました。



下山するころには、表尾根から登ってくる人もいて、
もう少し増えました。
イメージ 13









この日の行動時間山頂での1時間の休憩込で6時間半、
足腰に堪えました。
ホントは、荷物もアルプスを歩くときの重さにして歩くのが、
トレーニングなんですが、軟弱な方法で軽くして登ってしまいました。

明日からの三連休、また遠征登山です。
東北の方に行ってきます。
槍ヶ岳、花の百名山だけあって、8月になっても
とってもたくさんの花が咲いていました。

この槍ヶ岳山行で見かけた花を紹介します。


.潺筌泪肇螢ブト
イメージ 1




▲▲ノキリンソウ(一秋さん、ありがとうございます)
イメージ 2




ソバナ
イメージ 3




ぅ侫献丱マの仲間(一秋さん、ありがとうございます)
イメージ 4




ゥ札鵐献絅ンビ
イメージ 5




Ε汽薀轡淵轡腑Ε
イメージ 6




Д潺筌泪螢鵐疋
イメージ 7




┘魯サンフウロ
イメージ 8




┘ンタデ
イメージ 9




イワツメクサ
イメージ 10




チングルマの綿毛
イメージ 11




セリ科の花(一秋さん、ありがとうございます)
イメージ 12




ミヤマシシウド
イメージ 13




ヤマハハコ
イメージ 14




ノコンギク
イメージ 15



槍ヶ岳、実にたくさんの花が咲いていました。
2015年9月5日、都内から一番近い高尾山(599m)から小仏城山
(346m)を歩いて来ました。世界一の他山者数とギネスで認定された山、
年間270万人が登る山です。

ただし、今回の目的は、小仏城山のかき氷です。
感動的な大きさです。


コースは、稲荷山コースを登り、高尾山山頂に達し、小仏城山まで縦走、
ここからは、小仏峠を経由して小仏バス停まで下るコースです。。


この日は、ハイキング部の山行で、8名パーティでした。


詳細なコースとコースタイム
   京王線高尾山口駅10:30→11:10稲荷山11:20→12:05高尾山12:10→12:20もみじ台12:55
   →13:15一丁平13:25→→13:45小仏城山14:15→14:35小仏峠→15:15小仏バス停



高尾山口駅、ずいぶん立派な駅になりました。
イメージ 1

ただ、駅構内のトイレの数は少なく、電車が着くと男子トイレでも
行列ができる状況でした。そんなに多いという時期ではないのですが。



ケーブル・リフトの清滝駅
イメージ 2




稲荷山コース登山口、階段から始まります。
イメージ 3




登山道。
イメージ 4

まもなく稲荷山。



稲荷山から見た展望。あまり遠くは見えません。
イメージ 5





高尾山近くでは、一気に階段登りです。250段近くあるようです。
イメージ 6




高尾山山頂、今日も賑わっています。
イメージ 7




山頂標識の前でパチリ。
イメージ 8




食事をする場所もないので、もみじ台近くまで行って、昼食。
それから小仏城山まで歩きます。


小仏城山の茶店。。
イメージ 9




そして、かき氷。
イメージ 10

右にタバコの箱を置いています。
その高さ40cmはあるでしょうか。
超巨大です。
結局4人で食べました。
これで400円、格安です。
下界でもこの大きさのかき氷があったとしても、
この値段では食べられないでしょう。

この城山からも展望がいいので、しばらくゆっくりして、下山。


小仏峠、たぬきの置物が目印です。
イメージ 11





小仏バス停、30分に1本あります。
この日も臨時バスが出ました。
イメージ 12




そして、恒例の反省会、生ビールで乾杯( ^^)/▽▽\(^^ )
イメージ 13









この日の行動時間5時間弱、軽登山、ハイキングでした。
最終日3日目、この日は殺生ヒュッテから上高地への下りです。


詳細なコースとコースタイム
   殺生ヒュッテ6:35→9:05槍沢ロッジ9:15→10:45横尾10:55→11:50徳澤園12:30
   →13:30明神→14:35河童橋→14:40上高地


槍から大喰岳にかけてのモルゲンロート
イメージ 1




朝食
イメージ 2




殺生ヒュッテの日の出はかなり遅くなります。
明る日差しが、東鎌尾根から上がってきました。
イメージ 3





殺生ヒュッテから下ると、槍が小さくなります。
イメージ 4




すぐに先端だけになります。
イメージ 5





正面には、常念が見えています。
イメージ 6




ニホンザルが、こんな高いところにも生息しています。
イメージ 7





槍沢コース、下る人、これから登る人が行き交います。
イメージ 8





雪渓が残っています。
イメージ 9





オコジョ、このポーズを撮れたのはラッキーです(同行者W氏撮影)。
イメージ 10




槍沢ロッジ。
イメージ 11

このロッジは、5年前初めて槍に登った時の宿泊場所です。
その時は1枚の布団に二人、窮屈に寝ました。


槍沢ロッジからは、樹林帯の中を1時間半ほど、途中からは槍沢の
水音を聞きながら下ります。


横尾、距離的には上高地と槍ヶ岳の中間点に当たります。
イメージ 12




横尾大橋、正面に穂高連峰前衛の山が見えます。
イメージ 13





横尾山荘
イメージ 14

ここは二段ベッドでゆっくり寝れて、風呂もあって、
一度泊まってみたいのですが、まだその機会はありません。



横尾をからは、こんな平坦な遊歩道を11Km延々と歩いて行きます。
イメージ 15




徳澤園
イメージ 16



ソフトクリームが有名で、大勢の登山者が食べていましたが
ちょうど昼時だったので、これも有名はカレーにしました(生ビール付き)。
カレーも生ビールも美味しかったし、大満足です。
イメージ 17




明神を通過します。
イメージ 18



河童橋まで来ました。上高地は、この日も賑わっています。
イメージ 19



梓川からみた穂高連峰。
雲が降りてきて、山の上は余り見えません。
イメージ 20

また穂高行きたいなあ。今度は北穂に行かなきゃです。



後は上高地バスターミナルに行って、アカンダナ駐車場までタクシー、
4人いればバス代と変わりません。

そして、平湯温泉でしっかり汗を流して、帰京しました。

2日目から天気もまずまず、槍の渋滞もなく、山小屋もゆっくり寝れて、
全員無事に帰還でき、満足のいく山行でした。


シルバーウィークで、雲の平と周辺の山々を5泊6日山小屋泊で歩いてきたのですが、
その行程で祝宿泊した山小屋の状況、大変なものでした。

初日、薬師岳山荘泊だったのですが、談話室(6畳より狭い位)で11人。
互い違いに寝たんですが、足があたってしまい、
若い男性と肌が触れ合って微妙な気持ちになってしまいました。
ここでひどかったのは、11人中5人がいびき、いびきの五重奏でした。
耳栓忘れて大失敗。殆ど眠れず仕舞。
更衣室・乾燥室も、また廊下にも布団をしいていました。
後で従業員に訊いたところ、定員の2.5倍だっととのこと。

二日目、雲の平山荘でしたが、こちらは小屋開設以来新記録で、
これまで最高が120人だったのが、
この日は220人だったそうで、食事の時に従業員が説明していました。
付け加えて「お祭りだと思って下さい」
ここは布団2枚で5人と言われましたが、同じ枠にいた12人のメンバーで、
ああでもないこうでもないと
寝方を調整して、身体が触れ合わずに寝れました。

ここ以降三俣山荘、黒部五郎小舎、鏡平山荘は、
定員以下だったので、問題なしでした。
三俣山荘で訊ねたとこと、ピークの日は250人で、
こちらも開設以来の新記録だったとのことです。

これは山中で訊いた話しですが、水晶小屋は定員20人のところに140人、
談話室・食堂・従業員部屋も布団を敷いて、
さらに土間にブルーシートを敷いてその上に布団を敷いて寝たそうです。
三俣山荘で定員以下になったこの日でも布団1枚に二人という状況だったようです。

記録づくめのシルバーウィークの山小屋でした。



残念なことが。。。
イメージ 1



初日、二日目はビールが買えたのですが、
三俣山荘以降缶ビールが売り切れてしまいました。
私も含めてですが、皆さん相当がっかりしていて「ガーン」とか「ショックうー」と
か悲鳴をあげていました。
雲の平山荘で一人1本だけ、私はありつけたのですが、
途中で売り切れてました。
それにしてもこのシルバーウィーク、想定以上の入山者だったのでしょう。


もう一点、三俣山荘での出来事
三俣山荘、ここも水が豊富で小屋も綺麗で、
夕食は鹿肉のジビエシチューが出て美味しく頂きました。
鹿肉の消費に協力していて、ポイントアップです。
従業員の応対もいいし、とてもいい小屋でお薦めなのですが、
一点問題がありました。
小屋の消灯(夜9時)後、ざわざわ話し声や大きな笑い声がし、
それが延々と夜10時を過ぎても収まりません。
どこかの団体が宴会を長々やっているのかと思って声の発生場所に行くと、
なんと従業員たちでした。
しばらく待って見ましたが、一向に終了する気配がないので、
とうとう苦情を申し入れ、すぐに終わりました。
翌朝、このことを言ったら、今日で下山する人がいるので送別会ということでした。
気持ちはわかりますが、ちょっとはわきまえて欲しいものです。



もう一点追加ですが、
弓折分岐から鏡平山荘までのコース、登山道を整備していました。
鏡平山荘の従業員でした。
こうやって登山道を整備しているからこそ、
登山者が安全に歩くことができます。
感謝です。ありがとうございます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事