中年素人登山家の山歩き記

いつも訪問&コメント、ありがとうございます、遅れてごめんなさい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2015年7月5日、九州からの客人の案内山行で、木曾駒ケ岳の後は西沢渓谷に
しました。

大菩薩峠に行きたいという話があったのですが、この日もどんよりとした曇り空、
大菩薩峠から大菩薩嶺にかけての尾根からの絶景、晴れていないと余り意味がないので、
曇ってても見る価値のある西沢渓谷にしました。

前日の続きで、S氏と彼のお兄さんとの3人パーティです。



詳細なコースとコースタイム
   西沢渓谷入口11:40→14:00七ッ釜五段の滝14:10→15:15入口


朝方、大菩薩温泉近くの民宿から、南アルプスが見えていました。
北岳・間ノ岳です。
イメージ 1




いよいよ、西沢渓谷です。
イメージ 2




MAPです。
イメージ 3



小さい子もいる団体も歩いていました。
イメージ 4




トイレも立派です。
イメージ 5




最初は、整備された歩きやすい道です。
イメージ 6




幅広のコンクリート製ダムです。
イメージ 7





やがて、こんな階段登りになります。
イメージ 8




最初の滝は「大久保の滝」、先ほどの団体はここまででした。
イメージ 9




竜神の滝
イメージ 10




イメージ 11



三重の滝
イメージ 12



こんな登山道、ちょっと厳し目の箇所もあります。
(登山靴必須です)
イメージ 13




恋糸の滝
イメージ 14

この滝、よく見ないと見過ごしてしまいます。
恋は線の細い糸のようなもの
また、恋はみつけにくいもの、はかないもの
というような意味が感じられる滝でした。



渓谷美
イメージ 15


イメージ 16



七ッ釜五段の滝
イメージ 17


もう少し上から見ることもできます。
イメージ 18

この滝は立派でした。
滝壺のエメラルドグリーンが綺麗でした。




行動時間3時間半弱、水量も多くて、迫力ある渓谷でした。
滝も勢いがあるので、とても涼しいです。
真夏の散歩に適しています。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事