中年素人登山家の山歩き記

いつも訪問&コメント、ありがとうございます、遅れてごめんなさい。

中央線方面の山々

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
2013年9月29日、大月市猿橋の北に聳える山百蔵山(1003m)に登って
来ました。大月市秀麗富嶽12景の山で、山梨百名山の一つです。

アップがかなり遅れましたが、山行記事が溜まっていました。

この日は、ハイキング部の山行で10人の参加者、まずまずの人数になりました。
JRの猿橋駅から歩き始めることができ、アプローチのし易い山です。



コース詳細とタイムは
   JR猿橋駅10:10→10:50西登山口11:00→11:30展望所11:40→12:05百蔵山頂13:00
   →13:35東登山口13:50→14:40猿橋14:55→15:25JR猿橋駅


前週から週末まずまずの天気です。


JR猿橋駅から、歩き始めます。
イメージ 1




国道20号を渡ると、こんな景色です。
中央高速の向こうに、百蔵山、右手は扇山が眼前に現れます。
イメージ 2




やがて、なだらかな登山道に入ります。
イメージ 3





ちょっと傾斜がきつくなって来ました。
イメージ 4






展望所に出ます。ベンチが設置されています。
イメージ 5




ここから、富士山が見えます。
富士山がバッチリ見えます。
イメージ 6




一登りで、山頂です。
イメージ 7




三等三角点があります。
イメージ 8





そして、富士山です。
この日の富士山、すっきり見えています。
この時期としては、珍しく空気が澄んでいます。
イメージ 9




今回登ったメンバーです。
イメージ 10



山頂からの富士山を、ゆっくり楽しんで、下山です。






東ルートの方に下ると、かなりの急坂です。
イメージ 11





東ルートの登山口です。
イメージ 12



イメージ 13




下ったところ、百蔵浄水場前からも富士山が見えます。
ちょっと雲が厚くなってますが。
イメージ 14

手前の山々は道志山塊、右手は三つ峠山など御坂山塊



猿橋駅まで、ちょっと回り道で、猿橋を見に行きました。
日本三奇橋の一つと言われています。
イメージ 15



イメージ 16

これは、昭和59年に架け替えられたようです。



桂川のこんな深い渓谷にかかっています。
イメージ 17



下流側にも橋が見えます。
イメージ 18



上から見ました。水路橋です。
イメージ 19

八つ沢発電所へ水を送るための、橋でした。




そこから猿橋の駅に戻り、いつもの如く、乾杯です。
イメージ 20





この日の山行、行動時間5時間半ほどの軽登山でした。
すっきりした富士山が見れて、満足でした。
かなり遅くなりましたが、先月の富士見台ハイキングのレポを報告します。

2013年8月31日、信州松本の東に位置する大草原美ヶ原(2034m)を
歩いて来ました。日本百名山の一つです。

東京から車で約3時間、ビーナスラインを通って次第に標高をあげて、最終的には
標高2000m近くまで登って行くことができます。

ピークは王ヶ頭、標高差は100mもありません。

ハイキングよりも軽い散策という感じです。



コース詳細とタイムは
   美ヶ原高原美術館駐車場11:50→12:05牛伏山→12:25美しの塔→13:00王ヶ頭13:15
   →13:35王ヶ鼻13:40→15:20美ヶ原高原美術館駐車場


中央自動車道で、ほぼ渋滞もなく予定通り到着、後から高原美術館も鑑賞しようという
ことで、王ヶ頭までは多少遠くなりますが、美術館の駐車場に停めました。

天気は曇り、あまり展望はよくありません。
天気が良ければ、この駐車場からも浅間山や妙高、四阿山など見えるようです。


駐車場の横から登り始めます。
イメージ 1



コース案内図です。
イメージ 2




こんな草原をあのアンテナが立っている辺り(王ヶ頭)まで、歩きます。
イメージ 3




ケルンが見えて来ました。
イメージ 4



牛伏山(1990m)です。
イメージ 5



王ヶ頭が見えます。
イメージ 6



山本小屋の近くですが、牛の像があります。
イメージ 7



一旦、下ります。
下ったところが山本小屋です。
イメージ 8





ほどなく美しの塔、鐘は鳴らないようです。
イメージ 9




こんな牧場の中を歩く感じです。
イメージ 10

道の真ん中にいるのは、バーニーズマウンテンという犬、
スイスの作業犬だとういうことです。一瞬クマと間違いそうです。

この大型犬が珍しいのか、牛たちが集まって来ました。

左側にゼッケンを付けた人が歩いていますが、この日美ヶ原近辺で
トレランの大会が開かれていて、この辺りはウォーキング区間という
ことで多くのランナーが歩いていました。
ウォーキング区間が終わると走り出していました。



まだまだ歩きます。
イメージ 11



緩やかに登って言って、王ヶ頭ホテルです。
イメージ 12




山頂(王ヶ頭)
イメージ 13



王ヶ頭から下って行きます。
イメージ 14

この辺りが一番傾斜があります。




20分ほどで、王ヶ鼻
イメージ 15



王ヶ鼻から見た美ヶ原のほぼ全景
イメージ 16




ちょっと見えませんが、北アルプス槍穂方面です。
肉眼では槍の穂先が確認できましたが、写真では見えません。
イメージ 17



奥にうっすら見えるのが、劔・立山でしょうか。
イメージ 18


こんな景色を眺めて、戻って行きました。



途中で食べた、ソフトクリーム
イメージ 19




山本小屋付近から多少の登り返しがあります。
イメージ 20







戻って行って、美ヶ原高原美術館を鑑賞しました。
イメージ 21



この日、館内ではこんな催しが開催されています。
(中は撮影禁止なので、上の写真もHPから借用しました)
イメージ 22

気に入ったフレーズが「星に一番近い美術館」


外に出ると、彫刻の森です。
イメージ 23


イメージ 24





上に登っていったところに、こんな建物があります。
イメージ 25



美術館最高点、標高2000mあるようです。
イメージ 26



屋上で、さらに登って行きます。
イメージ 27



流石に、展望はいいのですが、
ここで確認できたのは、蓼科山です。
イメージ 28



この日は松本泊、松本駅前の居酒屋で反省会です。
イメージ 29






行動時間は、休憩時間も含めて3時間余り、軽〜いハイキングでした。







翌日は、乗鞍です。
2013年6月1日、中央線方面で上野原市の南に聳える高柄山(733m)に
登ってきました。それほど有名ではないのですが、山梨百名山の一つです。


都心からほど近いのですが、認知度は低く、静かな山歩きのできるコースです。
低山ながら、登り下りを何度も繰り返すなかなかのハードなコース、トレーニング
にはいいかもしれません。


この日は、山の大ベテランのO氏、最近関東の山を登り始めたYさんとの3人
での山行です。


コース詳細とタイムは
   JR四方津駅9:00→10:50千足峠11:00→11:15高柄山11:50
   →12:15新矢ノ根峠12:20→13:10御前山分岐13:15→13:30御前山13:40
   →13:50御前山分岐14:10→14:35登山口15:20→16:10JR上野原駅



梅雨入り宣言があっても、雨は殆ど降りません。
山ノボラーにとっては雨が降らないのは嬉しいことなのですが、
農作物の生育の妨げになっています。野菜や果物が高騰するかもしれません。
水不足が心配です。


四方津(しおつ)駅
イメージ 1

10人ほどの団体が一組、出発の準備をしています。
ほぼ同じ時間に出発していきました。


高柄山が、こんな風に見えていました。
イメージ 2


四方津からは、大地峠から大丸を通って高柄山へ至るコースとショートカット
気味に千足峠に出て高柄山に達するコースとあるのですが、短い方の後者の
コースを選びました。


登山道
イメージ 3

最初は沢沿いの道を登っていきます。



やがて、沢とも別れ、杉の植林帯の急坂を何度もジグザグを繰り返しながら、
一気に尾根筋まで登っていきます。
イメージ 4




2時間弱で、千足峠に出ます。
イメージ 5

千足峠で、大地峠の方から来た登山者と出会いました。
「ここまで3時間、こんな低山で3時間も登ってようやくここまでとは、
こんな大変な低山はないなあ」って言ってました。
この方とは、何度も出会うことになります。


小ビークを2つほど越え、最後にこんな急坂を登ります。
イメージ 6



高柄山、千足峠からは一登りです。
イメージ 7

2〜3組の登山者が休んでいます。
三角点があります。

ちょっと早いのですが、ここで昼食にしました。


藤野方面でしょうか、こんな展望が広がっています。
イメージ 8




今回のメンバーです。
イメージ 9

この写真、先ほど千足峠で出会った登山者X氏に撮ってもらいました。


昼食後、下山です。






長〜い長〜い急坂をどんどんと下ります。

30分ほど下ると、新矢ノ根峠に出ます。
イメージ 10

東屋があって、ちょっと休憩です。




またまた下って行きます。
イメージ 11




御前山分岐(御前山下)
イメージ 12

この分岐手前に大きなピークがあり、かなりの急登です。
ピークで休んでいるときに、先ほどのX氏が追いついて来ました。

山と高原地図にも、「御前山頂下まで登るかなりハードな道」
とあります。
山と高原地図は正確ですねえ。
改めて感心しました。


御前山に向かいます。
イメージ 13

ここも短いのですが、一気に直登する登り、足が滑りそうになりながら、
這うようにして登ります。
少しでも濡れていたりすると、登れないでしょう。



御前山(鶴島御前山と書いていました)
イメージ 14

狭い広場になっていて、草の向こうに上野原市街が見えます。
またまた、X氏が登ってきます。


ここも三角点が、あります。
イメージ 15



御前山からは、先ほどの御前山分岐まで戻り、下山していきます。
下山道も、いくつもの登り下りを経ていく道で、決して楽ではありません。


登山口到着です。
イメージ 16

O氏、この激しい登り下りに膝を痛めたようで、
登山口でしばらく待っています。


上野原駅までの途中、住宅地に巨大なムクノキがありました。
「鶴島のムクノキ」、県の天然記念物に指定されているようです。
イメージ 17


イメージ 18


イメージ 19









お約束の反省会
イメージ 20

この日の反省会は、高尾駅近くの居酒屋です。





行動時間道休憩時間も含めて7時間10分、標高733mにしては
かなり大変なコース、山は標高ではないというのを思い知らされた山
でした。
2013年5月12日、笹尾根の南部、生藤山(990m)から陣馬山(857m)
まで歩いてきました。
生藤山の手前三国山(960m)、生藤山の次にこのコースの最高峰茅丸(1010m)、
通過点のような連行山(地図では連行峰、1001m)、大ゾウリ山(837m)、
八王子市の最高峰醍醐丸(867m)、最後に陣馬山と、昭文社の地図に名前のある
ピークを7つ越えて歩きました。

生藤山、陣馬山それぞれは登ったことがあるのですが、和田峠を越えて歩くのは
初めてです。三国山は、東京都・神奈川県・山梨県の都県堺の山、そこから東京都と
神奈川県の都県堺に沿って歩きます。

この日は、ハイキング部有志4人での山行です。



コース詳細とタイムは
   JR藤野駅8:00⇒9:15鎌沢入口バス停8:20→佐野川峠9:35→三国山10:15
   →10:25生藤山10:30→茅丸10:45→連行山11:05→12:00醍醐丸12:25
   →12:50和田峠13:00→13:20陣馬山13:50→奈良子峠14:15
   →15:00陣谷温泉15:35⇒15:50JR藤野駅




この日天気予報は晴れだったのですが、ずっと曇り空で、展望はあまり
よくありませんでした。


鎌沢入口バス停
イメージ 1

バスは座れない位でしたが、ここで下車したのは2組6人、殆ど陣馬山への登山口
のある和田まで行くようです。

「生藤山桜のプロムナード」の看板があります。
桜の並木の登山道があります。4月の山行を予定していたのですが、雨で中止に
なしました。

藤の花が、盛大に開いていました。5m位あったでしょうか。
見事です。
イメージ 2




茶畑です。
イメージ 3

茶畑景観地でもあります。


舗装道を40分ほど登ると、立派な休憩舎、神奈川県立です。
イメージ 4



登山口です。
イメージ 5




緑に囲まれた登山道です。
イメージ 6



レンゲツツジが満開です。
イメージ 7




三国峠、三国山の下です。
イメージ 8



三国山
イメージ 9

南面が開けていますが、雲で展望はありません。


いったん下ってガレ場の急登、生藤山の山頂下です。
イメージ 10




生藤山
イメージ 11

10人ほどの団体が休んでいて、山頂は狭いので、一杯です。

小休止。


下山も急坂、慎重に下ります
イメージ 12




今回のコースの最高峰茅丸の下です。
イメージ 13

巻き道がありますが、丸太階段を登っていきます。


茅丸、小さな広場ですがここは誰もいません。
イメージ 14

南側に展望があります。



新緑の登山道
イメージ 15

前に生藤山で休んいた団体がいます。
茅丸を巻いたため、先に行かれました。



連行山、山名は道標の下に書かれているだけです。
イメージ 16

ベンチはあるのですが、展望はありません。



12:00 醍醐丸、手作り標識があるだけです。
イメージ 17

ここで昼食、後からあの団体も到着しました。


そして、和田峠
イメージ 18

たくさんのベンチがあり、ゆっくり休めます。
サイクリストが結構多く登ってきていました。
売店はやってませんでした。


さて、最後の山陣場山へ。
イメージ 19

こんな階段が延々と続きます。
数百段あります。



山頂が見えて来ました。
イメージ 20


陣馬山山頂碑です。
イメージ 21


有名な白馬のオベリスク
イメージ 22


今回登ったメンバーです。
イメージ 23


この日最後の山で、ゆっくり休憩して、下山です。




奈良子峠
イメージ 24




この日歩いたコースです。
イメージ 25




反省会です。
イメージ 26


この日の反省会、国分寺の日本橋亭だったのですが、
こんな懐かしいビールがありました。

サッポロの赤ラベル、ラガービールです。
イメージ 27

現存するビールのブランドの中で、最古だそうです。



行動時間道休憩時間も含めて6時間40分、まずまずの山行でしたが、
登り下りを繰り返すのは、いささか膝にきます。

開く トラックバック(2)

2013年4月20日、笹尾根の一部を歩き、槇寄山(1188m)
に登ってきました。
笹尾根は、奥多摩三頭山から東に伸びる尾根で、高低差も少なく
歩いてて気持ちのいい尾根です。


笛吹から笹尾根に入り、槇寄山を経て、三頭山までというコースをと
思っていたのですが、諸事情で槇寄山までとしました。


コース詳細とタイムは
   武蔵五日市駅9:00⇒9:50笛吹バス停10:00→12:20笹尾根丸山付近12:25
   →笛吹峠12:35→13:15数馬峠13:35→14:00西原峠→14:05槇寄山14:15
   →15:05数馬の湯16:12⇒武蔵五日市駅17:00



最近いつも載せているMAPと高低図は、スマホのGPSを仕掛けるのを忘れたので
ありません。

この日余り天気はよくなかったのですが、武蔵五日市のバス停では
バスが増発される位ハイカーが並んでいました。


笛吹バス停
イメージ 1

この辺り、標高もあることから桜も遅く、バス停付近では
八重桜が満開でした。

笛吹、普通は「ふえふき」と読むのでしょうが、ここは「うずしき」です。
珍しい読み方です。

すぐ近くに道標があり、笛吹峠の方に向かいます。
イメージ 2



舗装された林道から、登山道への入口がわからず、道迷いして
ちょっとウロウロしました。

地元の人に丁寧に教えていただき、ようやくこの標識にたどり着き、
登山道に入りました。
イメージ 3

本来の道が、土砂崩れで通れなくなっていて、ちょっと回り道をすることに
なっていて標識もわかりにくくなっていました。
30分以上ロスしてしまいました。


この近くでも、ヤマザクラの巨木が満開でした。
イメージ 4



またまた問題発生、花粉対策のため伐採作業とかで、通常のルートが通行止め
になっています。(期間は平成24年1月から平成27年7月まで)
イメージ 5

迂回ルートは小棡峠(こゆずりとうげ)の方に回るルートです。


登山道
イメージ 6



こんな風に、綺麗に伐採されています。
イメージ 7

今の杉の木を伐採して、花粉の少ない杉にするのでしょうか。



ようやく笹尾根に出ました。丸山の近くになります。
イメージ 8



笹尾根の笹尾根たる所以、小笹が茂った登山道です。
イメージ 9




いったん下って、笛吹峠
イメージ 10

標識が十字になっていて、右に行くと東京都ですが、
左は山梨県上野原になります。



数馬峠、ここでも右左に降りろことができます。
イメージ 11

南側に展望があるのですが、どんよりした曇りのため、この日は全くみえません。
霧雨がチラチラ漂ってきました。
ここで手早く昼食を摂り、すぐに出発。


西原峠、やはり十字の標識です。
イメージ 12




ようやく槇寄山山頂です。
イメージ 13

雨具を着込んでいる登山者もいます。


三等三角点です。
イメージ 14




今回登ったメンバーです。
イメージ 15



雨もチラチラしてきたし、時間のロスもあったので、ここで下山です。
西原峠から下山道は、よく整備された道です。
イメージ 16



この標識、字が薄くなって読みにくいのですが、
「国定忠治が遠見をした木」とありました。
イメージ 17

国定忠治、どの辺りで活躍していたのかよくは知りませんが、
この地域も拠点があったりしたのでしょうか。


こちらの登山口は、民家の横に降りて来ました。
イメージ 18




この日は、数馬の湯で、汗を流してきました。
イメージ 19




そしていつもの反省会、この日は立川で冷たいビールを飲みました。
イメージ 20





行動時間道迷いの時間も含めて5時間余りの軽山行でした。
笹尾根、気持ちよく歩けるので、また歩いてみたいです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事