ここから本文です
四駆野郎の秘密基地
シティカウボーイ参上

書庫昔の模型本関連

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

B-CLUB パーキングエリア

明日は週末ですね・・・・♡←最近♡マークをつけんと気が済まない中年
 
週末を前にぐるんキンダガーデン王国の中高年が、バンダイカタログを見せびらかしているのに対抗せんといかんなと考えるシティカウボーイ。
出る杭は打たんとな。
イメージ 1
VOW先生の表紙絵が80年代な雰囲気を醸し出すB-CLUB創刊号である♡巻末には伝説のガレージ641のジオラマ写真・・・本物は横浜のおもちゃ博物館で見てきました。
 
 
で・・中身みたいでしょ?ふふふふ
イメージ 2
独創的な作例がたくさん載っています。ファーゴにはまいりましたね(笑)
ソアラの地面が人工芝的でとっても素晴らしい・・
やはり80年代の内装といえば人工芝です。お部屋がまるでグリーンです♡
イメージ 3
80年代の自動車模型作例って遊び心あっていいですね。
当時もスケール感重視の雑誌はままありましたが、さすがはバンダイ。
スケールにキャラ的要素を取り入れて非常に遊び心あふれる模型工作を紹介していますね。
僕の頭の中ではいまだにこんな世界です。
マグナビートルはウラシマンが好きだったので、1/20のビートルを改造した作例ですが、非常にすきですね。
イメージ 4
バンダイカーモデルキットのオールカタログも数ページにわたり掲載されています。僕はやはりバニングや、バギーのページが好きですね。
パーキングエリアはデッドで何冊かもっています。近所のプラモ屋さんで眠っていたものです。
 
これだけでは飽き足らないので、学術書として所有している
TAMIYAカタログ1977です。
イメージ 5
僕の生まれ年のカタログですから、37年前のカタログになります。
表紙もまだまだ素朴ですが、次の画像でタミヤのグラフィックデザインとか、広告デザインに関して非常に優れていたことがわかります。
イメージ 6
サービスカット♡
 
 
こんばんは〜・・・・週末ですね。しかも3連休!
明日はフリーマーケットもありますし、寝られないほど楽しみです(笑)・・・・アホです。
 
先週手持ちのボロい御仁達を整理したところ、畳一畳以上になっておりまして辟易しているところです(笑)
さらには押し入れを占領するプラモとラジコン・・・・いったいだれがこんなに買ってくるのか。
四駆野郎のアホにきまってますが、やつは懲りないみたいですね(笑)
 
そんなシティカウボーイですが、またまた学術書を発掘いたしてまいりました!!
せっかくいらしてくだささる皆様の期待を裏切り、またもやくだらない話題!
 
ミッキーファンのみなさま!お待たせいたしました〜!
 
イメージ 1
やりました。とうとう消防隊のミッキー師を発見いたしました。
中身は想像以上に古い消防車がいっぱいです。
イメージ 2
なんじゃこりゃ。これ、ダルマが原形なんでしょうか?
イメージ 3
デラックスホイールキャップが・・こちらははたらくじどうしゃの中から・・・シビレタ写真です(笑)
 
ふふふ。今日は前にもアップしましたが、ネタなしの為しつこくこちらの古文書を研究いたします。
イメージ 4
もうなにもかたるまい・・・(笑)
イメージ 5ミニデコ・・・・これぞ本物。いいねぇ(笑)
イメージ 6
このような貴重な完成品はやはりアオシマにあるんでしょうか・・・
モデルカーナッツでこちらの再販物の完成品見ましたが、えらくかっこよかったですね。
ちょいと忙しくて制作ができませんが、年末までにはコンドルを仕上げたいですね。
イメージ 7
これが当時のアオシマミニカタログ内のデコトラフルラインナップですね・・
光る飛車角はトラック乗りの静岡のおじさんが作ってましたね。
アオシマのデコトラをいくつも作ってましたし、当時は大型トラックを運転して愛車はノーサスの330グロでしたね。
たまに電話しますが、いまだに初代シーマに乗って相変わらず元気そうです(笑)
 

学術書への探究心

どうも・・研究職としてこれからもやっていくつもりです。
みなさまは研究職がどれだけ学術書にお金をつぎこんでいるかご存知でしょうか?
それはそれは大金を湯水のごとくつぎ込んで、日々の生活にも事欠くくらいです。
イメージ 1
やりました!!!
とうとう新発見の古文書を手に入れました!給料日を過ぎていきなりほぼ文無しとなる土曜日の午後・・
1冊\105で!左のは真ん中の扉が抜け落ちて無くなっておりましたが、そんなことは構いませんよ!
ハイゼット師の勇士がここまで克明に描かれた古文書はそうはありません・・
見てください郵便を受け取る幼児の生き生きとした笑顔(笑)
中身は古ーいトラックだらけでした・・フフフ。
 
おとなりは僕が大好きな山本忠敬さんの描くトラック達が素敵なはたらくじどうしゃ・・絵は全部山本忠敬さん。
ずかんじどうしゃが幼稚園のころから一番好きな絵本でして、山本忠敬さんの描くトラックがいまだに一番かと思います。
こちらは1992年が初版ですからわりと最近の絵本なんですが、当時のトラック達が精密な筆致で描かれており、
やはり素晴らしいですよ・・この絵本2冊は存在を知らなかったのですが、嬉しいですね。
7〜8年前にずかんじどうしゃをまた新たに購入し、一時は絵を書いてみたりしてマネしようと頑張りましたが、やっぱりね・・失笑の出来具合ですが、しばらく前にもブログでアップしているので、参考画像で・・
僕はやっぱトラックの絵が好きですね。
イメージ 1
やっぱザグレートがカッコイイや(笑)
山本忠敬さんにあこがれていて、あんなトラックが書きたくてしょうがないんですが、ねぇ・・・・
イメージ 2
こちらの画像は古文書の裏表紙ですが、これ、移動図書館じゃないですか!
好きなんだよな〜移動図書館(笑)
いすゞのマイクロバス・・ジャーニーってのかな?名前を知らないのですが、子供時代を思い出して妙に郷愁を誘われます(笑)
 
 
 

MINI4WDガイドブック

こんばんは。
今日は昼間はケイホビーに少しよって、仲間と遊んできました・・
走行はしませんでしたが、みんなのニューマシンも見て、来週はやるぞ!と。
 
そして、今日は素晴らしい逸品を手に入れました!
イメージ 1
なんちゃって。
こちらですよ。
イメージ 2
当時物のガイドブックです!
イメージ 3
情景のページが!
少年期に見ていたとは思いますが、存在を忘れていたガイドです・・
そして、お気に入り№1のファルコンJ'rです。
イメージ 4
この写真は震えますね・・・
当時、何個も作って走らせました。
イメージ 5
これはミニ四駆を語る上でかかせない貴重な冊子ですので、大事に保管します。
うちに来てくれてありがたいことです・・・
 

消防博物館

こんばんは!
今日は、消防博物館に行ってきました!
四谷3丁目にある、四谷消防署と併設の江戸の消防の歴史を展示している博物館ですね。
そこで、面白い物見つけてきましたよ。
四駆野郎ですが、山本忠敬さんのずかんじどうしゃが一番好きな本だったのですが、(幼年期ですが・・)
ま、いまでも好きですし、ちゃんとそろえて持っています。
古い子供の自動車図鑑とかには目がありません(笑)イメージ 5
素晴らしすぎる絵本コーナーがありまして、展示物というより、遊びにきた子供が閲覧できる物です。
欲しい!といっても買えません・・・
絵が、たまらん。
ていうか、全部フルカラーの絵で、素晴らしい出来の絵本や、図鑑が、たくさん!
何十冊もありました。
イメージ 6
中身も絵本図鑑という感じで、再販してほしいのがたくさんありました・・
イメージ 7
これは、すごく古いと思います。いや〜。綺麗に保管してありますよ・・
コレは、ほんの一部です。
展示物は、これが良かったですね。
イメージ 8
バイク。
イメージ 9
これは強そうですね(笑)
ロケットバイク!
 
こんな模型とかも数台ありまして、可動式の屈折放水塔車です。
電気仕掛けで動きます
イメージ 10
わりと楽しかったですね。
 
 
話しは変わりますが、せっかく新宿まで行きましたので、秋葉も行きました(笑)
週末のボディ買ってきちゃいました。
イメージ 1
このカラーなら許せる。
カッコイイので、気に入りました(笑)
バーフェン付きのが欲しいのですが、カラーがイマイチです。
そのうち出ますよね多分。でも、週末には間に合わないと判断しました。
イメージ 2
とりあえず、このボディをつぶしてもメッキパーツとか利用できますしね!
イメージ 3
こちらは、自家塗装のグラチャンもどきの方ですが、どちらが、イカシテますかね?
イメージ 4
2台並べてみる(笑)
 
 

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事