ここから本文です
マンドリルの楽園 / MANDRILLAND
マンドリランドへ ようこそ。 山の様子をリアルタイムで、また出会った動植物を紹介していきたいと思います。

書庫全体表示

撮影日 2015年12月05日
天候 快晴
気温 6〜11℃

4年半ぶりに倉沢廃村を尋ね、VR見通尾根を登りヨコスズ尾根に合流。
三ッドッケから富士を眺め蕎麦粒方面に歩き
VR棒杭尾根を倉沢線に下り倉沢バス停までの旅でした

紅葉が終わった今は人は一気に減少。
日原へのバスは増発もなく、奥多摩に静けさが戻ってきました。

倉沢バス停から時系列で

集落の方々が手掛けた石灰石採掘場が見える

イメージ 2

「倉沢のヒノキ」
1000年のヒノキと呼ばれ都内最大のヒノキ。
幹回り6.3m

イメージ 1

大ヒノキから右手の道を進むと倉沢廃村だ。
97歳2005年までこの村を守られた坂和連さんのお住まいが見えてきたが解体されていました

イメージ 3

集落中央にある石段。
最盛期には100人程住んでいた。
2005年まではこの両側に廃屋が建ち並んでいた

イメージ 4

脱水はローラータイプ!懐かしい〜

イメージ 5

共同炊事場

イメージ 6

上段から見ると共同浴場と分かる。
男湯女湯に別れ湯船が背中合わせになっている

イメージ 7

お湯の蛇口

イメージ 8

昭和34年発足のロケットボイラー工業製
(現在は社名変更しアールビー)
これで共同浴場のお湯を沸かしていた

イメージ 11

理髪店の椅子 ・理髪店も集落にはあった

イメージ 9

そして最上段まで上がり集落を出て左に進むと骨組みだけの橋にたどり着く。
この先が現場で集落から採掘場への通勤路だったのです 。

イメージ 10

現在は渡れませんが下から見えた採掘工場へ続いているようです。
その骨組のみの橋と、集落上部からの道と倉沢ヒノキからの道が出会う所を山腹へ登って行くのが見通尾根のトッツキ

ここからVR。急坂で踏み跡も道標もありません

イメージ 12

木に掴まりながら落ち葉で滑る尾根を只々登って行く

イメージ 13

左手にトボウ尾根が近づいてくると勾配が緩やかになります。
NHKアンテナが見えればそこがヨコスズ尾根で実線合流です(標高1310m地点)
後は陽だまりの尾根を歩く

イメージ 14

途中、横篶山から東に幕岩尾根が伸び魚留橋に飛び出るが現在は地図に無い。
また倉沢線の鳴瀬橋に出る道と倉沢集落の下部に出る道が分けているがこれも迷い注意。
一杯水避難小屋

イメージ 15

小屋裏から三ッドッケに道がありますが長沢背稜を歩き三ッドッケ(天目山)へ

イメージ 16

眺望は素晴らしく中央に富士、右の鷹ノ巣から石尾根が伸びる

イメージ 17

下は小屋裏に直下りで蕎麦粒方面へ向かう。
途中(丁度中間辺り)、棒杭尾根に取り付く。

イメージ 18

冬枯れの中、急な九十九下り
そこで出会ったゴジュウカラ

イメージ 19

イメージ 20

コガラ

イメージ 21

棒杭からの眺め
富士に鷹ノ巣、手前に長沢背稜

イメージ 22

アセビが表れるまで急峻な下り

イメージ 23

アセビが表れて暫く下ると右手に道がありますがシオジクボ小屋跡への道です。
踏み入れず、保安林の看板を左に下ると倉沢線に出る

イメージ 24

安心して歩いていると大崩落で4年半前にあった道がない!
よく見ると2014年の1:16500には林道崩壊と載っていた。
震災から3ヶ月後に歩いたが崩落はなかったので驚いたが埋まったガードレールの横にロープが設置されていた。

イメージ 25

魚留滝

イメージ 26

橋の崩落も2ヶ所あり落石も激しい道です。
跡は倉沢線を倉沢バス停まで。

これは2011年に歩いた時、倉沢線で出会った鹿子。
滑落した様です

イメージ 27


【総括】
倉沢廃村は10年前まではまだ建物が残されていて最上部には権力者の二階建ての建物があり他の家もかなり残されていました。

家の内部も見る事ができ、覗いてみると壁には色褪せた萬屋錦之助、内藤洋子などのブロマイド等が貼ったままで当時の日本経済を語っている新聞も襖の破れから覗いていた。

パーマンの子供の靴なども転がっていて昭和30〜40年代にタイムスリップできましたが残念な事に2005年に集落を最後まで守られた坂和連さんが亡くなったことにより、人の手で取り壊されました。
賑わっていた当時は理髪店、共同浴場に集会場もあり、今の日本では見かけなくなりましたが子供を集落全体で教育していた頃ではないでしょうか
ここで育ったお子様も今は50を過ぎていることでしょう

  • 顔アイコン

    こんにちわ、10数年前、名郷から登り出し、蕎麦粒山と天目山を目指したのですが、体調不良で仁田山で引き返してきた悔しい思い出の山です。奥多摩から入るより飯能側から入る方が時間短縮できると思ったのが間違いの元でした。石灰石採掘場の風景は痛々しく思います。ここで生活していた人のことを思うときれいごとなど言っていらないのですが、掘った後の最低限の修復は必要ではないかと思います。いい例が最近は足尾銅山の山々も少しづつ蘇ってきました。倉沢廃村の跡も時の流れと歴史を感じずにはいられませんが、この山間に賑わった最盛期の村を想像するだけで楽しいですね。
    次回を楽しみにしています。
    話は変わります。7月からのコメントをファイルで以前のように整理してきたのですが、突然、ファイルが破壊されていますという表示が出て修復コンバーターで修復しようとあちこちとクリックしていたらファイルが飛んでしまいどこにも見当たらず。がっくり来ました。再度作り直すことにしました。

    [ hai*u*ak*59 ]

    2015/12/8(火) 午後 4:10

    返信する
  • > hai*u*ak*59さん
    こんにちは、名郷からだとちょっとタフですね。
    面倒でも奥多摩側に回るのが日帰りなら良いでしょうね
    ここは北面に良い道がありませんから😅

    倉沢廃村から伸びる見通尾根は冬枯れに良いですが結構タフです。
    好きで幾度か使ってます。
    下りは鳥屋戸尾根でと思っていましたがゴジュウカラなど撮っていたら時間切れで棒杭を下りました💦

    パソコンの飛んでしまう現象には困ってしまいます。
    このブログの日記も3月のだったでしょうか1つ画像が全部無くなっていたので日記ごと削除しました😓
    得意でもないので勘弁して欲しいです

    [ マンドリル/MANDRILL ]

    2015/12/9(水) 午前 9:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事