過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

英語を話すとき

母が、最近英語に対して思うこと。。

英語を話すときって、まず肝心の要点を最初に述べる。

例えば、テレビの調子がおかしくて電気やさんに連絡。。?

「I need someone to take a look at our TV because it does not work well.」

日本語だったら、まず理由を述べる。

「テレビの調子が悪いので、誰かをよこしてください。」 になりませんか?

母、今でもまず理由付けを最初に話そうとするので、電話での応対だったりすると

カスタマーサービスなんかの(かの有名なアメリカンカスタマーサービスである)

お姉さん達は、いらいらっとしちゃったりしてるんでしょうね。。きっと

母も年をとってきたし、オハイオ生活もなんだかんだと続いているので

この最近は、「要点、要点」とつぶやきながら英語を話すように心がけています。

でもでも、とってもドキッとすることがあるんです。

この間も実家にて義母が、あねさんと話していたところ。。

あねさん: Can I use your computer to check something?

義母: NO!

あねさん: 。。。無言。。(ちょっと、引いた気がした。。びっくり?)

母は、正直ドキッとしました。子供相手にそんなにはっきりと断らなくてもいいのに。。

と思っていたんですが、その後に義母がこういいました。

義母: No, we don't have any phone connection right now.

ああ〜〜そうなんです。実家は、建て増し工事の後に庭の池を広げる工事に入っていて

電話のケーブルが現在、切断されたままなんです。難しい説明ですが、家から道まで距離が

あるのでケーブルは地面を通っています。その途中、池の中をケーブルが走っているので切断中。

はあ〜よくわからない話ですみません。

本題に戻ると。。

結局のところ、電話線がないのだから、インターネットも使えない、だからコンピューターも

使えないわよ、といったことなんですね。

でも母的には、「今、電話が使えないから」という理由を先に教えてあげた上で、

コンピューターは使えないよ」 と説明してあげたいです。

英語で話すときは、英語のルールでって思うんですが、相変わらず母の英語は、

このルールを守れないのであいまいな返事が多くなっています。

「それって、イエスなのノーなの?」 う〜ん、そういう時って、大抵ノーですよね。

ノーって言いたくない、日本人なのでした。

主人と日本語で話していても、母的にはすでに断ったはずの事柄が、主人には伝わっていなくて

「どうするの?」とか もっとまずい時には、全く反対のことが発生していたりするんです。

はい、もちろんこういうときは、主人にすべての非があります! がははは

もう、なんでそんなこともわからんかなあ! 以心伝心! もうわからなあかんで〜となります。

主人。。無言。。彼なりの防御策なのかも?

なかなか努力が必要です。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事