多治見市 大竹ママのブログ,グルメ,旅行,役立ち情報

多治見市在住の大竹ママの食べ歩きグルメ・旅行記・ショッピング・映画レビュー・その他お役立ち情報を掲載しています

全体表示

[ リスト ]

多治見市ななつきカフェのある「わいわい長屋」の2階の工房「虹の玉」でガラスペンダントを作成してきました。
イメージ 1
■ 2015年10月24日情報 ■
パート先の職場の人達合計3人でガラスペンダントを作ってきました。
1000円(2015.10.24現在の価格。現在は値上げしたようです)で
自分だけのオリジナルペンダントができるんですよ。
最大4人までできるようです。

● ガラスペンダントの制作風景 ●
イメージ 2

● ガラスペンダントの作成手順(キルンワークのフュージング技法) ●

1.ペンダントトップをどんな形にするか決めます。
 丸形、四角形、雫形の中から選びます。
 私は4cm角の四角形を傾けてダイヤ形のようにして作成する事にしました。
 
2.形が記入された仮置き用の用紙をもらいます。
 いろんな色・形・柄のミルフィオリ(ベネチアンガラスのチップ)がありますので、
 ピンセットでつまみ、形の枠に収まるように好きな配置で並べデザインを考えていきます。
 最後に透明ガラスを載せるので、四隅は高さが高めで同じ高さのビーズを選ぶのが良いです。

 ※デザインは、そのまま残るのわけではなく、写真のように外周が広がってゆがみ固まります。
  なので完成品は、ここでのイメージと、ちょっと違う仕上がりになります。
  中央に配置したものは、そのまま残りますので、英字パーツは中心に配置するのがおすすめです。

3.デザインが決まったら、アートボックスの白い台の部分に用意された紙の上に移動します。
 その際、ミルフィオリの底にのりを付けて並べていきます。

4.透明ガラスを最初に決めた形にカットして完成したミルフィオリの上にのせます。
 (この透明ガラスが溶けてミルフィオリと一体化しペンダントトップとなるので、
  透明ガラスを乗せる位置は左右上下均等になるようにのせて下さい)

5.お店の方がアートボックスの白い台を電子レンジに入れ、アートボックスの上蓋をしてから
 電子レンジで数分温めてくれます。
 アートボックスの中は高温になる為、透明ガラスが溶けます。

6.一体化したらお店の方が作品を取り出し、しばらく冷ましてくれます。
 (待ってる間は長屋の2階の雑貨屋さんを見ているといいですよ)

7.作品が固ったら裏側にしてペンダントの鎖を通すパーツを接着させます。

8.専用の透明ケースに入れて家に持ち帰り半日ぐらい放置します。

9.チェーンを通して完成です。
  ※サービスのチェーンは短めです。長いチェーンも選択できるといいなと思いました。

私の作品写真は、ガラス体験工房「虹の玉」さんのブログにも掲載されていました。
http://ameblo.jp/shine150101/entry-12087884933.html

ところで、2015年10/3-11/29までは、多治見・土岐・瑞浪エリアで
美濃焼こみち」という、いろんな体験を紹介しているイベントがあります。
専用冊子が無料配布されているのですが、ホームページもあります。
手芸好きな方は↓「美濃焼こみち」見て下さい。
http://minoyakikomichi.net/

ガラスペンダントは、冊子の一番最初で紹介されていました。
「美濃焼こみち」での予約は2000円で酵素ジュース付でした。
しかし、もう満席なのです。
でも興味ある方は、問い合わせてみて下さい。

ガラスペンダントは、多治見市ななつきカフェのある「わいわい長屋」の2階
ガラス体験工房「虹の玉」で作成できます。

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事