多治見市 大竹ママのブログ,グルメ,旅行,役立ち情報

多治見市在住の大竹ママの食べ歩きグルメ・旅行記・ショッピング・映画レビュー・その他お役立ち情報を掲載しています

全体表示

[ リスト ]

多治見市に日本ガイシの工場ができます。

多治見市長瀬町の工業用地(鉱山跡地)「多治見長瀬テクノパーク」の土地を全て日本ガイシが取得。
半導体製造装置用セラミックスの工場「NGKセラミックデバイス多治見工場(仮称)」
2018年3月から工事開始、2020年4月稼働予定。

従業員は新規採用で100人の予定。
(生産開始時は約50人採用、その後1〜2年後フル生産時に約100人態勢)
石川修平・取締役常務執行役員は
「速やかに工場を立ち上げたいので、最初の五十人のうちの半分ぐらいは本年度中に募集し入社してもらい、
小牧の工場で習熟度を上げてほしい。
多治見は、日本ガイシグループとしても重要な生産拠点との位置付けになっていくと思う」と語った。

敷地面積13万2500平方メートル。岐阜としては最大級の敷地面積。
総投資額は約200億円。
建屋は一部2階建てで延べ床面積約3万4000平方メートルの予定。

新工場で生産するセラミックスは、「サセプター」と呼ばれる部品で、
半導体材料のシリコンウエハーを支えるために使う。

多治見市に決まった理由
知多事業所(同半田市)と小牧事業所(同小牧市)で同セラミックスを生産。
両事業所との交通アクセスが良く、早期に工場を着工したい同社の希望に多治見市が対応した。

古川雅典市長
「企業誘致の目的は大都会に出た若者が戻り、そこに働く場所があることだ」
「市としてはモノづくり企業に進出してもらうことが一番の希望だった。
 セラミックスという高度な技術を使った焼き物で、世界で高いシェアを持つ企業に決まった」

NHKのニュース動画はこちら↓

参照記事はこちら

岐阜新聞Web
日本ガイシ、多治見に工場 20年4月稼働

中日新聞
最大級誘致、実った 日本ガイシ、多治見進出

日本経済新聞
日本ガイシ、岐阜に新工場 半導体装置部品を増産

毎日新聞
テクノパークに新工場 多治見市、若者Uターン期待

読売オンライン
日本ガイシ 多治見に新工場

日本ガイシ公式HP
半導体製造装置用セラミックスの生産能力を増強
岐阜県多治見市に新生産拠点の設立を決定

大竹ママ 個人的には、大企業の進出で、アパートの空室が埋まってくれるといいなと期待を寄せています。

by 大竹ママ http://ohtakemama.com/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事