多治見市 大竹ママのブログ,グルメ,旅行,役立ち情報

多治見市在住の大竹ママの食べ歩きグルメ・旅行記・ショッピング・映画レビュー・その他お役立ち情報を掲載しています

多治見市のゴミ処理場

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

使わなくなったダフルサイズの布団や、ベビーカー、古いゴルフバック、壊れた庭のパラソル等が、ずっと車庫に放置されていました。
普通のゴミの日に出せないからです。
ゴミは、多治見市の指定ゴミ袋からはみ出すものは回収してもらえません。
指定ゴミ袋に入らない重さが50kg以下、長さが1m以内のものは、粗大ゴミシールを貼って出す方法があるのですが、このシールが高いですし、
個人情報(品名の他に住所と名前)を記載しないといけないので気が進みませんでした。
ちなみに粗大ゴミシールは、多治見市の大型スーパーや地区事務所などで1枚500円で販売しています。
という事で、パートの休みの日に、多治見市三の倉センターに直接ゴミを持込み捨ててきました。
多治見市三の倉センターでは、燃やすごみ、破砕ごみ、資源ごみを扱っています。
多治見市三の倉センターにゴミを直接持込む際は、粗大ゴミシールや指定ゴミ袋は不要です。
焼却炉への入場時の車の重さと、退場時の車の重さの差で廃棄物処理手数料が徴収されます。

★破砕ゴミ・燃やすごみの廃棄物処理手数料★
20kgごとに100円

★多治見市三の倉センター受付時間★
平日 午前9時〜12時 午後13時〜16時
土曜・日曜・祝日 閉場
但し、第三日曜日は午前9時から12時まで ※年末年始は異なります

三の倉センターでは資源ごみだと無料で引き取ってくれます。
ついでにペットボトルや、発砲トレー、瓶、金属ゴミも一緒に持って行きました。
三の倉センター入口受付では、「多治見の方ですか?どんなゴミですか?見せて下さい。」と言われ、
車に積んでいるゴミを見てもらいました。
それから「家庭ごみ」の表示板をもらって、ダッシュボードに乗せ、資源ゴミの場所に向かいました。

資源ゴミは、三の倉センターの一番奥の突き当りの場所にあります。屋外です。
イメージ 1

ペットボトルや、発砲トレー、瓶、金属を分けて捨てた後、
私は、布団をロールケーキ状に巻いて縛っていたので、資源ごみの駐車場の場所を使わせてもらって縛り直しをしました。
ゴミは、一番長い対角線の長さが1m以下になるようにしないと、投入口を通過できないそうです。
布団の紐を一旦ほどいて広げ、4つに折り畳んで更にもう1回無理やり畳んで1m以内になるように縛り直しました。
ヒモやハサミは資源ごみのエリアにもありました。
ちなみに、木材を1m以下になるようにノコギリで切っている人達もいました。(ゴミの持込みの人)

余談ですが、そこにいた職員さんに、多治見市三の倉センターでは、燃やした煙を、また更に燃やしてダイオキシンが出ないようにしている事などを教えてもらいました。
(ダイオキシンは低温で燃やすと出るそうです)

資源ごみを捨てた後、破砕ゴミ・燃やすごみを捨てる焼却炉のある建物に車で向かいました。
入口手前で小さな「家庭 有料」と記載されたカードをもらいます。
焼却炉の建物には大きな扉があり、車が近づくと扉が自動的に開きます。
建物の中には、最初に破砕ごみの置場があります。
車をバックで停め、ベビーカー、壊れた庭のパラソル、壊れた黄色い傘数本を降ろしました。
ゴミの投入は職員さんがしてくれます。
その後、燃やすごみの置場にまた車で移動し、またバックで停めて、ダフルサイズの布団と古いゴルフバックを指定場所に置きました。
燃やすごみの置場を出ると出口になります。ここの大きな扉も、車が近づくと自動で開きます。
出たら右折しゲートに向かいます。
車の重さを測ってもらい料金を支払います。
イメージ 2

今回、ダフルサイズの布団やベビーカー、古いゴルフバック、壊れた庭のパラソル、壊れた黄色い傘数本などを捨ててきました。
かかった料金は、200円だけでした。
もし粗大ゴミシールを貼って出していたら500円×3枚=1500円は かかっていました。
自分で持込むと行き帰りのガソリン代がかかりますが、個人情報をシールに書かなくてもよいですし、時間がある時に行くといいですね。

多治見市三の倉センター
住所 多治見市三の倉町猪場37
TEL 0572-23-1103
家庭から出たごみの廃棄物処理センターへの持込
http://www.city.tajimi.lg.jp/kurashi/gomi/life-garbage-carry-on.html


 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

我が家ではベッドの捨て方がわからず、そのまま解体して放置状態だったベッドが部屋の隅にあったのですが、6月1日に多治見市のゴミ処理場に持ち込んで処分をしてもらいました。
これが、結構大変で疲れる作業でしたので、参考までにお話します。

実は、多治見市でベッドを捨てようと思った場合、2か所のゴミセンターにゴミを持ち込まないといけないのです。

というのは、ベッドの木枠は燃えるゴミなので、三の倉センター(または笠原クリーンセンター)に持ち込み、またその前に、自宅で木は1m以下になるように、のこぎりなどで切っておかないといけません。
これが結構時間のかかる作業です。
ゴミ捨て場の下にある焼却炉の入口が1m以上のものは通らないそうで、詰まると壊れて修理費が大変なのだそうです。

三の倉センター
多治見市三の倉町猪場37番地
TEL 0572-23-1103
http://www.city.tajimi.gifu.jp/kankyo/sannokura/
一般廃棄物 20kgまでごとに100円
受付時間 平日(月〜金) 各センター 午前9:00〜12:00/午後1:00〜4:00
*休日の持ち込みは問い合わせて下さい

そしてベッドマットにはスプリングが入っているので、三の倉センターには捨てることがでません。
なので大畑センターまで持ち込みをしないといけません。
また、ベッドマットは、持ち込んでから、その場でカッターを貸してくれるので、
自分でマットのサイドにぐるっと1周切り込みを入れ、
ベッドマットの外側の布をはがして、中のスプリング部分と布の部分に分けます。
布の部分はたたんで、ひもで縛ります。
暑い日は汗だくの作業です。
スプリング部分は金属回収業者さん?が持って帰るようです。

大畑センター 多治見市大畑町大洞48-2
TEL 0572-23-2926
http://www.city.tajimi.gifu.jp/kankyo/obata_center/index.html
一般廃棄物 20kgまでごとに100円
受付時間 平日(月〜金) 各センター 午前9:00〜12:00/午後1:00〜4:00
(ベッドマットなど解体作業がある場合は午後3:00までに入ってください。)
*休日の持ち込みは問い合わせて下さい

もし自分の車でゴミセンターまで運べるのであれば、ずいぶん安くゴミを処分できます。
しかし、慣れないせいもあり結構疲れる作業だったので、終わってみて思ったのは、素直にゴミ回収業者さんに頼めば良かったかなということです。
http://www.city.tajimi.gifu.jp/kankyo/sannokura/pict/kyokagyousya.JPG

また、近所の家具屋さんで新しいベッドを買えば、4000円ぐらいで引き取ってもらえたので、それを利用するという方法もあります。
しかし我が家の場合、子供のベッドはネットで購入したり親戚からもらったりで、その機会がありませんでした。

ちなみに処分したいベッドはダブルベッドだったので、自分の家の車ではベッドマットが大きすぎて積めませんでした。
そこで、お手伝いしてくれる業者さんを自宅に呼んでゴミセンターまでベッドを運んでもらいました。
今回はネットでみつけた「まごころ便利屋しげ吉」さんに手伝ってもらいました。
http://www.shigekichi.co.jp/unnecessary/

お手伝いの代金は5600円でした。これに別途ゴミ処理場で払う代金(一般廃棄物20kgまでごとに100円)が必要です。
5600円の内訳は
作業費・・・スタッフ1名1時間につき4,800円(税込)
交通費800円(多治見市の場合)
でした。

電話でお手伝いの代金は5600円と聞いていたので、5600円を封筒に入れて用意しておき、来られた時に渡しました。

本当は2名来られていてベッドの宮部分を解体したり切ったり、その後2か所のゴミセンターまでゴミを捨てに行ったりしていると1時間以上かかってしまったのですが5600円でやってもらえました。
☆「まごころ便利屋しげ吉」http://www.shigekichi.co.jp/unnecessary/ さんありがとうございました。

ゴミセンターに行く際は、業者さんの車に一緒に乗り込むのでなく、自分の車を運転して処理センターまで誘導しながら2台で行きます。
ゴミ処理の受付手続きは(免許証など持参で)多治見市民でないとできないですし、代金支払いも自分がしないといけないからです。

こういう訳で、多治見市でベッドを捨てる作業は、本当に疲れました。
しかし今後の為に一度はゴミセンターにゴミの持ち込みを経験しておきたいと思っていたので、貴重な経験でした。
今回のゴミ処理場で支払った代金は合計700円でした。
他のゴミも持ち込んだので、ダブルベッドだけでいくらだったか不明ですが。

三の倉センター(一般廃棄物 20kgまでごとに100円)では
ダブルベッドの木枠、敷き布団、パイプハンガー、アンテナ・・・400円

大畑センター(一般廃棄物 20kgまでごとに100円)では
ダブルサイズのベッドマット1個、シングルサイズのベッドマット1個・・・300円
を支払いました。

ゴミの重さの測り方は、入口で職員さんが車を誘導してくれますので所定の位置に車を停めます。
するとそこが計量機になっているので、車の重さがわかります。
そしてゴミを捨てた後、また所定の位置に車を停めます。
これで来た時と帰る時の重量の差がゴミの重さになるという訳です。

ちなみに多治見市のゴミの捨て方の詳しい資料は↓多治見市役所のホームページにあります。
「ごみとのつきあい方」
http://www.city.tajimi.gifu.jp/kankyo/gomi/tsukiai-gomi.pdf


By 大竹ママ http://ohtakemama.com


(PR)
テレビショッピングでおなじみの高性能ベッドパッドのディプスリーを父の日にいかが?
送料無料でディプスリーがお得に買えます⇒ http://shopping.ohtakemama.com/deepslee.htm

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事