(旧)多治見市 大竹ママのブログ,グルメ,旅行,役立ち情報

新ブログはhttp://blog.ohtakemama.com/です多治見市の大竹ママの食べ歩きグルメ・旅行・その他お役立ち情報

抵当権抹消の手続き

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

抵当権抹消の手続きを自分でした理由
http://blogs.yahoo.co.jp/ohtakemama/48001784.html
自分で手続きする場合の費用や時間
http://blogs.yahoo.co.jp/ohtakemama/48002972.html
登記申請で準備するものについて
http://blogs.yahoo.co.jp/ohtakemama/48004718.html

今日は登記完了証の受領について説明します。

抵当権抹消の申請書類を法務局に提出すると受領書が頂けます。

■ 登記完了証を受領できるようになる日数 ■
法務局多治見支局の場合は約2日後でした。
受領書に正確な情報が記載されていますので確認して下さい。

■ 受領にかかる所要時間 ■
混んでなければ2,3分で登記完了証を受領できます。
申請者でなく奥さんなどが取りに行く場合は受領書裏面の委任状に必要事項を記入して持参します。

■ 登記完了証を受領する為に法務局に持参するもの ■
1.提出時にもらった受領書の用紙(代理の方が受領に行く場合は裏面の委任状も記載)
2.代理の方が受領に行く場合は免許証または保険証
3.申請書の書類で使用した印鑑(法務局の受領用の帳面に受領印を押します)

以上です。

司法書士に頼らず自分で手続きをしたので約9500円分が浮きました。
時間の取れる方は、自分で手続きしてみてはいかがでしょうか?

 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



今回は、登記申請で準備するものについて説明します。

■法務局に持参するもの■

1.司法書士に頼まない場合は、銀行から抵当権抹消の為の書類がいろいろ送られてきます。その各種書類。
  抵当権解除証書の下の「物件の表示」欄が空白の場合は、
多治見市○○(←戸建て土地の番地)の土地
同所○○番の土地(←土地の地番が複数ある場合)
同所○○番地・○○番地 家屋番号○○番の建物
と記入しますが、法務局の人に教えてもらいながら、その場で書いた方が確実です。
委任状の空白欄も、法務局の人に聞きながら、その場で記入した方が確実です。

2.登記申請書(自分で作成)
    我が家が使った登記申請書を、ワードでダウンロードできるようにしました。(見本画像は記事下に有)
    法務局多治見支局へ一戸建ての抵当権抹消の手続きをする場合にご利用下さい。
    ○○のところを、ご自身の内容に変更してご使用下さい。
    抵当権抹消の登記申請書(法務局多治見支局へ提出用)
    http://chiebukuro.ohtakemama.com/toukisinseisho_tajimi.doc (Word 33.5KB)
登記申請書の様式は「抵当権抹消登記手続きを自分でするホームページ」を参考に作成させて頂きました。
ありがとうございます。他の地域の方や、マンションの方は、
  「抵当権抹消登記手続きを自分でするホームページ」の様式を参考にしてみて下さい。

3.印紙を貼る白紙の普通紙1枚

4.資格証明情報などの書類を銀行に返却しなければならない場合は、コピーを作成
  (原本と共に法務局に提出)
(法務局の近くのサークルK多治見太平町店でコピーが可能。A3白黒コピー1枚当たり10円でした。)

5.登記申請書で使った印鑑(登記申請書チェック時に訂正印として使う場合があります)

■ 法務局に行ったら(法務局多治見支局の場合) ■
1.法務局多治見支局の場合は、4番窓口の受付で住所名前等を記入し相談の順番を待ちます。
2.名前が呼ばれたら、登記申請書や、その他書類のチェックをしてもらいます。
3.OKの場合は、登記申請書と印紙を貼る白紙を左側上下2か所をホッチキス止めし、割印を押します。
4.コピー書類がある場合は、同様にホッチキス止めし、割り印を押します。
(原本を銀行に返す場合、コピーが原本と同じ内容であると認定してもらう為に、原本とコピーを一緒に法務局に提出します)
5.印紙を隣の窓口で購入して先ほどの用紙に貼り付けます。(割印はしない)
6.問題がなければ、法務局多治見支局の場合は、その書類を4番窓口に提出して帰ります。
登記完了証の受け取りは、後日になります。2日後ぐらいに、また法務局に行かなければなりません。

登記完了証の受領については、明日また説明します・・・

下記画像は、大竹ママのHPでダウンロードできる法務局多治見支局用の登記申請書の見本です。
欲しい方は↓クリックしてPCに保存して加工して下さい。
イメージ 1

 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

抵当権抹消の手続きというのは司法書士に頼む方が多いようですが自分ですることにしました。
自分でする事にした理由は前日のページにて
http://blogs.yahoo.co.jp/ohtakemama/48001784.html

自分で手続きする場合の費用は、登録免許税(印紙代)と法務局までの交通費、資格証明情報などの書類を銀行に返却しなければならない場合はコピー代です。
申請書類は、郵送でも受付てくれると思いますが、素人の方は、記入の仕方を法務局の方に教えてもらいながら提出した方が効率的です。

登録免許税(印紙代)は、我が家の場合は3000円でした。
1筆あたり1000円で計算します。
1筆の「筆」とは、住所の番地の事です。
我が家の場合は、土地が2筆で、建物が1筆なので合計3筆分となり3000円でした。

という事で、自分でやると、書類作成の時間と、法務局に行って書類チェックしてもらい提出する時間と、後日受領に行く時間がかかりますが、9500円ぐらいが浮く計算です。
私の場合は、自分で登記申請書をワードで作成し、法務局に持参しチェックをしてもらって、修正する為に一度家に戻り、訂正したものを再度提出に行きました。
という事で、朝から書類作成に取り掛かり提出までは、半日がかりでした。

法務局多治見支局の場合は、1/26(月)に提出した場合、2日後の1/28(水)午後2時以降に受領可能でした。
(行く前に、登記完了の確認を電話でした方がよいそうです)
翌日以降、3か月以内なら、8:30-17:15の間で4番窓口で受領が可能です。

受領に必要なものは
1.提出時に渡された受領証(申請書記載の申請人が来れない場合は裏面の委任状を記載)
2.申請時に利用した印鑑
3.運転免許証または健康保険証等本人確認ができる書面(忘れると受領できません)
です。
具体的な申請書類作成方法は、また明日・・・
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

住宅ローン控除期間が15年目を過ぎ終わってしまった事もあり、我が家は住宅ローンを早めに返済しました。
すると銀行から「抵当権抹消登記費用お振込手続きのご案内」という書類が届きました。
イメージ 1
見ると「登記抹消費用は12500円です」という内容が記載されています。
そして振込手数料は、お客様負担とのこと。
何でローンを返し終わったはずなのに、まだお金がかかるの?と思いました。
 
抵当権抹消とは、銀行から住宅ローンを借りる時に土地と建物が担保になっていたので、
法務局で登録免許税を支払って解除する手続きです。
この手続きは、やっておかないと相続の時に、ややこしい事になるようです。

12500円の内訳は、法務局に支払う印紙代と司法書士報酬との事でした。
12500円の出費って結構イタイですよね?
法務局は家の近くにあるし、これって自分でできないのかな?
と思い、住宅ローンを返し終わった妹にどうしたか聞いてみました。
「自分でやって間違いがあっては困るから司法書士さんに頼んだ」との事。
今度は、パート友達に聞いてみると「ダンナがやってくれたよ」との事。
そして、ネットでも調べてみました。
登記申請書という書類を作成する時間と、法務局に行く時間(提出と受領の2回)、
あとは法務局で提出時に印紙を購入すれば自分で「抵当権抹消」の手続きができるようです。
「これなら自分で出来そうだ」と思い、自分で手続きをする事にしました。
 
この続きは、また明日・・・
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事