ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

メルマ連載のため草なぎ剛さん調べてると本当すごいなと。

役者としての評価は凄すぎるよね。興行としてだけでなくね。例えばつかこうへい氏の絶賛の仕方とか尋常じゃないもの。


それ以外にも沢山の演出家、映画監督、役者さんたちが"天才"というフレーズで讃えてますよね。

物憂げというか
どこか所在がないというか
何にすごくエモーショナルなときがあるものね

守ってやりたくなるような、どこか怯えたような表情もあれば、慈愛に満ちてるときもある
でも、決して人に壁を作っているんでなくフラットなとこありますよね

不思議な人ですよね
奥行きがすごくある


全作品改めて見直さないとなと。



改めてSMAPってすごいよね。
それぞれが。



イメージ 1



DJダイノジ として出演します


イメージ 1




11/16(水) 
NHK BS 夜20時〜
ザ 少年倶楽部プレミアム

MC:NEWS  
ゲスト:TOKIO


再びの登場です!
いやー

超緊張したけど
超超超楽しかった!
NEWSサイコー!
NEWSのファンサイコー!

すごいのは
収録したものをすぐに
プレビューするんです。

あとでみんなでチェックするんですね。
NEWSのメンバーもスタッフさんも和気藹々としながら真剣な眼差しでね。

僕のウザい、よく喋るDJ、大地さんの動きにみんなで爆笑。
その感じにとってもグッときてしまいました!



改めてアイドルってすごいなと思ってね。

それがあるから生きていけるっていう人たちの支え。

その使命を全うしてる姿に何度もジーンとしたなぁ。
とにかくプロなんですよ。
仕事への姿勢が。

スタッフさんも含めてチームとして素晴らしいなと。

エンタメをやる側として学ぶものが本当多かった。


例えば、手越君の入り方っていうかな、手越君に"手越祐也"っていう概念が入ってるような入り方。
完全にスイッチが入るというかね。
色っぽい。


増田くんは艶っぽいよね。
近くで見てると男っぽい。
大地さんいるからって
リハーサルのときにとっておきのスニーカー履いてきてくれて。
2人でスニーカー談義してた。
そんときとリハーサルや本番での感じが違うんだよね。
いきなり少年が大人になったみたいな。

オモロい。

小山くん。
この人と飲みに行きたい。
好奇心が強いし、なんていうか
何面もあるなって思ったから。
いろんな側面のある人。
僕が勝手に思っただけなんだけど。
独特の柔らかさがあるからとっても大人に見えるけどね。深い人だと思う。

そして、私の映画友達
加藤シゲアキ先生。
リハーサルで大地さんとひたすら
「湯が沸くほどの熱い愛」
を勧めたのね。
ラジオでもチラッと触れたんだけど、
そんときに
あー主題歌きのこ帝国だから気になってたんですって言ってて。
そこ?って。
きのこ帝国とか好きなんやと。
なんかめっちゃいいでしょ?


加藤君はカルチャーに本当詳しくて。
喋ると本当楽しい。

それですぐに観に行ったって笑
行くところがいいんだよね。


感想は多分どこかで言ってくれるんじゃないかな。


そんなこんなで楽しい現場でした。
是非皆さん観てください。
僕たちへツッコミ入れながらね。


来年絶対ライブ行きたい!!
完全にファンだなこりゃ。


山本彩「RAINBOW」


山本彩さんの

ソロアルバム
『RAINBOW』


イメージ 2


イメージ 1



めちゃめちゃ好きですね。
アルバムとしてオススメです。


いい曲多いです。
あと曲順がいいなと。
流れがらすごくいい。
切実でね。誠実でね。
丁寧です。

亀田さん の
プロデュースがいいんですよ。

音の引き算をしっかりやってるので
歌の輪郭が際立ちます。

山本彩さんの凛としたとこが
濃くでてる。
嫌な感じでなく、この凜とした感じ、強烈な個であるのだけど、耳障りの良さはポップスなんですよね。


来年ロックフェスとか出るのどーでしょうかね。




急いで大阪から東京戻って
朝一で
「湯を沸かすほどの熱い愛」

品川で。

2016年邦画大豊作
トドメの1本との噂。
人によっては
オールタイムベスト級とか。


初日に観ておかねばと思いたち急いで劇場へ。

イメージ 2



松崎ブラザーズも中井圭さんも前のめりに大絶賛。


観た人がそれこそ湯を沸かすほどの熱量で語る作品なのだ。

とにかく最高の映画だった。


湯上りのようなポカポカした気持ちになった。
宮沢りえさん演じる主人公が格別いい。
ダメ親父演じるオダギリジョーさんも。
年末はこの2人が賞取りまくることだろうと思う。
役者さんはみんなよかったなー。

中野量太監督の演出がいい。
ウェルメイドな話しになるところ、
決してお涙ちょうだいにせず、
泣かせようとするのでなく
優しく撫で肯定していく感じがいい。



全然ピント外れかもしれないですが、僕は初期の男はつらいよ、そう、いい人じゃないときの車寅次郎のね、あの世捨てば人のときの寅さんね、あの感じがちょっとしたのね。
俺本当初期の男はつらいよが好きで。
ならず者をなんとか肯定しようとする感じ。
家族のスタイルっていろんな形がある。
いろんな形があっていいはず。

常識や通俗を飛び越えた人間讃歌にどうしようもなく泣けて泣けて仕方なかったのだ。


実はだいぶ前の方からずっと泣けて。
なんだろうなこれ。


食卓、食事のシーンがいい。
狭い世界で
抗えない現実と対面して
どうしようもない気持ちになったときも
母は食卓に料理を振る舞い、食べることを促してくれた。

それに思いを馳せる。




母性。

昔、母から生まれてきた全ての人にオススメしたい。

僕も君も優しく強い母性に
抱きしめられなんとか生きてきた。


みんな抱きしめられたいのだよ。


湯を沸かすほどの熱い愛でもくらえ





※上手く再生できない時はこちらから





2016年ベスト1
「湯を沸かすほどの熱い愛」
絶賛公開中


映画館であなたも
抱きしめられておいで!


イメージ 1


ジャイコナイト名古屋
が面白いです。



なんていうか
明るい

明るくなった

それがいいと思う。



元々は結構いたんだよね

1人辞めまた1人辞めで
ついには
何年前かな
もう忘れたなー

一人きりになったの


現在の名前は
ボブ谷ボブ彦君になった
ツチオキリト君のみになってしまって。


終わるかなって思った。
絶対絶命だものね


連絡取り合ってね。
電話で話したりして。
それでも続けるって言って。
ボブ彦は優しいからね。
辞めていったやつが
戻ってくるかもしれないって。
そこに固執してね。


イベント自体を影で悪く言うロックDJの人らもいて→元気ですかー??やってますか?



そんときは結構テンパってね。
名古屋は店じまいするかって空気になったりしてね。
でも、頑なにやり続けるって言い続けて。
いろんな人に助けてもらないながら、ちょっとずつちょっとずつね。


私、森子以外はやめた人呼び戻さなかったんだけど、やめた人何人かに手伝ってくれってお願いしてね。
まぁ勝手なこと言われたりね。
ひどく落ち込んだ。
腹の底で見とけよって思いながらね。
虎視眈眈と笑

でも、それでエンジンに火がついたからね。
逆に感謝だよね。



上向きになったのはどこかな。
ぽんずって女の子が入ったときか。

華やかになったよね。
それで
竜竜也って子が入ったときかな。

とにかく明るくて行動力があって熱くて
誰かのために生きれる子なんだ、
こいつ。

それで一気に変わったよね。
うん。
あそこかな。
最近だ。


イメージ 2

左から
竜竜也
ぽんず
ボブ彦

あと
家がクリーニング屋さんなんで
アイロンマンって名前になった
アイロンマン


スタッフも増えて。



Tシャツ作りました

僕らと同じ
BALZACのHIROSUKEさんがデザインしてくれて
しゃちほこで



イメージ 1


イメージ 4



カッコいい!
2500円です。
100人動員入ったことないのに、100枚作って。売るぞーってなってる。
常連さんも熱い人多いから楽しみ。


レディステディゴーってのは
彼らのイベントで
毎回かかる
L'Arc〜en〜Cielの
「Ready Steady Go」からなんだよね。

ハーヤークー
って書いたタオル作ろうかって話も。

ノリで言ってるけど、それそのまま作るのが一番だと思う。
その雰囲気が伝わるからね。
イベントってワクワクしたりドキドキしたりしたらそれそのまま伝わるからね。

 

だから明るくなきゃダメなんだと思う。自分は本当はこんなやつとか自分さがしばかりやってみるよりね、いろんな自分をやればいいだけで、打ち合わせのときはノリノリでやればいい。

明るいって才能なんだと思う。

面白い話をしなくちゃって脅迫観念持って生きるより、よく笑うくらいでトークっていいんだと思うよ。

おもろいかおもろくないかの仕分けやるよりね。

それが損得あるかどうかとか考えるより
面白そうって思う奴のほうが面白かったりするもの。誰よりみんなが変わる。

面白くしていくっていう感じね。
発見していくってのが一番しっくりくるかな。

ホームレス小谷なんか
本当そういうやつで。
すぐおもろいって言うんだよね。
そっからおもろいとこ探すくらいのね。

僕らもめちゃめちゃ影響受けた。

今のジャイコナイト名古屋はそういう雰囲気あるよね。



DJダイノジのパフォーマーやったり、DJやったりしてる森森子も、
名古屋の楽しさに
兼任を申し出てきて。

ジャイコナイト名古屋入りですよ。

イメージ 5


イメージ 3





いい刺激をもらってる。
森子は
この名古屋の空気感から感じたりしてるんじゃないかな。

元々引きこもりだから。
現場で感じること、変化すること、体感してきたからわかるんじゃないですかね。



ジャイコナイト名古屋には
センスがどーだとか
そういうの求めない。
行けば元気になるとかで
いいと思うもの笑
パワースポットみたいな。
で、行ってみたら音楽が大好きになって帰っていくみたいな。

まずは来てみて!
行動してみてっていう。
だから公演もすぐにやる。
やりたいと思ったらすぐやる。
熱あるうちに。
まさにレディステディゴーだねー




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事