ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全1282ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

原辰徳さんの顔の素晴らしいこと素晴らしいこと

イメージ 1

画の力ね
これよ

イメージ 4

わざとでしょ!
原辰徳のモノマネするひとだもん
この表情

イメージ 2

眼がらやっぱ半端ないよね。

イメージ 3



バリエーションの多さも。





イメージ 1



2人はアイドルなの
俺にとって

極私的落合博満論やるには
原辰徳についても語らなきゃなんです


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5




2017年2月28日火曜日
【原宿】

ダイノジ大谷プロ野球トークライブ「原辰徳と落合博満」

●会場:
ラスタ原宿

●時間:
OPEN 18:30
START 19:00
(21:00終了予定)

●出演:
ダイノジ大谷
マシンガンズ滝沢
火災報知器小林



●チケット:
前売2000円
当日2300円
(1ドリンク代別)

※出演者や内容は都合により変更となる場合があります
あらかじめご了承下さい
※ご質問等はメール予約先へお気軽にご連絡ください

【チケットメール予約先】
lasta.harajuku@gmail.com

もしくは

sasuke.yoyaku@gmail.com

件名に「2/28原と落合」
本文に「名前・枚数」を記入して送信して下さい

※当日受付でお名前を告げると前売料金でご入場頂けます

----------------------------------
【会場アクセス】
ラスタ原宿
東京都渋谷区神宮前1-8-25 2F
(ComCrepe2階)

最高楽しみ
これヤバイです

ヤバイと言えば
中日森監督の私服も

イメージ 6


イメージ 7

Vシネですわ

中日の選手全員
この髪型でこのサングラスをグッズで販売して欲しいなー

逃げ恥最高!!!!

逃げ恥最高。
キャラクターも最高。
何より脚本が最高。

伏線の回収も本当抜群。
ガッキー可愛すぎ。


イメージ 2


イメージ 1



主題歌最高。
星野源最高!



※上手く再生できない時はこちらから


このドラマの2人は
この歌が似合う2人になるんじゃないかなー



熱いお茶に饅頭用意して、食べるのも飲むのも時々忘れてしまうほど没頭しつつページをめくる。


イメージ 1




面白い。
本当全うに面白いのさ。



イノベーターの話でもクリエーターの話でもビジネスマンの話でもある。


男たちの闘いの話でもある。

だからかな。
2016年に読むにふさわしい
歴史小説やなと。


「江戸を造った男」

伊東潤著

「戦争と一人の女」
坂口安吾原作
近藤ようこ漫画


イメージ 1





多面性とか多様性とかは
文学や漫画にたっぷり
詰まっておりますね

随分前から

だから
やっぱり好きなんですね
心底
岡崎京子さんとか
山上たつひこさんの「光る風」とかさ。あれも戦争があった時の話でね。

「この世界の片隅に」もそうだよね。
ただ、あまり戦争ものとは言いたくないんですね。

僕は山田風太郎先生の
戦争のときの日記がどうにもこうにも好きでね。





要はさ、
普通なんだよね、
とっても。
全うに覚めててね。
山田風太郎先生のユーモアってそういうこのとなんだなと。



戦争って多面性ね。
それだけがさ、
その大喜利力がさ、
戦争への批評であり
抵抗でねぇかなと。


絵もすごく素敵でしたね。これ。
近藤さん
素敵です。とっても。




坂口安吾の「堕落論」
って本当衝撃でしてすごく好きでしたね。
その昔ね。
純文学の中でもかなり影響受けました。


衝撃でしたね。
こんなんアリなんやっていう考え方。それがとても平和的じゃない。実は。


また思い出したこの感じ。

この主人公の女の不謹慎な考え方がとても健康的で好きだ。

どうしようもないよ、女も男も。

文学って正義を描かないから好きなんだなって。
説教の真逆。

どーしようもない。
だからいい。


それでも生きていくとはさ。

美しいじゃない。
それが一番。


全1282ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事