英国・米国医薬品情報研修紀行

国家資格ゲッター (国家資格101種制覇)。予備3等陸佐。本職は某大学薬学部の教員。07年に英・米に滞在。

全体表示

[ リスト ]

アロマテラピー(?)

エッセンシャルオイル


イメージ 1


勤務先で使用しているエッセンシャルオイルたち。

シダーウッド、ラベンダー、カヤプテ、ブラッドオレンジ、ライム、ティートリー、ゲラニウム、ペパーミント

といったあたり。

梅雨時の好みは、ティートリー+ライムのブレンド(これはオリジナル)です。


イメージ 2

↑こんなかんじで、オフィスの隅のアロマランプから、ときどきディフューズしてます。
普通は数滴使用。でも、ゲラニウムは匂い強度が強いので、一滴でも十分です。


何かに効くの?


アロマテラピーに関しては、今のところ科学的根拠は確立していないです(と認識しています)。
(すなわち、科学的には「効かない」ではなく「効くか効かないか、まだ判断できない」です。)

薬学者としては、少なくとも薬のような効果を期待するものではないと思っています。

以前は、NIH の Medline plus にある Herbs and Supplements の項目で、ラベンダーによるアロマテラピーはエビデンスB(科学的根拠あり)に分類されていたと記憶しているのですが、最近閲覧したらエビデンスC(科学的根拠は不十分)になってました。

ま、そんな理屈は抜きにして、個人的には香りを嗅ぐと気分転換になったり、リラックス感が得られるので、使っています。

ティートリーとかは、キャリアオイルに混ぜて塗ると抗菌効果があるとの話もありますが、これもエビデンスに関しては不十分みたいですね。

薬学的にきちんと研究してみても面白いとは思うけどなぁ。少し研究してみるかな!?


所持しているアロマ関連 (?) 資格


薬剤師・博士(薬学)・・・・きちんと「療法」としての科学的側面を評価できます。
臭気判定士(試験合格のみ)…臭気に関する科学的知識が得られます。
アロマテラピー検定1級・・・これは民間資格なので、ちょっとね〜。
              科学的根拠のないことも勉強をさせられます。(ちょっとイヤ)
              内容も浅薄ですが、ファッション感覚の試験としてはこの程度かと。。。
(あ、日本アロマ環境協会の顧問には共同研究先の偉い先生もいたっけ。。あんまり悪口言わんとこ〜。。。)






当ブログは、にほんブログ村 趣味目的 ブログランキング に参加しています。
是非、他の資格ゲッターの奮闘ぶり↑  ↑もご覧下さい。

この記事に

閉じる コメント(2)

アバター

リラックス効果はあると思いますよ。
科学的に実証するのが難しいだけで。科学的に調べる場合は、例えば、プラセボ群をどうするか、なんていう問題がありますね。

2010/6/18(金) 午後 7:33 [ 「ひ」 ] 返信する

アバター

いや、プラセボがプラセボにならないんじゃないかと。。。

何をプラセボに使ったらいいんでしょう。。。。
無臭のもの??アクティブプラセボとの比較??

2010/6/19(土) 午後 3:33 [ 「ひ」 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事