翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

相場の面白いところ

株価が上がると買えない者がほとんどである。

すでに上がりすぎたとご高説を述べて、見送ったことの判断を正当化し、高値掴みしたものを嘲る。

私はそればかりをやっているので大馬鹿者ということになる(笑)

さぞかし大損しているのではないかと思われる。

ところが結果は反対になる。

ここが相場の面白いところである。

相場を張るときに多くの投資家たちがどうしても上手くやろうとしてしまう。

いや人間だから上手くやりたいと思う気持ちは分からないでもないのだが、それは躊躇や逃す決断となりやすい。


私などは高値掴みばかりだから逆に押し目を上手く狙って拾おうとする多くの投資家たちにとっては下手くそに感じることになる。


しかしここで大事な点は、いつもいつも高値掴みになるとは限らないということである(笑)

実際は少数ながら高値掴みと思ったその瞬間はまだまだ大相場の初動に過ぎず、上手く手仕舞ったと一時ほくそ笑んでいた上手いはずの投資家たちの後悔と今更行ったらもっと高値掴みになってしまうという二重の躊躇によって仕掛けることが出来ずに、私のような少数者だけが圧倒的大利を掴む取引を作り出してしまうことになるのである。

ここで間違ってはいけないのはだから私のやり方が最高だと言っているのではなく、私が最高の相場師であると言っているわけではないということである(笑)

私は何度も繰り返しているように凡人相場師である。

しかしいくら凡人でも100%高値掴みにしていくことは至難の技なのである。

どうやっても確実に何倍にも短期で跳ね上がっていってしまう取引に出会ってしまい、そこで多くの高値つかみをしてしまった失敗取引の損失を大きく埋めて余りある利益が出てしまうのである。

上手く押し目を狙っている多くの者たちがコツコツと利益を重ねている中、コツコツと小損を重ねていくことを甘んじて享受した結果出る産物である。

上手くやろうとしている人間は圧倒的相場で間違いなく出遅れるし、進めない。

そういう思考回路に染まってしまっているからである。

それが駄目なのではなく、そこは捨てなければならないのである。

その代わりこつこつと利益を積み重ねていく、失敗の少ない取引が出来続けるわけである。


一方で私は圧倒的相場で間違いなく圧倒的利益を掴むことが出来続ける代わりに、こつこつと損失を積み重ねていく、失敗ばかりの取引を忍耐強く継続していくことを強いられるわけである。


私はこの事実を知っているので、相場を張る上で上手くやろうとする必要性は全くないと認識している。

上手くやろうとする思考そのものがむしろ相場を張ることを窮屈にしていくと考えている。

相場は本当に面白いものである(笑)


この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

成程感謝。

2017/5/18(木) 午前 7:54 [ sun*a*o ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事