翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

決めたことを全取引で守り続けるということは至難の業だ。

利益を出していればその利益額以上のものをさらに出したくなって余計な取引、過剰な取引を犯す。

損失を出していればそれを取り戻そうとして、さらに損失を拡大させてしまう。

こうしていこうと一度決めても、それを生涯淡々と継続できる投資家はほとんどいないのである。

それは総じて投資家の心の問題であり、常に誘惑するものが巷に満ちあふれており、余計な過剰な間違った取引を犯すのを待っている。

相場の素人評論家先生の出演番組での発言から、カリスマトレーダーのツイッターでのつぶやきまで、すべてが有害情報であり、見てはならないと私が述べるのは総じてあなたが余計な取引を犯してしまうことを阻止したいがためである。

自分の間違いを認めず、自分の正しさの証明の補強にこれらを使ってしまう投資家のなんと多いことか(笑)

誰彼が仕掛けるべきだと述べたから仕掛けるだとか、手仕舞うべきだと述べたから手仕舞うだとか、そういうものを一端頭に入れてしまうと、それが離れられなくなる。

するとそこに固執する投資家が生じ、相場がそうではないという現実を見せつけても納得せず、理解せず、見切る決断を遅らせてしまうのである。

どうであれ含み損拡大していくなら問答無用で見切るべきなのである。

本来やり続けるべきはこれだけである。

これだけなのである(笑)

見るべきは相場であって、相場に対しての誰彼の考えではない。

あなた自身の考えでもない。

相場がどう訴えているのかをきちんと見極めてそこに素直に従い続ける姿勢が最も大事なのである。

しかしちょっと上手く行っていると、成功体験を積み重ねていくと、我こそ天才相場師であるかのごとくに能書きを垂れ、相場解説を始めてしまう。

それはかなり危険な状況にあると認識しなければならないだろう。

どれほどそれまで着実な利益を積み重ねていても、たった一度の拘った取引の不始末によってそれまでのすべての利益を吐き出すことも十分可能なのが相場なのである。

特定銘柄に拘るな、特定取引に拘るならと口を酸っぱくして私が繰り返すのも、巷にはその手の情報ばかりだからである。

それで飯を食っている汚い連中が無数にいるのである(笑)

そういうものに一切惑わされることなく、我が道を行くことこそが、投資家として成功し続けるための唯一の道なのだが、そのことを知り、腹の底で理解できるようになるためには大抵数年以上かかってしまうのである。

そしてそこからさらに一取引たりとも拘ることなく全取引で淡々と売買を繰り返せるようになるにはさらに数年かかるのが普通である。

機械であれば絶対に間違いない反復行動が、人間は最も苦手とすることである。

飽きる気持ちや、もっと他によい考えがあるのではないだろうかと移り気になったり、もっと利益を出したい、損失を出したくないという欲望も頻繁に感じ、値動きを見ては感情の起伏を生じさせて不適切な売買を犯す。

やるべきことは最初に述べたとおりで簡単なのだ。

しかしそれを実践継続していくことが難しい。

忘れないでほしい。

今自分が上手くいっていようが上手く行ってなかろうが、大利を出した後だろうが、大損した後だろうが、何も関係なく、次の取引を適切に行うべく淡々と実践しなければならないのである。

これを、これだけを心に留めて、今日も相場を張ってほしい(笑)


この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

やってみます。

2017/7/31(月) 午前 8:08 [ optionsaikou ] 返信する

顔アイコン

同じ事を何年も繰り返し書いてくださる翁様に感謝。

2017/7/31(月) 午後 7:24 [ shingo ] 返信する

顔アイコン

拝読、成程、感謝。

2017/8/2(水) 午前 8:02 [ sun*a*o ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事