翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

即断即決

基本的に一相場、1,2ヶ月継続するものは多く出る。

それが大抵はただいま注目を浴びている銘柄ということになり、その方向性に素直に従い続ければよいのである。

どんな銘柄が良いのか?

ということは些末なことでどんな銘柄だろうとも注目を浴びれば大相場を演じる。

1,2ヶ月で何倍にもなることも現在のような相場環境においては大いにあり続けているのである。

どんな銘柄が良いのかということに熱中してしまう投資家というのは常にそれだけを手がけたい、そういうものだけを投資したいという傲慢な思考でいるのである。

そこに対してはあのバフェットでさえ、今もきちんと損切りしているという事実を提示すれば良いだろう。

自分の過ちを素直に認めて見切れる実践ができるということが成功のための大切な資質なのである。

私はチャートを見て判断する相場師だから業績とか将来性とかを見て投資判断する投資家とは違うだろうと述べる方もおられるのだが、どういう投資判断であれ、見るものが財務諸表であれ、企業価値であれ、チャートであれ、結局自分が仕掛けてから含み益となりそれが出来うる限り短期で拡大していくものを手がけていることが最も最大限の収益を得る唯一の事象なのであるということを否定できる人はこの世に一人もいないであろう(笑)

そのアプローチとしてはチャートが最も高確率だと私は考えているのでそれだけを私は見て判断する。

その判断は即断即決で迷いはない。

もちろん見切る準備もできているし、自分勝手に行き過ぎだとか割高だとか割安だとかいう違った判断材料は何も入れない。

あくまでチャートを見た上での判断のみである。

そこに集中しているともちろん見切る取引ばかりではあるが、最初に述べた大相場を短期で演じるいくつかのものを手に入れることが出来、それがほぼすべての総合利益額を占めることになるのである。


私のやり方が良い悪いと優劣を述べているのではない。

やり方など百人百様であり、どうでもいい話だ。

大事なことは即断即決できるということである。

その先にしか長期的安定的資産増殖への道は残念ながらないのである(笑)


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事