翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

私の基本思考

私の基本思考は簡単である。

上がるものを買い、下がるものを空売るだけである(笑)

これを数十年一貫して継続してきたに過ぎない。

いつもの言葉だが、しかしこの単純な一言の中に深淵な真理が含まれている。

従って実際これを私が述べた真意をきちんと理解できる投資家は数少ない。

理解したつもり、誤って解する、馬鹿にする、このくらいのことしか出来ない。


しかしまあ確かに単純化しすぎてむしろ難しいということもあるだろう。

だからもう少し詳しく述べてみよう。


私はまず上がるものを買い、下がるものを空売る。

これはまあ言われたとおりにやること自体は誰でも出来る。

精神的に継続できるかどうかは分からないが、文字通りの実践であり小学生でも普通に可能だ。

そしてさらに私は上がり続けるものを買い続け、下がり続けるものを空売り続ける。

これは多くのトレーダー達はできない。

大概、この辺が限界だろうと自分勝手に見なしてもしくは賢くテクニカル分析したということで、利益確定してしまうのである。

もちろん利益確定が悪いわけではなく、それを細かく積み重ねるやり方もあるから否定はしない。

私はそうしないというだけの話だ(笑)


そして圧倒的強いものに、圧倒的に弱いものに徹底的に拘る。

拘るとはつまり保有し続けるということである。

これが出来る投資家はほとんどいない。

大概は途上で何らかの理由付けをして手仕舞ってしまうのである。

これもまたそれがいけないというのではなく、それを基本思考にしていると圧倒的大利を得ることはないというだけの話である。


最後に徹底的に拘ったそれらも拘らない(笑)

拘らないとは手仕舞うべき瞬間に確実に拘らずに手仕舞うということである。

ここが長期投資家と私を分ける部分であろう。

運良く長期投資家も長期的に上昇する圧倒的銘柄に出会うことはあるが、この手の人たちは株価が急反落してもトレンドが崩れても手仕舞うことは出来ない。

なぜなら長期投資家だからだ。

長期とは何年なのか決まっていないからだ(笑)

利益に拘っているのではなく銘柄に拘っている投資家は幸運以外で成功はない。

もちろん本人は幸運ではなく、確かな企業価値分析であるとするだろうが、この手の人たちは取引の標本数が圧倒的に少ない方々がほとんどなので、それを証明する検証は至極困難となる。


私の基本思考はつまりトレンドに従うということである。

結局そこに立ち戻るだけの話で、実際それで十分長期的安定的資産増殖が可能なのである。

それを可能にしないのはすべて投資家の心の問題である。

こちらもまた相も変わらず変わらぬ真理である(笑)

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

何時も参考にブログを見せさせて頂いています、ただ具体的に何の株をどうして行ったのか具体的な売買の仕方を過去の事例でもよいから示して頂ければなるほどと理解できます。やって見せて、見せてやって初めて凡人は理解します。

2017/9/29(金) 午前 6:44 [ 北海道新幹線 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事