翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

他人の意見

他人は意外と他人の意見を理解していない(笑)

このことは理解しておく必要があるだろう。

もちろん私も含めてである(笑)

自分の意見というものは持つ。

同感だ反対だというものも持つ。

だがそういう他人の意見の本質的なものまできちんと理解して解釈できる人間は数少ない。

その現実が誤解を生み、対立を生んでいくのであろう。

しかし誤解や対立を解消するためには意見を述べ続けるしかない。

手を変え品を変え、様々な角度から言葉を選んで述べていくことによって少しずつ他人の意見への理解が進んでいくのである。


巷ではどうしても言葉尻を捉えた短絡的な批判が渦巻く。

述べた言葉に対してその述べたい本質を掴み取るために時間を与えることなく即断的に論破していくことが好まれている。

ツイッターなどでは実際今日もその手のものが行われており、相場においてももう見るに堪えない惨状である(笑)

実名でも匿名でも関係なくそういうことをする人はするししない人はしないという意味で、やはり道具そのものに罪はなく、それを使う人間の問題であることが相変わらずであるということが改めて証明されている。


私はインターネット上でいわゆる議論というものはしない。

まず何よりその相手と会ったこともない人に対して語る言葉の真意が想像できないからである。

普通は対面して話し、その人の語る言葉のみならず、表情、しぐさ、オーラ等も加味して吟味するし、その人自身の背景、これまでの関係性の経験なども含んだ上で語る言葉を解釈しようと努める。

それでも誤解を生むこともあるのにインターネット上でその人の語る文字だけで手前勝手に解釈してその言葉の本質を曲解したままに反論やら批判をするのはやはり避けるべきであろうという考えを私個人は持っている。

従って私がそういうことをやることはまずないだろう(笑)

もちろんやっている人たちを非難するわけではない。

いずれにせよやりたい人はやってしまうからだ。

そういったことによって憂さ晴らしとなったり、ストレス解消になるといった人も少なからずいるのである。

それはまあ犯罪レベルでない限りにおいては社会的に容認すべきことであり、実際容認されるのであろう。


他人の意見はその語る言葉だけで正確に理解することはなかなかに困難である。

この認識は必要だろう(笑)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事