翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

まさか天下のヤフーがブログサービスを止めてしまうことになるとは思いませんでした(笑)

しかも過去の投稿すべてを消してしまうということのようです。

私だけでなく多くの分野においてブログを懇々と書きためてきた人たちからすると非常に残念な気持ちになりますね。

私自身もたいした内容ではなく反復ばかりであり、基本的には公開日記として自分自身の思考や成長のために書きためてきた側面が強い自分勝手なものとはいえ、10年を超えて日々更新し続けてきており、それを一夜にしてすべて抹消されてしまうというのは暗澹たる気持ちになります。

会社が無くなるわけではないのですからサービスは終了しても記事は削除することなくインターネット上に残し続けるくらいのことは続けるといったサービス提供者としての利用者の気持ちへの配慮というものを示してほしかったものです。

しかしまあ冷酷に損切りしてしまうということなのでしょう(笑)

ヤフーならこれから100年と続いていく会社である可能性は高く、今日でも膨大な利益をたたき出している優良企業であったために私もヤフーブログを選択してコツコツと文章を挙げてきたのですが、ブログサービスとしては競合他社に敗れて採算が合わなくなったのが成長がなくなったのかということなのでしょうね。

ビジネス的に見れば大正解なのでしょうが、ブログというものはそれぞれの個人が曲がりなりにも労力を費やして書いているものであり、ある程度の愛着を持ち続けて、過去の文章を読み返して懐かしんだりもするものであり、コメントなども頂いたりしてそれがどのようなもの、賛同から反論、異論、誹謗中傷の類いであったとしても(笑)どうであれ私が書いた文章に対して誰かが何かを残そうという動機が生じてコメントしてもらったわけであり、私は広告宣伝連続投稿を除いてどんなものも一つも私から削除したことはありませんでしたが、ヤフーは平気でそれを一夜にして永遠に抹消してしまうということのようです。

これを良い機会に私自身ブログから完全に撤退し相場を張るというまさに人生を賭けて行い続けてきた仕事に集中するのも良いのでしょう。

なんというか相場で大損するよりも気持ちが落ち込んでいます(笑)

自身で相場の真理を啓蒙してみたいという想いで培ってきたものがすべて失われてしまうというのは相場を張って全資産を失ったような気分になります。

人間心理としてはこの私自身の心理は分析するに足る面白いものでありますが、要するに何らかの執着、愛着が芽生えていたということなのでしょうね。

相場においてはそういうものは一切持ち込んではならず、持ち込むことは全くないですが、人生においてはそういったものも大事となり、私にとってはこのブログはいつのまにかそういうものの一つになってしまったということを私自身の心理状態によって証明されたというところでしょう。


ブログを続けたればさっさと移行しろということになりました(笑)

しかしコメント等は移行できなかったり、上手く分類されなかったりといろいろと煩雑な事象が生じるようです。

そして何より大事なことは移行したところでまた再び同じような事態に陥るリスクは消えないということですね(笑)

移行先事業者が突然ヤフーブログと同じようにサービス停止をしたらまた移行しなければならなくなります。

そしてそこで書かれた文章はすべて抹消されてしまいます。

私自身後どれほど生きられるか分からぬ身であるためまた同じ目に遭う確率は低いかもしれませんが、そういったリスク認識をするとそれを避ける方策があればそれを採用したいと考えるのが当然であり、それが過ちを繰り返さない人間の成長というものでしょう。

無料サービスだからこそのことなのか有料サービスでならこういった事態を招くことは皆無となるのか、有料だと自分の死後お金を支払えなくなった時に記事はすべて抹消されてしまうのではないだろうかと思うので無料サービスならサービス事業者が継続する限り残されていくのではないかと見て無料サービスを利用していたのですが、まあゼロにすることは不可能にせよリスクが最も低い選択肢はないものかよく調べて考えた上でインターネットに詳しくない私でも可能な簡単なことであるなら挑戦してみてもよいのかもしれません。

サービス事業者の財務、業績よりもそのサービスに賭ける想いの方が大事ということを今回のヤフーの対応によって学んだところですからこの観点から移行先を考えるのが吉かなと愚考しております。


相場に関しては圧倒的自信はあり結果も出し続けることができますが、それ以外のことに関しては私もまた一人の弱者に過ぎずこんなことに見舞われてしまいます(笑)

いやはや愚痴ばかりですみません。

相場師も同様ですが、何十年も継続できるということを成し遂げられる人も会社もサービスも極々少数派ですねえ(微笑)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

翁様、お早うございます。初めまして。

数年前に翁様のこのブログに出逢い、
毎朝拝読させていただくのをとても楽しみにしておりました。

銘柄選択ではなく、相場の値動きに自らの心を寄せていくというやり方と、
それを実践継続できていらっしゃる翁様に尊敬の念を抱いております。

この度のYahooの「損切」によって、
翁様のメッセージに触れられなくなるのはとても残念です。

ぜひとも新しく、さらに一層本格的に活動を始められることを、
弱輩者ながらお願いさせていただきます。

一企業の提供するサービスには今回のようなことが少なからず発生して
しまいますから、すべて自前でされることをお勧めします。

大変失礼な言い方をしてしまいますが、
インターネット上に永遠に残す「遺言」のような形で、
翁様がお亡くなりになった後でも(失礼な表現をお許しください)
未来の投資家たちの支えとなっていただければと思います。

(つづく)

2019/5/12(日) 午前 8:01 [ tom*aki*a*aya20*0 ] 返信する

顔アイコン

(つづき)

そのくらい、翁様が培ってこられた投資の心構えと実践力は
投資によって幸せを掴みとろうとする者たちにとって、
大きな価値があるものだと思っております。

これを機会に、「継続するしない」という気持ちではなく、
これまでのものをさらに一層大きく越えるものとして、
新規に、本格的に開始されることをぜひお願いいたします。

もしも翁様がさらに本格的にインターネットでの発信を望まれる
ようでしたら、僕が喜んでお手伝いいたします。

どうせ自分の仕事につなげようとしているんだろうなどと
思われてしまうのも悲しいですので、
なるべくこのようなことは書きたくはないのですが、
今回の翁様の断筆の可能性を、僕は本気で心配しておりますので、
僕自身のことを書かせていただきます。

(つづく)

2019/5/12(日) 午前 8:02 [ tom*aki*a*aya20*0 ] 返信する

顔アイコン

(つづき)

僕は作曲家を職業としており、
音楽と動画を制作する会社の代表をしております。

もしも僕にお力になれることがございましたら、
ぜひご連絡をいただければ幸いです。

また、僕の力に頼らずとも、自前でブログを運営する方法は、
調べればすぐに分かりますので、ご自身でなさるのも良いと思います。

長々と書いてしまいましたが、簡潔に言いますと、
翁様、ブログ活動を止めたりせずに、
これからも引き続き情報発信を続けてくださいということです。

まわりくどくてすみません(笑)。

株式会社サウンドジュエルデザイナーズ
代表取締役/作曲家 山谷知明
http://soundjewel.symphie.jp
soundjewel@symphie.jp
045-509-1162

2019/5/12(日) 午前 8:04 [ tom*aki*a*aya20*0 ] 返信する

顔アイコン

いつも貴重な投稿を読ませていただいてありがとうございます。

相場で何度も心が折れそうになった時、師匠のブログを何度も読み返して救われたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

師匠のブログが読み返せなくなってしまうリスクを考慮し、前々から今日までのブログをファイルとしてバックアップさせていただきした。

PCに保存した投稿のファイル総数が3861日分もあったので、これだけ継続なされている師匠に対してますます尊敬の念が深まりました。

益々のご活躍をお祈りいたします。

2019/5/12(日) 午前 10:09 [ hos*i*momoz*ro*0414 ] 返信する

翁殿に感謝。ブログ記事は保存しました。まだまだヒヨッコですが、頑張ります!

2019/5/12(日) 午後 9:34 [ yan***** ] 返信する

顔アイコン

このツールを使えば、すべて丸ごとオフラインにバックアップできます。私はすでにやらせていただきました^^
ただし、かなり時間がかかります^^; 確か30時間以上かかったと思います。
https://matchansk.sakura.ne.jp/MakeHPCrohn/

2019/5/13(月) 午前 2:50 [ tser680 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事