翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

戦争するしかない

最近は頭のおかしな右寄りが増えてきて困る(笑)

私のような右寄りでさえ戦争礼賛主義者だと思われるくらいだから政治家がこういう発言をすれば批判されて当然となる。

そしてこのことに関して私は同意はしない。

領土を得るためには戦争するしかない。

このこと自体は間違ってはいない(笑)

しかしこの言葉が間違っているのは副詞が抜けているということである。


正しくは以下のようになる。

領土を得るためには最終的には戦争するしかない。

この最終的にはという点が大事だ。

悲惨な世界大戦が起こった時代も、現代においても局地的に起き続けている戦争も、最初からそれを始めたわけではない。

戦争に至るまでに長い年月を経て多くの交渉を積み重ねてきた上で互いに譲ることができずにやむを得ず最終手段として戦争を起こしているということである。


この政治家の発言がお粗末なのはその課程をすべてすっ飛ばした発言に聞こえてしまうからである。

そもそも論として右寄りだからといって戦争礼賛ではない。

戦争行為などという事態には出来うる限りしないようにするなどという大前提は当然であるというのは左寄りな方々と変わらない。

問題は日本にいる多くの左寄りな方々は戦争絶対反対といった感情論で戦争の可能性さえも排除しようとする非現実的なことを述べるから私は賛同できない意見を異にすると述べざるを得ないというだけの話である。

右寄りは最終手段としての戦争行為というものもしなければならない事態を覚悟した上で、なるべくそういう事態にならないように粘り強く交渉を重ねることが大事だという立場であるということである。

戦争礼賛主義ではないが、戦争絶対排除主義でもないということである。

どんな交渉事も覚悟なき人物、国が行えば国益を損なうだけなのである。

トランプ大統領が世界最強の国家というものを背景にして様々なブラフや悪くいえば脅しを各国にかけているのは米国ファースト、米国民を利するための方策を講じているという当たり前の論理に過ぎない。

それが行き過ぎて傲慢となれば最終手段としての戦争ということにもなり、その点においては米国は過去何度も強者の驕りである戦争を辞さない国家であり続けてきた。


ロシアは確かに歴史的に酷い国である。

共産主義が酷いというよりも政治的な民族性というものに卑劣なものがある。

北方領土に関してはどう見ても国際法違反の侵略行為を、しかも互いに戦うのではなく一方的な行動によって収奪したことは歴史的に明らかな話である。

しかしそういった国と対峙し北方領土を取り戻すには戦争するしかないとしたり顔で述べることは堅く戒めねばならないだろう。

何故なら現代日本にそれが出来る法も能力も覚悟もないからである(笑)


戦後おかしな絶対平和主義の左寄りな方々が増え、大衆迎合の政治家の多くがそこに寄り添っていたが、最近は逆に愛国無罪の右寄りな方々が増えてきて、これまた大衆迎合の政治家が少なからず今回のような短絡的な発言をするようになってしまっている。

一般人が酒席の場で述べる分には問題ないのだが政治家は酒席の場でも絶対に述べてはいけない発言である。

代々平和交渉をし続けてきた多くの者たちへの冒涜であり、その関係性を破壊してしまう言動となる。

基本的にはこの政治家は辞職すべきであろう。

国益を圧倒的に損なう発言をしてしまったのだから。

政治家は言葉を選んで発言できなければならない。

なんというか曖昧な訳のわからぬ発言になりやすいのはむしろきちんと気をつけて発言しているということである(笑)

特に外交に関する発言は注意するのが基本的な当たり前の話である。


戦争するしかない。

左寄りな方々が罵倒するのは当然としても右寄りな私でもなんという国益を損なう大失態を犯したのかと怒りを禁じ得ない。

これで辞職しないなら政治家などいない方がましである(笑)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事