翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

全体表示

[ リスト ]

捨てよ

相場で成功し続けるためにはどうしたらよいか?

といった質問に答えるときに大抵の人たちは知識を得なければならないだとか経験を積まねばならないだとか、研鑽をしなければならないだとかいうことを言う。

しかし本質はそこにはない。

いかに捨てるかというところに本質がある。


日経新聞を捨てよ。

四季報を捨てよ。

カリスマ投資家の参考銘柄を捨てよ。

カリスマトレーダーの売買法を捨てよ。

株本を捨てよ。

株式セミナーチケットを捨てよ。

相場情報なるあらゆるものを捨て去っていくことである(笑)

この時点で完遂できない投資家がほとんどである。

彼ら彼女らの言い訳は以下のようである。

何もわからない状態で上手くゆくわけがない。

何も参考にせずに成功できるわけがない。


そして今日も相場情報なるものを得るために上記したもののどれか、いくつか、すべてを一生懸命に相場の成功法則を探し求めて飛びつき続ける。

しかし市場というものはこういったものたちに関心はない。

ただ株価を上げるか下げるかするだけなのである(笑)

従ってたくさんの情報を捨てずに取っておく人よりもすべてを捨て去ってしまった人の方がそういった市場の考えに素直に従いやすくなるのである。

何故なら判断指標がそこしかなくなるからである。

この相場の真理をぜひとも理解してほしいのである。


私自身何十年も相場を張り続けてきた。

もちろん買ってほったらかし続ける投資ではなく、日々売買を繰り返しながらポジションを適切に保ち続ける調整をし続けてきた。

日々株価は上下する。

その市場の考えを察し続けて素直にそこに反応して対処し続けてきた。

当然ながら気まぐれに動くこともあるし、同じ方向性に長期間維持し続けることもあるし、そのパターンは一様ではない。

従って私自身が素直に反応しようと思って行動した判断が間違うことは日常茶飯事となる。

しかしそこで落胆も怒りも感じることなく過ちを認めて改めて仕切り直すことを何万回と繰り返してきた。

それが出来たのは総じてすべて捨て去ったからである。

日経新聞など参考にもしていない。

日経良く読むとますます投資判断が不適切かつ遅速となる(笑)

四季報など相場素人たちのお遊戯分析である(笑)

カリスマ投資家の参考銘柄など興味がない。

何故なら自分で一から銘柄を選ぶのが醍醐味だからだ。

カリスマトレーダーの売買法など興味がない。

何故なら自分の売買を他人任せになど出来るわけがないからだ。

株本には白紙以上のものは書かれていない(笑)

株式セミナーなど開催している暇のある相場を張ることに集中している相場師はいない。

私にとって必要なことはただ私自身が適切に相場を張り続けるすべて捨て去った素直な真っ新な精神で相場に今日も対しているかどうかなのである。

それを果たすためには総じて邪魔ものばかりなのである。


捨てよ。

とにもかくにもまずは捨ててみよ。

最初は何か不安に感じるかもしれない。

しかし一歩踏み出して何も持たぬままに相場を張ってみたときに、市場の考えに素直に従う自分がいることに気づくだろう。

あなたの仕掛けるその銘柄にどんな情報があるのか誰が取り上げていたのかどこに書かれていたのか何も知らないのだからその値動きに注視して動き出すしかないのである。

そしてその値動きに注視して手仕舞うしかないのである。

どんな希望も期待もこだわりもすべてを捨て去っているあなたには持ちようがないのである(笑)

閉じる コメント(2)

アバター

同感

安ければかい、高ければ売り

2019/5/16(木) 午前 7:14 [ 渡辺麻友のカルテ ] 返信する

顔アイコン

捨てるだけでなく死を意識する行為も必須かと! 趣味を捨てる・最寄り駅に行くことすら捨てる・家から出ることすら捨てる・高級外車を買ったり不動産投資などを捨てる・・・・・そして_誕度がつく⊇蘰阿鬚箸蕕┐覘2診も寝ずにリスクリワードと資金管理とINとOUTOバランスを模索する。って感じですかね。

2019/5/16(木) 午後 8:49 [ x80salt ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事