翁の相場道

日々淡々と市場の考えを見つめよ!

相場日記

[ リスト | 詳細 ]

日々の相場について語ります。
私がどう心が揺れ動き、市場の考えを読み、外しまくりながらも、確実に従って、収益を上げ続けていくのか、その最新の思考を正直に吐露しております。
記事検索
検索

全184ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

しばらく音沙汰なく誠に申し訳ありませんでした。

移行のための繁雑な作業と新しい環境に慣れるための試行錯誤中で相場を張らない時間をすべて奪われておりました(笑)

このヤフーブログはまもなく終わりですので記事を投稿してもどうせ消されるというモチベーションの急低下もあり一時期私自身苦しんでおりましたがようやく精神的に復活してきたというところです。

新しいブログのページはこちらになります。

もし引き続きご愛顧くださるという方がいらっしゃいましたらこちらの方をブックマークしていただけたら幸いです。


とりあえずブログ更新は場を変えて行い続けることにしました。

私には依然として勝手がいまいち分からないものの、息子に頭を下げてご指導いただきながら(笑)きちんとブログ資産も自己管理していこうと思います。

過去の投稿もヤフーではすべて完全消去してしまうということで呆けてしまいましたが、読者の方々が優しくご助言くださったことによって何とか保存することは出来ました。

新ブログの方に折を見て上げていくかは検討中です。

基本的には同じことの繰り返しでありますが、形式や様式が変わってしまって合わないので良質なものを厳選して加筆修正して少しずつあげていこうかなあとも考えております。

まあ新投稿でまた述べることになるかもしれないので気の赴くままに日々積み重ねていけば同じようなものが10年分出来上がるかなとも思っております。

いやこれから10年は私自身の生命が失われる確率が高いのでそれは困難ですね(笑)


長い間ご愛顧いただいた方、毎日のようにコメントを残してくださった方、いいねを押してくださった方、ときどき覗いてくださった方、今日初めて訪れたら終わってたという方、すべての出会いに感謝したいと思います。

ヤフーブログが無ければ私もこうやってインターネット上に胡散臭い無名の相場師として登場することは皆無であったでしょう(笑)

そして今回相場では当たり前の、私自身きっちりと相場においては今日も行い続けているリスク管理ができていないということを教えてくださったヤフーブログサービス終了の決断に至ったヤフーには大感謝したいと思います。

ほんと生涯勉強です。

自分自身でブログ管理をしていくということを学ばせていただけたきっかけになったことは私自身の成長につながったという意味で大事な事象だったということになります。

さてこの投稿記事もいずれ完全消去されますので長々と書いても無意味ですのでこの辺で終了致したいと思います。

相場も直近節目に来ておりますが翁の相場道をご愛顧下さったすべての投資家、相場師の方々がどんな相場環境であれ収益を上げ続けてくださることを心からお祈り致しつつ、また相場以外のことも述べましたのでこのブログに訪れてくださった多くの一般の方々にも感謝しつつ、筆を置きたいと思います。

それではまたどこかでお会いしましょう(微笑)

開く コメント(15)

相場

米中貿易協議の決裂を煽る向きは相変わらず多く、トランプ大統領のツイートに一喜一憂する相場でもあるが、私は何度も繰り返しているとおり最終的妥結へ向けて着々と進んでいるとみている。

結局米中ともに依存関係にすでにあり、どちらにとっても結局は利益となるのでビジネス交渉を基本とするなら妥結するしかないからである。

決裂するなら当然ビジネス以外の発想、好き嫌いだとか思想が違うだとかいうものを持ち込まねばならず、トランプ大統領はその辺のところは間違わないのではないだろうかと推測しているということになる。

相場は基本的に底堅い推移である。

日本とは異なり米国内経済が好調に推移しており、要するに企業業績が平均的に良好な数字、予測が継続しているのでその事実を見てどれほど米中貿易協議決裂リスクを煽ってもそのたびごとに取り戻していくといった相場展開となっている(笑)

もちろん別のリスクが生じることもあるし、教科書通りのチャート形状で仕掛けられる可能性もあり得るのだが、土台となる国内経済、つまりファンダメンタルが全体的に堅調な国はそういったものも相殺してしまうことになる。


日本は景気後退が始まり、10月に消費税10%増税実践することによって東京オリンピックなど無視して酷い状況になることが確定しつつある。

実際相対的に株式市場の弱さは引き立っており、この流れは消費税増税を止めない限り終わらないだろう。

政治的になくはない話ではあるが、今のところ表だった動きはない。

目先はこのような事象に変化が現れるのを待つ相場ということになるだろう。

まあこんな日々はまったりすればよいのである(笑)

開く コメント(10)

米中制裁合戦

相変わらず続いてますなあといったところである(笑)

日本のように唯々諾々と従えばこんなことにはならないのだが、中国は本気で最強国米国と対峙しているということである。

いずれにせよ最終的妥結はあるだろう。

それがいつどんなものになるのかは分からない。

そしてそこで終わりということにはならない。

貿易交渉など永遠に終わることはないからである(笑)

トランプ大統領は基本的に二期目の再選を当然狙っており、その日程上対外的な成功例を欲しがっている。

対中において大きな譲歩を引き出せば大きな成果となると踏んでおり強気の姿勢を崩さないのだろう。

ただ中国は日本とは全く違うということを認識しないといけないだろう。

外見は似ていても中身は全く違うのが日本人と中国人である(笑)

というより何より国家として米軍基地などない、米国支配されていない、核兵器も保有している、経済規模も大きくなっていると米国にとってはかつての日本よりずっと厳しい交渉相手であるということを認識しなければならないだろう。

日本の言い訳はいつも米国に従うしかないのだから譲歩は仕方がない。

ということなのだが戦後間もないならともかくもう随分と時間が経ってしまっているのに相変わらずそういう思考であるということはもう永遠に自立する気がない、そこへ向けての長期計画を立てて実践していないということが露呈してしまっているということになる。

この辺のところを中国はきっちりと分析しており、怯むことなく制裁には制裁をといった現状を演出している。


私も何度も繰り返しているが、互いに譲らずに制裁合戦が続けば共倒れとなることだろう。

つまりは世界経済減速がはっきりと見えていく事態になっていく。

この辺のところは互いにわかっていた上での制裁合戦の演出だろうとは思うが、まあ今年どこかの時点で最終的妥結があるかどうか注目であることに変わりはないだろう。

相場は逐一一喜一憂する感じであり、投資家たちはそこに踊らされているということになるが、これはもう仕方がない(笑)

いつものことである。

市場はいつも好き勝手に動く。

教科書通りに動く優等生なこともあれば、教科書無視に動く劣等生なこともある。

相場師としてはその方向性を認識し続けて間違ったら方向転換し、また間違ったら方向転換しを繰り返しながら市場の考えの方向性へとポジションを取ることに日々注力し続ける。


これがいつの時代も変わらぬ相場の真理であり、相場師がやるべき努力である。

チャート的には52週線までの調整となっており、中期的にこの辺できっちり反発してくるかどうかといった節目となっている。

ここを大きく割って200週移動平均線へ向けて進んでいくようだと米国市場も中期的に上昇トレンド終了といった様相になってしまう。

その辺の推移を見守りながら淡々と売り買い問わず実践継続していくことが大事だろう。



米中制裁合戦が始まり、次のトップ同士の会談までにどれほどエスカレートしていくのか定かではない。

ただまああまりやり過ぎるととんでもない事態にもなりかねないのでその辺はきっちりと抑えつつ共存共栄となる妥結を目指してほしいものである(笑)

開く コメント(1)

インターネットに関しては無知ですので参考になります。

私自身もインターネットで色々と調べてみましたがこういうことはよくある話のようですね。

ビジネス上無料ブログであるから広告で成り立ったサービスなのでしょうが、まあ個人的にはたいしてヤフーへの収益貢献など出来なかったでしょうが、私自身は一切そういうものをいただいておりませんのですべてヤフーの収益となっています。

お金というものは私の場合は相場で稼げばよいだけの話で容易なことなのでブログやら何やらで小金稼ぎをする必要性を全く感じず、むしろ相場の真理、心構えなどを懇々と反復していくことで基本的には自分自身の相場を張る上での思考の整理をし続けることに大いに貢献してきたものであり、その付随として少数の方々であっても相場の真理に出会ってもらえたらという想いも醸成してきてここまで継続してきました。

まあ諦観が大事ですね(笑)

どうしようもないことにいつまでも落胆していても仕方がありません。

時代はツイッターやらYouTubeやらに進んでおりますが、ツイッターなどは相場を真剣に張る者にとっては害悪のように私は感じているのでやる気は起きず、YouTubeの方は動画編集などといった手間のかかることはやはりやる気が起きないといった感じでブログが一番適していたそれほど大きな労力なく思いの丈を述べられて速報性はないですから別に相場に影響を与えることも少ないですので良かったですね。

色々とアドバイスありがとうございます。

もうしばらくはヤフーブログも更新できるようですので更新し続けた上で移行するのか止めるのか決めてその辺の結論を投稿した上でヤフーブログの更新は終了したいと思います。

相場は基本的に個別でですが活況であり、米中貿易協議の行方が相変わらずの注目点でありますが、遅かれ早かれ一定の決着をつけることは間違いないでしょうし、いずれにせよ米国が好調である限り、世界市場は安泰であり、株式市場で生きる我々相場師は易しい相場環境が期待できるということになるのでしょう(笑)

開く コメント(1)

米中貿易交渉

米中貿易交渉は熾烈な争いとなっている。

中国は日本のように従米ではないため、まともな交渉が行われているということであろう。

トランプ大統領のツイッターによるブラフ発言に一喜一憂する市場でもあるが、大騒ぎしているのはマスコミだけであり実際はそれほど大きな動きは起きていない。

米中貿易交渉はそもそも論として終わりはない(笑)

いや米中に限らずどこの国同士の交渉も常に終わりはない。

あるのは常にどの辺で互いに妥協するかということだけでありその繰り返しである。

米中貿易交渉の行方がクローズアップされるのは当然ながら米中の経済規模がどちらも圧倒的に大きなものであり、世界経済に大きく影響するからである。

残念ながら日本は経済的に中進国に向かっており、アベコベミクスを実践継続していくなら発展途上国の仲間入りといった情けない状況になっていくだろう。

それほどに現在においては米中の力が大きなものとなっており、その米中がある意味では経済的な覇権争いをしているということになる。

その貿易交渉がどう妥協して目先の一応の決着がつくかということがそろそろ決まってくるのではないかという段階でもう一悶着ありそうなことを互いに匂わせ牽制し合っているというところである。

本来交渉とはこれが普通であり、米国はもとより中国もそういう意味でまともな国家であるということになるだろう(笑)

感情的な反中な方々は盛んに中国破綻論やら異常論やらを唱えるのだが、現実を見ると日本政府より余程まともに国家運営をしているということになる。

最強国米国に対して肝の据わった対峙をしているからこそトランプ大統領もあれこれツイッターでつぶやき続けるわけである。

日本に対して彼が行うのはよい話ができた安倍総理はいい奴だといったくだらないものばかりである(笑)

要するに米国の国益に利する圧倒的妥協、鵜呑みの徹底した従米をしてくれたことに対しての表向きの褒め言葉である。

それを少なからずの日本人たちが賞賛し喜ぶのだからもう開いた口がふさがらない(笑)


いずれにせよ、米中貿易交渉の行方に一定の方向性が見えてこない限り、いわゆるお決まりの言葉、リスクオンにはならないということなのであろう。


まあそれでも相変わらず米国株式市場は高値圏を維持している状態であり、歴史的な失業率低下等々米国内経済が好調に推移していることが大きい。

翻って日本経済は同様に失業率は低いが、社会構造によるもので経済政策によるものではないというところが非常に残念なところである。


まずは貿易協議を始めるのか、延期するのかが焦点となろう。

相場はそれを見て全体的な方向性を決めていくのではないだろうか。

私は米中ともに国益のために互いに妥協して妥結することにいずれはなると見ているが、結果はどうなるのかは今年最大の注目であることに変わりはない(笑)

開く コメント(0)

全184ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事