東海道線ブログ

鉄活動が事実上休止中なのでブログも処遇未定。

全体表示

[ リスト ]

総務省が2.5GHz帯参入調査を公表、UQ、WCPに加えてドコモ、地域WiMAX事業者も参戦

今回は唐突にモバイルの話。

移動体向け衛星放送(モバHO!)の跡地帯域の2.5GHz帯割り当て関連の話が始まりました。この周波数は上りと下りに同じ周波数を時間で区切って使う、時分割複信(TDD)の帯域。位置的にはUQ WiMAXのすぐ上の位置にあたります。総務省は2.5GHz帯を無線アクセス(BWA)向けと定義していて、データ通信を目的とした移動体通信向けに割り当てることを予定しています。

この帯域はWiMAXやTD-LTEなどで使用出来る国際バンドで、割り当てを分ければ国際モデルの端末や基地局が採用出来るため調達コストを下げられるメリットがあります。ただし高い周波数のため面カバーには不向きな部分があるのは周知の通り。

で、UQコミュニケーションズとWCPが出てくるのはだいたい予想していましたが、思わぬところにドコモが出てきました。これまでドコモはTDDの帯域にあまり興味を見せておらず、FDD周波数をしっかり狙って確保する戦略でした。ところがここへ来て、TDD方式のLTEが普及しそうな兆しで、急増するトラフィックの分散のために使いやすいこの帯域を狙ってきているのだと思われます。

幅が20MHzで位置がUQと隣り合わせと言うことも有り、UQに割り当てるのが最も効率が良さそうです。ガートバンドを廃し既存の帯域と繋げれば60MHz幅のでっかい帯域が取れるわけで、最大300Mbpsとかのサービスが出来たりする可能性があります。基地局も併設で対応するので、少なくとも既存のWiMAXエリアをカバーするのにはさほどかからないのでは無いかと思います。

一方WCPや地域WiMAX事業者が獲得した場合、周波数が分かれてしまうという問題があります。離れた周波数を繋げて使う「キャリアアグリゲーション」という技術はあるんですが、商用サービス用としてはまだ完成しておらず。これがいつ実現出来るかはちょっと不明。

ドコモの場合はそもそもTDD周波数は持っていなかったわけで、全く単体で使うしか無いと言うことになります。主にオフロード対策で都市部に打つ感じになるのかなという気がします。基地局は財力に任せてやれば都市部の展開はそれほど難しくないかも知れません。


この帯域、すぐ上に衛星通信の帯域が有りこの帯域と、UQのWiMAX帯とのガードバンドをどれだけ取るのかによって使える幅が変わります。さらに30MHz分の帯域を分割して別々方式で使うとなるとさらに間のガードバンドが要ります。周波数の有効活用という点で言えば、この帯域はUQに任せるのが現実的なのでは無いかと思います。

UQの方針はWiMAX 2+という名で、中身の一部をTD-LTEにすげ替えた物になっているようです。AXGPみたいなパターンで、実質TD-LTEに転換ということになりそうです。たぶん既存のモバイルWiMAXとTD-LTEは互換が取れないと思うので、UQが既存の帯域にもWiMAX 2+を入れられるのは巻き取りを進めてからということになりそうですが技術的に面倒な点のあるキャリアアグリゲーションを使わなくても連続した帯域を取って使える可能性が高い、ということを考えると実現するのも比較的容易なのでは無いかと思います。

記事には周波数オークションの話とかもありますが、国会の都合も考えれば日程的にそれは無理かと。割り当てが遅れると周波数資源の無駄ですし、今回は従来方式なると予想します。
そうすると既存事業者は契約数とかトラフィックとか、技術的とかで評価することになると。WCPはまだ出だしで契約数も少なく、(MVNOの促進が全体のはずなのに)実質ソフトバンク専用。地域事業者は数で比べたら論外。
ドコモ、UQの2者が競争という感じになるのでは無いでしょうか。

先日のソフトバンクによるイーアクセス買収でソフトバンク連合が契約数に対して大量の周波数を実質的に得ることとなり、周波数行政の抜け穴が指摘されています。グループ内の関係とか、実質的な使われ方がどうなるのかを適切に見極め、抜け穴は出来ない制度で貴重な資源である電波帯域を割り当ててほしいと切に願います。
今度からは割り当てた後でも状況が大きく変化すれば帯域の剥奪も出来るようにした方がいいんじゃ無いかと。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事