東海道線ブログ

鉄活動が事実上休止中なのでブログも処遇未定。

全体表示

[ リスト ]

前期入試が終わり、受験に一旦区切りがついたと言うことで久しぶりにBVE開発に手を入れました。手を入れたのは途中になっていた下曽我駅ホーム幅の変更の一部と国府津駅のホーム屋根の作成。


イメージ 1でこちらが制作中の屋根。
まだ中央部分は作っていないので端だけですが。平面板では縁の部分をうまくごまかす方法が思いつかず、頂点編集で形を作ることにしました。近寄ることができないので、柵の寸法から柱の間隔を算出し、1周期の長さを計算。あとは写真からの推測で寸法を決定しました。推測と言ってもひたすら画面に定規です(笑)。
縁の部分の処理は省略しましたがあまり目立たないので放置でも良さそう。BVE5化の時にで気になるようなら直します。
※追記
なんか変な色が見えますが、テクスチャにわざと色をつけているからです。良いテクスチャが取れなかったので正しくテクスチャマッピングができているのか判別するのが難しくなってしまったので、わざと目立つ色でマーキングして確かめているところです。試作中はわざとこういう変なテクスチャを貼って確認するのはよく使う手法です。数字とにらめっこより遙かに効率的に確認出来ますから。


ちなみにこのストラクチャ一つで頂点数が600を超えています。どういう設計で作られているのか分からないままCSVを見ると何が何だか分からなくなりそうですが、一定周期でパターンが決まっていますからExcelを使って自動計算させています。一つ前のパターンに一定の定数を加算するだけで良いのでセル間相対参照で容易に処理出来ます。といっても作業ミスで時々変な形になるわけですがそこは手作業で間違いを探します。そればっかりは自動というわけにはいかないので。

昔はCSVをテキストエディタで扱っていたので数値は電卓をたたいていたわけですが、こんなのをそれでやっていては日が暮れてしまいます(いや、作業したのは夜ですけど)。相変わらず路線データの方はテキストエディタの方が扱いやすいのでメモ帳メインでやっていますが、ストラクチャだけはExcelの方が圧倒的に効率が良いですね。

一番面倒なのが形を決める作業。おおよその割合と周期から1周期分の座標を手作業で計算します。これは単純な四則計算だけなので、概形を書いた紙に電卓で計算した値を書き込み、座標順序のポリシーを決めて完了。後はこれをExcelに入力して、セル間参照で複製させるだけ。

とこんな感じでやたら頂点が多くてややこしい屋根の完成です。見えない面の省略をしたりしなかったりで統一されてなかったり、上から見るとスカスカになる(面を貼っていないところが見える)とかありますが、専用品として使う分には問題ないのでこのままでいきます。下曽我のホーム屋根にも同様の形のものが使われているので流用で作れそうです。

と開発を再開したは良いものの本日第1志望の不合格が確定したので再度受験しなければならなくなりました。なのでものの数時間だけ開発再開しましたが再度停止します。次の開発再開は3月上旬頃を予定しています。ただ第2志望に合格しているので浪人の危機は回避しています。第2志望に行くことになった場合、現自宅からの通学は困難(通学時間が3時間超)とかいろいろ問題はありますが、どうにかなるでしょう(楽観的)。

というわけで今回はこの辺で。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事