東海道線ブログ

鉄活動が事実上休止中なのでブログも処遇未定。

パソコン関連

[ リスト | 詳細 ]

パソコンに関するニュースや管理人のパソコン改造記録など。そのうち自作PCも扱ってみたいです。
記事検索
検索

全1ページ

[1]

昨日、携帯のニュースを見てびっくりして検索したら確かに本当らしいということに。ガセであってほしかったのだが。

日立製作所は7日、ハードディスクドライブ(HDD)製造子会社の日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)をHDD大手の米ウエスタンデジタル(WD)に約43億ドル(約3,500億円)で売却することで合意したと発表した。

引用元
http://www.zaikei.co.jp/article/20110308/68501.html

HGSTはIBMのHDD事業と日立が統合して誕生し、過去には赤字が続いていた頃もあって、売却するという話が2回ほどありましたが、そのたびに日立側が否定ということがありましたので、またそのたぐいかと思いきや今度は本当みたいです。2008年に黒字になったはずなんですが何でなんでしょう。
我が家ではIBM時代からPC内蔵として使ってきており、先日HDD換装の際にも採用するなど、多用しています。100%子会社化とのことですが、現行ブランドはどうなるのでしょう。
実際3.5インチHDDを製造しているのが4社(SEAGATE,WESTERN DIGITAL,HGST,Samsung)しかなく、内サムスンはヘッドなど基幹部品はOEM。ハードディスク価格が独占状態にならないことを切に祈ります。

この記事に

開く コメント(1)

ネットが高速に!

数日前から、我が家のインターネットがおかしくなった。具体的には、使用中に突然インターネットに接続できなくなった。モデムのリセットで一時は回復したものの、数時間後にまたつながらなくなる。放っておくと勝手に回復するが、またしばらくするとおかしくなるといった具合だ。しかもたちの悪いことに、電話して問い合わせるかと思うと勝手に復旧し、受付終了後の時間にまた壊れるという事態が起こっていた。
モデムについているランプの表示から、明らかにモデムまたは上位回線の問題だろうと判断したため、回線提供会社に問い合わせた。

状況を説明後、折り返し連絡が来て自宅から少し離れたところで作業中の者がいるのでそこが終わり次第向かわせるとのことだった。

予定より早く会社の方が到着。おそらくモデムの老朽化に伴う故障とのことで、モデムを交換してもらいました。各種調整をしてもらい問題なく接続できることを確認し作業終了。



その後、速度が落ちたりしていないかと、速度測定をしてみた。これまで、下りが1.9Mbps程度の速度だった。ところが測定結果が13Mbps台を出していたため、「あれ?」と思い、PCを安定させて正確な計測ができる環境で最測定。その結果がこれだ。

イメージ 2

数回測定したが、だいたい15Mbps〜14Mbps位は出るようである。

以前はこんなだった▼
イメージ 1


なんと以前の7倍を超える速度に。契約は下り15Mbpsのはずなので十分すぎる速度が出ていることになる。逆に言えば、今までずっとこの速度が出せずに使っていて損をしていたことになる。何とも複雑な気分だ。

我が家にネット環境が整ったのが平成16年のことなので、一度も交換していないモデムは6年以上使っていたことになる。速度差が機器の仕様なのか老朽化によるものなのか、調整で通信が安定したからなのか、原因ははっきりしないが、ともかく宅内設備が悪いと回線が速くても宝の持ち腐れということがよくわかりました。

この記事に

開く コメント(1)

フロッピーディスクドライブ(FDD)を生産している各社が、撤退に向けて動き始めている。USBメモリなどへの以降が著しく、市場規模が30分の1に縮小しているためとのこと。しかし、企業などでは古いデータをフロッピーディスクで保管していることも多く、波紋を呼んでいる。

以上ニュースより


確かに、2002年頃に発売された、管理人のノートパソコン(Windows XP)はFDDを備えているが、2年後にメインマシン購入時のカタログにはFDD搭載モデルは見あたらなかった記憶がある。

確かに、容量も小さく読み書きの速度も遅いが、メディア価格が安く使い捨て感覚で使え、書き換えも用意であるということを考えると、これを完全にカバーするメディアというのは管理人の中ではないように思える。実際、私も一部ではあるがフロッピーディスクを使い続けている。
(半導体記憶メディアは単価が高く、簡単に他人に譲渡できるものではなく、CD-RWは書き換えが不便。MOは普及率が低くデータ交換に都合がよくない上、価格面でも都合がよくない。)

技術の発達とともに消えていくものもあるのですが、その一方にはこうした問題も残るものです。フロッピーディスク、少し多めに買っておこうかな…

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事