コース料理の裏メニュー

先週は札幌でお仕事・・・今週は東京。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

僕のお気に入りのアウトドアメーカー「SOTO」

新しいミニテーブルのモニターを募集していたので応募しました。

すると・・・数週間後・・・送られてきましたよ!

それがこれです。


イメージ 2

このテーブルのすごさはこの設計。

最近の「SOTO」は技術的開発力が抜きんでていますね。

3次元的発想をしないとこの構造は組めません。


まずはこの製品の動きを見てくださいませ!

画像はこちら


イメージ 3 イメージ 4

すでに持っていたテーブルと比較してみました。

HolidayRoad(ホリデーロード)のツーリングテーブル。

自称日本一小さいというアウトドアメーカさん。


重さではフィールドホッパーが391g。

ホリデーロードが447g。


イメージ 5

畳んだときの大きさがこちら。

ホリデーロードはVHSビデオカセットサイズです。


一番右は僕が自作したテーブル。


イメージ 6

組み立ててみると・・・

ほぼ、同じ大きさでした。

高さだとフィールドホッパーが低く、

使いやすい感じです。


イメージ 7

イメージ 8 イメージ 9

こちらは自作した物・・・リバーシブル軽量テーブル。

重さはわずか208gです。

さすがに山歩きだとこちらを持って行くと思いますね。

でも、差は200gですが・・・(笑

樹脂の蛇腹構造なのでビール6缶載せても大丈夫。


イメージ 10

僕の使い道は主に2つ。

モーペッサという炭台をテーブルで使う時に使用。

モーペッサはタイの魚料理用調理鍋用です。
欲しい方は魚のお鍋付きでこちら

熱い物はやはり金属製のテーブルですよ。


もう一つはテントの中でちょっと明かりを付ける時です。

寝るときに小物を置いておくのも便利!

開くだけで簡単に使えるので重宝しますね。


ついでにレギュレーターランタンST-260を買ったので、

それは次の記事で紹介しますね。


ああ・・・良い物を貰いましたよ! (^O^)v 


フィールドホッパーSTー630
●材質:アルミ
●サイズ:幅297×奥行210×高さ78mm(使用時)、幅297×奥行110×高さ19mm(収納時)
●重量:365g
●耐荷重:3kg
●付属品:専用収納ケース

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

たけ様 こん!
ご無沙汰してます。
この勝負 たけ様の商品の勝ちです。
バックパッカーには最高の商品。売れますよ!

2014/7/10(木) 午後 10:01 [ ちーぼー ] 返信する

ちーぼーさん
毎度です。
いえいえ、フィールドホッパーは良い出来でした。
僕のは組み立てに時間がかかるんですね。
SOTOはなかなか良いメーカーになってますよ!

2014/7/13(日) 午後 3:45 たけさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事