ここから本文です
おいしんぼ讃岐饂飩編と穴場探訪記
穴場うどん・隠れた名店等マニアックが好み〜写真はUDONのロケセット

書庫ラーメン

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

大分県から門司方面の10号線沿いにありました
見た目もレトロで「いかにもラーメン屋」な外観で アンテナにピン!ときました〜
女性連れではまず入らないだろう・・そんな見た目の「ラーメン、ちゃんぽん」の看板の店 13時過ぎても駐車した車が多いからキットうまいんだろう!
幸い女性を卒業した連れ達だったので、同意を得て入った
イメージ 1
福岡のブログ友がかなりラーメン投稿してるので、想像はできてたが・・ここまでとは・・ ゆるいのか?頑固なのか?どうもよく解らない
イメージ 2
店内は小さめ4人掛けテーブルが8くらいとカウンター席6席くらいだったかな〜
テーブル席はすべてお一人様で埋まっていた
われわれ4人が入っても 何ら誘導は無い
2人は高齢者だったが放置状態だ
しかし自分も飲食店経営してるから思うのだけれど
「たとえ高齢者であっても、常連さんに席を替わってとは言えない」のである
一見さんの客だから待つしかありません
食券の自販機がありますが、これはメニューになっていてるだけで機能してないみたいですね(完全に使用不能かどうかは未確認)
注文が決まったらカウンターに告げて先払いです(笑)
福岡県生まれの連れ達はそろってちゃんぽんを注文
ならば自分はとんこつラーメンにしようかね
イメージ 3
イメージ 4
とんこつラーメンにはキクラゲが合うね
ずいぶん久しぶりに食べるローカルな素朴な味
少しだけ臭みが残る濃厚なとんこつスープだけど、美味い!
長浜ラーメンのスープを濃くした感じです
自分では味に納得です
イメージ 5
とんこつラーメンを食べ終わる頃に ちゃんぽんができた
ちょうど良いタイミング!
イメージ 6
高齢者には多すぎることは十分承知してます
ちょうど空になった丼に高齢者2人のちゃんぽんを半分ずつ入れたら1人前できた(笑)
イメージ 7
とんこつラーメンのおかわりが ちゃんぽんでした
すなわち2杯目を食べてるわけです(^0^)
野菜の量も多い!スープも濃厚!
こちらもスープまで完食してしまった
イメージ 8
カウンター席3席分がコレクション置き場になっていた
ちなみに他のお客はご飯とセットの定食を食べてる人ばかりだった
働く男の食事場なんでしょうね
イメージ 9
そしてこちらの店長さん苗字が坂本のようです
それで龍馬なのかどうか?まで聞く勇気はありませんでした
イメージ 10

ドライブイン龍馬
福岡県築上郡築上町大字西八田1715


この記事に

 いきなりですが大分と言えばとり天〜とり天ぶっかけうどん
イメージ 1
まさかこんな所でいきなり大分ソウルフードとり天食べるとは・・思ってもみなかった


イメージ 2
鳴門の店名ですが、調べてみると「鳴門うどん」発祥は福岡みたいだ
1玉〜3玉まで同じ値段・・どこかで聞いた(見た)フレーズだけど・・
その割にはコスパ高い!
イメージ 3
普通(1玉)だと高めに設定されてるが、大(2玉)なら安い!
しかも丼物とのセットはもっと格安!
イメージ 4
かけうどんを見ても解るように 包丁切の断面(エッジと呼ばれる)が無い丸みを帯びたうどんです
出汁はカツオや他の魚介系と昆布の濃厚風味なつゆです
イメージ 5
わかめうどん350円です
食べてないから解らないけど、もし鳴門産ワカメならコスパ高し!
イメージ 6
釜揚うどん(2玉)370円ならコスパ高いぞ
生姜は解るけど・・天かすは何故?
試すことは無かったけど、好みなのか?
イメージ 7
おでんが在ると言うことは 讃岐うどんリスペクトなのか〜(^^♪
鳴門(徳島県)のうどんは 同じ四国でも香川県とは違うようですね

この記事に

全国各地にあるのでは?大阪王将
こちらが 気仙沼のフカヒレを入れたラーメンを980円で出している
庶民でも下のほうのうどんファンは レトルトのフカヒレスープくらいしか飲んだことがない
テレビでも時々見るが、10000円くらいはする料理だ
そんな〜千円以下だと少しだけ入ってるんだろう〜
などと疑いながらも・・食べてみたくなった
イメージ 1
国道2号線の早島店にやってきた
ほんとに衝撃価格だ!税別908円、税込み980円
イメージ 2
中華料理らしく チンゲン菜や椎茸とともにかなりの量ののフカヒレがお入りになっております
イメージ 3
近すぎてピントが合ってないけど、全部を広げてみたら こんなにある!
イメージ 4
ちゃんと「気仙沼で作ってます」と明記されてるぞ
イメージ 5
生まれて初めて食べるから、比べようが無いけれど・・
とてもありがたく、美味しくいただきました
フカヒレはトロトロまでは煮込まれてなく、少し食感が残る程度に煮られてます
もちろんスープは少しトロミがついてます
「これがフカヒレの味だ」なんて、前述の通り解らないけど
スープは全部飲み干した事は 当然であります

イメージ 6
大阪王将早島インター店
岡山県都窪郡早島町早島3180−3
℡086-486-1337
営業 11:00〜23:00 年中無休

この記事に


昭和40年ごろ、当時10歳くらいからお気に入り(あまり他を知らないから)であった
また今週半額セールがあったので、すぐ近くの庭瀬店にでかけた
イメージ 6
今までは看板メニューの醤油ラーメンとげんこつおにぎりのみだったのが
前回(10月)からは2本立てになっていた
そして今回はおにぎりも新製品になっていた
イメージ 7
麺食いのうどんファンは味見をしただけで、80%妻が食べたのでした
20代まではラーメン&ご飯もしてたけど、麺の大盛か替玉なら追加しようかとも思うけどね〜

1月27・28日の2日間限り、飲食店自営してるから無理に外食する必要も無いのだけれど・・なぜかそそられてしまうのでした
休日は仕入れでスーパー巡りしてるから、思考回路が主婦になっているのか?
☆玉子の通常138円が 1000円買うと98円になる
☆または178円の砂糖が98円になる
そんな購買意欲のアオリに乗っかってしまうのであります(笑)
イメージ 8
今日もしっかり乗せられてしまった
でもこれは すわき後楽中華そばが子供の頃から好きだからだよ
某○亀製麺が半額であっても、わざわざ出かけることは滅多に無い
イメージ 9
今回のもう一つのラーメンはこちら「うまみ醤油ラーメン」
白いのは 背脂チャッチャッチャしております
しまったな〜と思いつつも、できるだけ脂を避けながら食べる
脂さえなければ醤油ラーメンとあまり変わらないかもね
イメージ 1
できるだけ残した背脂ちゃん入りスープは これで飲むの限界
イメージ 10
こちらが不動の醤油ラーメン
50年前と同じでは無いだろうが、ほぼ同じ見た目だと思う
今岡山県はラーメン専門店が乱立してるが、過去には岡山市中心部くらいで
郊外でのラーメン専門店は すわき後楽中華そばくらいしか無かった
郊外では 中華料理でラーメンも人気の店か、食堂で中華そばもうどんもある店くらいしか知らない。またはドライブインの中ですね
昭和51年には自分で中古車に乗ってたが、郊外のラーメン専門店は記憶には無い
イメージ 11
鶏がらと豚骨が当時からのスープなのか?追求する気は無いが、美味しいことには間違いないのである
じじぃになった自分にとっては このくらいの濃厚さが限界なのであります

少し懐古してみましょう
50年前はバスしか使っていなかった
その当時は中鉄バスが岡山市と県北で主要な交通手段だった
路線内の主なバス営業所近くには後楽中華そばがあって、かなりの軒数があったと思うし、その他にもたくさんチェーン店があったと記憶している
40年前中古で車を買ってバスは乗らなくなったけど、180号線沿いには数軒あった
その頃は 富士屋、天神そば、やまと等が人気を上げてきた頃だ
イメージ 2
43年式初代サニークーペ 8年落ちでかなり安く買った
買った時は白色だった。車検の時はスポイラー外します
この場所は 今は奥津湖の底です
岡山県北部はドライブに最適だったが、やはりすわき後楽は何軒かあった記憶だ
車で移動するようになると すわき後楽からは少し遠ざかった
やはり新しい店は食べてみたくなるもんですものね

日本のエーゲ海牛窓にあったすわき後楽も閉店した
イメージ 3
建物が地中海っぽい・・欧州行った事無いけど・・
カフェのような外観

少しさびれた倉敷駅西ビル地下のすわき後楽は健在!
イメージ 4
ここだけは店名が「後楽そば」なんですよね
でも半額セールには参加している
自分よりも年上だけど、元気が良いご夫婦がやってます

イメージ 5
とにかく すわき後楽中華そば、リピートしたくなる刷り込まれたラーメンです

この記事に

ラーメンパスポート岡山2016で食べまくれ〜 第16軒目から
サタディナイト・フィーバーならぬマンデーランチフィーバー〜だよ〜ん〜
「備前汁なし坦坦麺 虎ぼるた」 これがこの店の名前
どうやら汁なし坦々麺は 広島が発祥の地のようですね
それで備前が付いてるんですね
岡山県は 備前、備中、美作の3藩でできています
イメージ 1
見た目は焼きそばのようです
これを一気に混ぜると さらに焼きそばみたいになる
それではこれにはご飯が必要ですね(笑) ご飯の小を追加した
イメージ 2
ラーメンと言うよりご飯のおかず?
一度は食べてみなきゃ 最近のトレンドが理解できなくなるからな〜
もっと詳しくはアメブロにリンクして読んでね

そして17軒目、まだまだ野菜が高騰していた11月10日
野菜出血大サービスの渾身の1杯がこちら
イメージ 3
どこぞのナンとか系と違い キャベツ人参キクラゲ豚肉モヤシで麺が見えない
野菜の原価はかなり高いぞ
これを500円で出してたら、利益は100円くらいだよ〜頭が下がります

ラーメン大統領研究スタジオ
20年位前は岡山市内に20軒以上支店を持つものすごい勢いだった
店の数はかなり減ったけど、根強いファンも居るようだ

そして18軒目はこちら 倉敷市らーめんよこやま
昨年普通に食べに行ってる店で、パスポートでは今回が初めて
イメージ 4
この日食べたのは この店でも一番高い750円のコクうま味噌らーめん
鶏白湯スープは濃厚で、4種類の味噌をブレンドしているようだけど 麦麹味噌が一番主張していた。 自分が麦麹味噌が好きだから そう思ったかもしれない
玉子麺のようだけど、シコシコで多加水熟成麺のようだ(自分の想像です)

らーめんよこやま
昨年の醤油ラーメンも含め 詳しくはアメーバブログで

そして19軒目は ナント!カレーの店のラーメン(^0^)
岡山市北区大安寺、岡山西警察署向かいのナマステ・ガネーシャ
こちらは普通にカレーラーメンのメニューが存在している
イメージ 5
意味があるのかどうか?
ゆで卵の黄身が飛び出していたけど、その上に白髪ねぎが乗っていた
カレーはやっぱりナンで食べたいけど、両方食べれたので良しとする
さらに詳しく知りたい人はアメブロへリンク
スタッフは外国人で構成されています
店内もエキゾチックな雰囲気です

そして20軒目は岡山県最西端の笠岡市の「せとちゃんらーめん」
山陽自動車道笠岡ICからすぐ近くです
イメージ 6
しょうゆらーめんと餃子ご飯のセットで500円
紅生姜はテーブル上にあったものを乗せております
周辺の田園風景にふさわしいシンプルならーめんです
味は尾道ラーメンのように魚介系が主張したスープです
麺も尾道ラーメン風の細麺
笠岡は鶏で有名な笠岡ラーメンなんですが、あえてのこの味なのかな

11月17日に21軒目 岡山市北区中仙道 麺家地養(じよう)
イメージ 7
スープに浮いているのは 珍しい焦がしネギ
なんだか食べた覚えがあるぞ〜と思ったら、同じ店で店名が変わっただけのようだ
じっくり煮込んだ鶏の白湯スープで濃厚です
当然のように150円追加して 替え玉しました(笑)
猫舌には替玉の方が美味しく感じる
過去の話も含めて 詳しくはアメブロ地養のページ

11月22日の22軒目 倉敷市水島地区 味良(あじよし)
油そば(まぜそば)って言われても想像がつかない
やっぱり食べてみるしかないね
イメージ 8
汁なし坦々麺のミンチが無いバージョンでしょうか?
これは混ぜてから 具を上に戻した写真です(笑)
この手のメニューは どうしてもカップ焼きそばを思い出してしまいます
昨年の品も含めて、詳しくはアメブロにリンクです
しかし、最近のラーメン界の進化にはついていけませんね

同じ日の23軒目は午後3時過ぎておやつにラーメン(笑)
昨年2回も来ていた倉敷市羽島の「とりの助」
個人店はランチタイム後に一時閉める店が多いけど、チェーン店だから営業してる
イメージ 9
おやつにしてはガッツリとカラアゲまで・・・
あっさり鶏塩ラーメンと 大き目のカラアゲ3切れ付き
宮古島の宮古そばを思い出してしまった・・コーレーグースが欲しいぞ〜
とりの助は昨年のラーメンも含めて アメブロで解説しています

以上11月7日から11月22日までの8軒を紹介しました
次回は11月29日分からです

この記事に

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事