ここから本文です
おいしんぼ讃岐饂飩編と穴場探訪記
穴場うどん・隠れた名店等マニアックが好み〜写真はUDONのロケセット

書庫全体表示

記事検索
検索
ランチパスポートを初めて手にしました
その中にはラーメンパスポートミニが付いていたのだ〜
これでいきなり「ラーメン食べたいスイッチ」が入ってしまった
イメージ 1
500円でこってり煮込まれた鶏スープの地養そばが食べられるのだ
麺家地養
イメージ 2
通常850円の価値はある美味しさです
じっくり煮込まれた鶏スープはトロミがあります
細めのシコシコ麺は固さも選べるんですが、普通でもシコシコ!
いつも500円でしか食べて無いけど、毎回来てます
やっぱりラーメンは美味しいな〜・・太るけど・・

ランチパスポートだから、他に蕎麦屋やうどん屋もあるんです
岡山市撫川にあるRSKバラ園にあるこちら
イメージ 3
こちらは入園料が要らない位置にあります
イメージ 4
近所なんで、桜の時期にはよく来ます
バラの咲く6月10月は 入園料をケチって入ってませんけど・・
イメージ 5
ナント!850円の十割そばが500円で食べられる
平日13:30の雨の日だったので、一人でも窓側4人席に案内されました
イメージ 6
この蕎麦はパスタマシーンのように機械で押し出して作ってるそうです
言われないと解りませんね
普通に美味しいですが、時期的なものか?香りはそれほどでもありません
蕎麦屋にはほとんど自費で行くことは無いので、味の比較はできませんけど

十割そば処松吟庵
岡山市撫川RSKバラ園内


丸亀の宝!讃岐製麺所

丸亀に現存する製麺所型うどん店では歴史的価値があるのでは?
2004年に書いた気もするけど、2007年分までしかありません
あらためて書いておきましょう
イメージ 1
看板は何もありません のれんがさがっていれば営業中
裏から見ると神社の境内かと思う場所
イメージ 2
昭和40年創業の讃岐製麺所
長い間マスコミ取材拒否で知られてなかったけど、最近は一部の本でも紹介されているけど、営業時間が11:00〜14:00、日祝日休みと これだけでも観光客にはハードルが高い店です
イメージ 3
仕切りの奥が製麺所です 店内は基本相席の20席のみ
うどんは太麺(左)と細麺(右)が選べます
それぞれで2玉のかけうどんは なんと!230円〜☆
丼にうどんをもらって、出汁はサーバーから自分で入れます
イメージ 4
イメージ 5
しっかりした太麺はモチモチ、細麺はシコシコの2種類の食感が楽しめますね これで230円は申し訳ないくらい安いでっす
イメージ 6
夏バージョンその1はテラス風
イメージ 7
その2は朝顔で日よけ
季節ごとにバージョンが変わってますね
「丸亀の宝」と呼ぶ人もいるくらいです 同感です!
かなり高齢のご夫婦なので「とりあえず食べれる時は食べとこう」
そんな気持ちで行ってます

讃岐製麺所
丸亀市中府町2-2-26 
営業 11:00(頃)〜14:00(頃) 日曜祝日休み、不定休
駐車場6台分くらい(仕切りは無い)
はなまるうどんでエネルギー補給して、倉敷市の水源地酒津公園に向かいます
チャリだからナビは無いですが、解り易いのは川沿いを上ることですね
酒津公園は水源地だから、市内の小さな川を沿って上流に向かうと到着します
途中 イオン倉敷の北駐車場で立派な桜を見つけました
この下でのお花見禁止の看板があり、誰もいません!
イメージ 5
こんな花見しながら のんびり行こうよ〜
そして酒津公園はすぐそばにあります
月曜日なのに すぐ横の駐車場は満車だしすごい人出ですね
イメージ 1
子供は水が好きですね〜お約束のびしょ濡れ君も居ますね
園内一周の動画はこちらです
自転車で安全にゆっくり回ってますが、4分間で一周しました
イメージ 6
散り始めて 時折花吹雪が舞います
園内のお花見スポットはもう2箇所あります
イメージ 2
高梁川土手沿いのこちらの駐車場は 広くて空きがありました
露店も並んでますね
そして北側の水源地を見下ろす高い場所には 桜のトンネルがあります
こちらもゆっくり安全に走行しながら 撮影してます
20年前のフルマラソンに参加してた頃は 走って来てましたね

ここから高梁川沿いを上り、総社市の吉備路に移動します
道中にも桜並木がある場所など 20年前のお花見マラソンで知ってました
イメージ 3
枝垂桜のたくさんある清音ふるさとふれあい広場で 座って休憩
あれから20年、63歳は自転車でも疲れますね
そして国分寺五重塔がある山手にきました
イメージ 4
満開の時に来たのは高校生以来です
イメージ 7
来るといつもここで撮影するお気に入りスポットです
総社市山手は白桃の産地なんですよ
手前が桃で、国分寺が桜のコラボレーションが撮影できます
書いてるのは翌日ですが、それほどの筋肉痛は無くて一安心です
Googleの記録によると 40.8km走ったようです
運動能力はかなり落ちてますが
昨年11月に買った自転車が活躍する季節になりました
ちょうど桜が満開して、絶好のサイクリング日和になりました
イメージ 1
近所の川崎学園の医療短大の桜です
こちらをスタートして 桜を眺めながらのサイクリングしてみましょう
イメージ 2
倉敷美観地区はご存知の方も多いですよね
大原美術館の前の倉敷川には 柳だけでなく桜もあります
地元民ならではのおすすめコースを これで回ってみました
ただし、十分に周りを注意しながら安全運転しながら撮影してます
お店をのぞきながら歩くと2時間はかかりますが、地元民なので7分で一周
おりしも満開の桜は すでに散り始めていました
イメージ 3
月曜日なのにたくさんの観光客が来てくれてます
半分以上は外国の方でしたけど、市民としてはありがたいです
イメージ 4
川船流しは有料ですが、誰でも乗れます
人力車で回るのも良いかも
イメージ 5
この橋のたもとはテレビ撮影でもよく出てくる場所
結婚式の前撮りのシーンもよく見かけますね
この後もまだまだサイクリングするので、エネルギー補給はやっぱりうどん!
イメージ 6
いつもはアプリのクーポンを使ってますが、天ぷらは控えました
天かすを入れないのはいつもの事ですね

この後は倉敷市で一番賑わう桜の名所酒津公園へと向かいます

川島ジャンボうどん 憶えてないくらい前に一度行ったきりでした
なぜなら 自宅すぐ近所に本店があったからに他ならない
その本店(中庄店)が閉店して6年くらい経つのかな?
総社市吉備路にあるこちらの店と向かいのラーメン店が残った2軒
Facebookで閉店することを知り とにかく最優先で出かけました
イメージ 1

席で注文する一般店ですが、昼時以外の時間に行くと茹で置きうどんに当たることもあります
イメージ 2
着いたのは13:30で、店内にもまだ先客も数組居てたので少し安心しました
注文は当然ながら 懐かしい釜上げうどんジャンボ(3玉)700円
なぜ懐かしいかは最後に書きますね
イメージ 3
7分くらいで来ましたが、間違い無く釜上げでした(^0^)タイミングが良かったのですね
イメージ 4
もう以前のうどんがどんなだったか忘れましたが、包丁で切った切り口ですね
透明感があるうどんで、看板商品だけあって見た目もすばらしいです
イメージ 5
つけ出汁は(猫舌なので)ざる出汁にしてもらいましたが、カツオ風味もしっかりしていて甘くも無く
とても美味しい出汁です! 当然のごとく全部飲みました
美味しくて 3玉は5分もしないで無くなってしまいました
これなら 今でも2杯はイケそうです〜
イメージ 6
40年前中庄店から始まったときのおばちゃん社長は90歳になられたそうです
20代の自分が60代なんだから そりゃそうですよね〜
開店当初は15分間でジャンボ3杯食べたら無料でした
それを2回楽々達成しましたが、さすがに夜ご飯は食べれませんでした
かなり先に香川県の川島ジャンボは無くなりましたね
やはり世代交代なんですね
今後はスタッフが新しい店として開店させるようです

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事