ここから本文です
高原の行政書士〜気まま日誌
なんでも面白いと思えば、いろんないいことが起きる(斉藤一人)

書庫トップページ

すべて表示

風光明媚な観光都市で
行政書士事務所を経営している者の1日1分の日記です。

日々勉強、日々発見、
顧客や様々な人との出会いに感謝し
つねに考え、共感し、学ばせてもらっています。

行政書士業務の幅は本当に広い。
どんなに学んでも、まだまだ発見は多い。
それだけ世の中の移り変わりも早く
人それぞれの事情があるということ。

業界ではまたも支部長を拝命したり
他の団体でも任務を仰せつかったり
地元で勉強会を開いたり
業務以外も忙しくさせてもらっています。

世のため人のために頭を使い、体を張る。
そんな日常を天職と思うこの頃。


書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 笛吹き

    2019/7/17(水) 午後 11:23

    世の変化にともなって 新たな制度や仕組みができることは 業務範囲の広い行政書士にとっては 間違いなく追い風だ。 この傾向は性質上とどまることがない。 ただし、常にその新たな法令や制度を 理解に努めないといけない ...すべて表示すべて表示

  • なんか多いな

    2019/7/16(火) 午後 4:07

    今年の参議院選挙での 候補者からのハガキ。 選挙区は限りがあるのに 今回は比例も多く来る。 そのうちなんと3名が 「行政書士政治連盟推薦」とある。 が、正直なところ 全国区の比例では存じない名前ばかり。 ...すべて表示すべて表示

  • 長袖

    2019/7/15(月) 午後 4:05

    なんとなく着ている。 先週末は支部の旅行で 息つく暇がなかった分 この連休は小休止。 雨が多いこの梅雨、 事務所にいる分には 暑くもなく快適な気候。 いろいろ進めたくなる。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事