全体表示

[ リスト ]

よろしくお願いします

大阪工業大学漕艇部部員ブロク読者の皆様、こんにちは!はじめまして!

津高等学校出身、藪颯也です。拙い文章になるとは思いますが、よろしくお願いします!

実は、私は新入部員なのですが2回生です。これを聞いて色々思うところはあると思いますが、
何故私が2回生から入部したのか、その経緯を私の高校生活と共に説明したいと思います!

私は小、中共にバスケをしていました。しかし、「天性の下手くそ」とでも言いますか、、、笑。
あまりにも下手で高校からは違うスポーツにしようと心に決めていました。
そして高校で漕艇部と出会いました。
漕艇部は皆が0からのスタートということもあり、一生懸命練習に取り組めば良い成績を残せるのではないかと考え入部することを即決ししました。
しかし蓋を開けてみれば、そこは茨の道でした、、、笑。

乗艇やエルゴのトレーニングは本当に大変で辞めたくなる時もありました。
しかし、両親やOBの方々、監督に支えていただき、三年間全力で取り組むことが出来ました。

大学に入学した直後は高校のようにしんどい思いをするのは嫌やなあ、、、と思っていました。
しかし、スポーツが嫌いになったわけではなく、むしろ漕艇部で鍛えた体を活かしたいと思い、
朝練の無い(←ここ重要!)自転車競技部に入部しました。
しかし一年間取り組んだ矢先、春合宿で事故を起こし、脳震盪により自転車の選手生命を絶たれてしまいました。

それから一か月実家で療養生活を送っていたのですが、そこで非常に大変であった高校での漕艇部の生活がとても楽しい思い出として蘇ってきました。幸いボート競技が怪我をするリスクの少ないスポーツです。
それならば、ボートに復帰できるのではないかと徐々に思うようになりました。
漕艇部の生活は大変である、それを分かっていたはずなのに、またあのような生活を送りたいと考えるようになりました。

全力で練習に取り組み、高校の頃より良い結果を残せれば最高やなあ、そういう思いで二回生から漕艇部に入部しました。

さて、本格的な練習が始まってから2か月弱立ったわけですが、高校の練習よりずっと大変です、、、。
勉学、部活共に両立できるかという不安もあります。これが一番つらいことです。
しかし折角漕艇部に入部したということで良い思い出になるよう、何事も全力で取り組みたいと思います。






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事