おおいた TN24の活動日記

アマチュア無線(第一級アマチュア無線技士)、フリーライセンス無線、ガンプラ等趣味の活動日記
昨日は、別府市鶴見岳より秋の一斉オンエアディに参加しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


+ 交信ログ
市民ラジオ (SR-01, 8ch)
・ "ヤマグチFV119/4"局さん   山口県宇部市 霜降山移動   RS= 52/53.
・ "オオイタ HM430/6"局さん   大分県別府市 鶴見岳移動   RS= 59/59.
・ "ふくおか TO723/6"局さん   福岡県北九州市 平尾台移動   RS= 57/55.
・ "やまぐち LX16/4"局さん   山口県岩国市 高照寺山移動   RS= 56/54.

合同運用頂いた局: "おおいた DW351"さん
アイボール頂いた局: "オオイタ HM430"さん

各局さん、ありがとうございました !!

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

先日初めてプレミアムバンダイで入手した、MG 1/100 ガンダムTR-1[ヘイズル改]をロールアウトしました。
Mr Hobby "つや消し" & ガンダムマーカー"グレー"スミ入れ
水転写式デカールはMr マークセッターを使って作製しており
デカールは指定位置 & 余った物は好みの場所へ貼っています。
< 好みで貼った場所を探してみて下さい。(^^) >

今回、MG化された事で更にかっこいいディテールやギミックが多いので
それらの写真をサイズ大きめで撮影しています。


+ Box Illust
イメージ 1


+ Manual
イメージ 2


+ Front View
イメージ 3


+ Upper Body Detail
イメージ 4

Cockpit hatchは開閉可能です。


+ Rear View
イメージ 5


+ Lower Body Detail
イメージ 6

両脚アクチュエータへの配線がワニスチューブで再現されている点
水転写式デカールでティターンズのウサギマーキングが特徴的です。
(個人的にこのマーク、好きなんですよね〜。)

+ Beam Rifle Detail
イメージ 7


+ Action Pose etc.
イメージ 8


イメージ 9
Beam Sabreを抜刀するポージングが楽々再現出来ます。


イメージ 10

部品点数は比較的多めながら組立時ストレスになる事は無く
むしろMGシリーズを作り慣れている方ならサクサク行けると思います。
ガンダムTR-1[ヘイズル改]、好きな機体に入るのでMG化は願っても無い事でした。


次作は同じくプレミアムバンダイで入手した
"HG 1/144 ペイルライダー(空間戦仕様)"をロールアウトしたいと思います。

この記事に

開く コメント(10)[NEW]

昨日は自宅に設置している、アマチュア無線 & デジタル簡易無線のアンテナ目視点検を行いました。
特に緩み等は見受けられませんでしたが接近中の台風対策です。

船舶国際VHFや、短波帯洋上航空無線等を受信して台風情報を収集しています。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(8)

今年のポケモン映画に関する続きの記事です。
・ 前記事
https://blogs.yahoo.co.jp/oita_tn24/15296736.html

映画エンディングテーマ"オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜"が聴きたくて入手したサントラCDです。
イメージ 1
直ぐには気づきませんでしたが、"BSCD2"仕様なんですね。
普段クラシック音楽関連しか購入しないので恥ずかしながら
今回初めてこのジャンルでBSCD2仕様CDを入手した事になります。


オラシオンのテーマは2007年公開の"ディアルガvsパルキアvsダークライ"での曲で
歌詞が付けられたバージョンがまさか今回の映画エンディングテーマとなるとは
思わずグッとこみ上げる物が有りました。
参) オラシオン…  (語源 ラテン語: Oratio : 祈り等の意味を持つ, オラトリオ[Oratorium]はこの派生語.)

計56曲、約60分間、映画に登場してきた曲が収録されていて
パンフレットを観ながら鑑賞しています。
(ネタバレになるので詳しくは書きませんが、特にレントラーの曲はどうしても感情移入してしまいます。)

この記事に

開く コメント(0)

昨日は平日ながら休みが取れたので、9月14日〜10月29日まで
大分市美術館で開催されている、特別展"奇才・ダリ"展へ足を運び作品を鑑賞してきました。

イメージ 1

ダリといえば個性溢れるポートレートや、チュッパチャップスのデザイン
絵画から彫刻等20世紀を代表する天才芸術家なのは言うまでも無いでしょう。
天才の作品を、生で鑑賞できる機会は限られていますので初日に出向いたという訳です。
(当方、絵画や芸術作品鑑賞も趣味で一時期は美術館巡りに相当凝っていました。)

主にイタリアの文豪ダンテが書いた"神曲"に関する版画が展示されていましたが
天才が天才を表現したとしか言いようがない作品ばかりで、上手く感想を文字で書くことが出来ません。
2時間程、時を忘れて各作品を鑑賞しました。
(ダリの作品は一見して視点が何個有るのか、ふっと考えてしまう様な作風が有りますね。)


・ 売店で購入した書籍等
イメージ 2


今回のダリ展カタログ集と、当方が好きな"記憶の固執"(Persistance de la mémoire)が
デザインされたクリアファイル。今の時間帯、カタログ集を眺めながら過ごしています。



・ 追記
ダリの作品に油彩画"十字架の聖ヨハネのキリスト"(Christ de saint jean de la croix)が有ります。
その昔、クラシック音楽LP盤でカール・リヒター指揮, ロンドン・フィル演奏
ヘンデル作曲"メサイア"のジャケットに使われていました。
レコード店でそのLPを手に取った際、また家に帰って聴き続けている内に
視覚と聴覚から、何とも説明し難い感動が押し寄せて来たのを今でも覚えています。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事