ここから本文です
おおいたBB88のブログ
MD-380無事審査終了、電波出せます。JH6PPX

DMRノード制作中

DMRのトランシーバを買って、申請も受理されて無事運用できるようになったわけですが、ローカルさんに利用者がいなくて単体では誰ともつながらないので(笑)
ノードを作って遊んでみようというわけです。
このノードに外からMD-380で接続すると、インターネットでつながった先にいる他の各局さんと交信できるようになります。

ということで、プラスチックケース(防水)を買ってきて、およそのイメージを描いてみます。

必要な機材は、
ID-800(20W機)の中古
Raspberry-pi
モデムボード
インターネット回線(最初は家の有線LAN使用、のちにフリーSIMのLTEルーターを用意します)

あと、これに電源として12Vと5Vを用意します。

イメージ 2


イメージ 1
プラスチックケースの基盤だけを取り出して、各パーツを固定していきます。

イメージ 3
端子台を付けて、電源ケーブルがごっちゃにならないようにします。

で、ここまではスムーズに進んでいたのですが。
試運転の時に、なんとしたことかモデムボードを壊してしまいました!!
とほほですね..(笑)

ホントに故障させたのかあれこれ試したのですが、やっぱり新しいボードを注文して、出直してきます...

イメージ 4




この記事に

開くトラックバック(0)

ソニーの短波ラジオ(SONY ICF-M780SL)にアマチュア無線用のアンテナをつないで感度アップを図りました。

経緯を改めて書いておくと、
まず住んでいるところがマンション住まいなので、鉄筋コンクリート造りです。そのため、室内では地元のAM放送局が雑音交じりで辛うじて聞ける程度です。ロッドアンテナからワイヤーを伸ばして屋外に出しても、そうたいして感度アップにはならずお手上げ状態でした。

そこで、インピーダンス変換回路を内蔵させて、アマチュア無線用のアンテナ(といっても、ベランダに2.2m長のホイップアンテナ)に接続してやろうというわけです。

使用したトロイダルコアは、

アミドン トロイダルコア T-37 #2 
です。
巻き方とかはまた今度手書き図面にして。。。

そして、結果は上々です!!
マンション住まいなのに、とてもよく聞こえるようになりました。

イメージ 1

イメージ 2
イメージ 3
BNCコネクタをラジオの裏面に取り付けて、しっかりと固定しました。

イメージ 4

イメージ 5

表から見た限りでは改造は分かりませんので、景観は損ねていません。


この記事に

開くトラックバック(0)

「昔の据え置き型ラジオ(真空管の時代から)、およびBCL用ラジオの多くの受信部入力回路は200〜1kオーム付近の高インピーダンスとなっている。」
と記載されたWebを見つけました。あのAORでした。

しかも、AORは「インピーダンス・マッチング・トランスMC-600」という製品を出しており、早い話、これを使えば先に書いたソニーの短波ラジオICF-M780SLも、その本来の性能を生かせそうです。

でも、まずは自作してみましょう(笑)そのほうが楽しいに決まっている。








この記事に

開くトラックバック(0)

ICF-M780SL FM/SW/MW/LW PLL SYSTHESIZED RADIO

正式な型番を覚書として書いておきました。
そして、裏ブタを外してみました。
とてもスッキリしてます。空間も結構空いています。
おっ、これならインピーダンス変換回路を内蔵できるのではないか?!

つまりこういうことです。
昔の据え置き型ラジオはアンテナ端子は2つあって、1つは空中線、残り1つはアースです。さらに600オームのインピーダンスらしい?

なので、ここからは私の勝手な想像ですが、このソニーのラジオのアンテナも600オームだと仮定して、50オームへのインピーダンス変換回路を作ってやればいいのではないか?ということ。
そうすれば、アマチュア無線用のHFアンテナに接続出来て、受信もばっちりになるのでは?

ちなみに、今日やってみたのですが、この短波ラジオのホイップアンテナをベランダアンテナに通じる同軸ケーブルのコネクタに接触させてみて、どれだけ受信状況が変わるか見てみました。もちろん、ホイップアンテナだけのときよりはるかに良くなり、今まで室内では入らなかった局が聞こえるようになりました。
しかし、FT-818で59オーバーで入っている局が辛うじて聞こえてくるようになった程度です。

ということで、ちょっと作戦練ってみます!


イメージ 1

イメージ 2


この記事に

開くトラックバック(0)

久々のおニューの短波ラジオ!
なんでいまさらソニーを、とも思いましたが、たぶんこれが最後のソニー短波ラジオ。
なかなかいいもんです。
うちはマンションなので、どんなラジオでも室内だと入りが悪いので、アンテナをなんとかしないといけません。今日のところはホイップアンテナの先に、ワニ口クリップ〜単線〜窓のサッシの外枠に接続してみましたが、ダメですね...

あとで、アマチュア無線用の7メガ帯のホイップアンテナがあるので、それにつないでみます。


イメージ 1



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事