のど自慢で「糸」を歌った中学生の動画が話題になっている

一中学生がのど自慢に出て、歌った姿の動画が拡散し続けている。
放送されたのは12月10日、そのあとすぐにTwitterにアップされ、拡散、動画再生回数が伸び続けている。

のど自慢の会場は島根県安来市。歌ったのは学生服を着た男子中学生。歌った歌は中島みゆきの「糸」。
結果、鐘ふたつで合格ならず。同時に同じ日に出場した女子高生が歌う動画もアップされていて、こちらは鐘連打で合格。でも同じようにアップされても、男子中学生の「糸」のほうが多くの人に支持されるという現象が起こっている。

クリックして、画面を大きくして動画を見て下さい
https://twitter.com/bluemidorin/status/939701669905829888


ジャニーズのタレントのようなびっくりするような美少年でもない。
ウィーン少年合唱団のようなびっくりするような綺麗なボーイソプラノでもない。
中学1年生らしく、黒のブカブカの学生服を身にまとい、直立して、声変わり前の少年らしい声で、ただ淡々と、それでいてやさしく、丁寧に歌っている。
人に感動を与えようと感情を込めて歌い上げているわけでもない。
不要なテクニックをつかって歌っているわけでもない。
したがって合格しなかったが、それゆえに聴いた多くの人になんともいえぬ清涼感と寂寥感を与えてくれた。

イメージ





イメージ



不合格の鐘ふたつがなったら、そこで歌うのをやめなければならない。
最後まで歌えなかったことが悔しかったのかも知れない。顔を伏せて、司会の小田切アナウンサーの所へ、自ら近づいていき、その懐へ飛び込みそうな勢い。
泣いているのかも知れないと一瞬思わせるような素振り。

そんな中学生を抱くようにしてインタビューを始める小田切アナウンサー。
甘えるように前髪を掻き上げ顔を上げる中学生。
それを見て慈悲深い満面の笑みを投げかける司会者。



イメージ





イメージ



なぜこの歌を選んだのかという問に「みんなが知っている歌だから」と答え、歌そのものには執着はなかったようだ。
ただ遠く離れた兄弟に元気でいることを知らせたかった。ということだそうだ。

この動画を自分のTwitterにアップした人は、この3月にも同じ「糸」を歌って合格した大人の男性の動画をアップしている。
大きな声で、感情豊かに歌い上げ、「自分の歌を聴いて感動してくれた人がいた、自分は歌で生きていきたい」と言っている。

クリックして、画面を大きくして動画を見て下さい
https://twitter.com/bluemidorin/status/843305438380670976

この人も実力があるんだろうけど、中学生の動画を先に見てしまったので、この男性の言葉に、ちょっとしらけてしまった。
ちなみにこの男性の動画再生回数。7ヶ月間で8万回。

中学生の動画再生回数。1週間で39万回。

歌が上手だからといって、聴いた人が感動するわけでもないらしい。
感情を込めて歌っても、聴いた人が感動するわけでもないらしい。



ちなみに今日17日ののど自慢でも「糸」を歌った男子中学生がいた。運動部に属していたが歌が上手ということで合唱部に引き抜かれたという。大柄で半袖半ズボンの体操着を着て歌い上げ、見事、鐘連打で合格したが・・・・・・・。


転載元転載元: ガニメデス(Ganymedes)

この記事に

開く コメント(0)

承前。

<豪警察、「北朝鮮の諜報員」を逮捕 ミサイル部品や技術の売却を計画か>

AFP 2017年12月17日 15:58 発信地:シドニー/オーストラリア
【画像】豪シドニーで、北朝鮮の諜報(ちょうほう)員だとして逮捕した男(赤色の服)を連行する警察(2017年12月16日撮影)。(c) AFP/AUSTRALIAN FEDERAL POLICE

【12月17日 AFP】(更新、写真追加)オーストラリア連邦警察(AFP)は17日、「北朝鮮に忠実な諜報(ちょうほう)員」だとしてシドニー在住の59歳の男を逮捕したと明らかにした。オーストラリア国籍を取得している朝鮮系の男は、北朝鮮の資金源とする目的で、対北朝鮮の国際制裁に違反してミサイル部品や技術の闇取引を仲介しようとしていたという。違法売買が成功していれば北朝鮮に「数千万ドル(数十億円)」規模の資金が渡っていた可能性がある。

 男は、弾道ミサイル製造施設を設置するための話し合いに参加していた他、北朝鮮のミサイル製造計画や部品、ソフトウエア、技術的な専門知識の譲渡に関与していたという。

 豪連邦警察のニール・ゴーハン(Neil Gaughan)警視監は記者会見で今回の事件について、「オーストラリア国内でこれまでに見たことがない」とし、男が北朝鮮の政府高官と接触していた疑いがあると付け加えた。また、「男は愛国的な目的を果たすために行動していたとみられ、北朝鮮に忠実な諜報員」だと述べた。

 男が取引しようとしていた個人や組織名は公表されていないが、その他の政府機関や政府関係者は含まれていないという。

 豪在住30年の男は、北朝鮮の石炭のインドネシアやベトナムへの売却を含め、計画していた取引のために暗号化された通信を用いていたとみられる。

 男は6件の罪状で起訴され、最高刑ならば禁錮10年が科されるが、捜査当局は石油や宝石の原石など他の取引計画についても調べており、罪状はさらに増える可能性があるという。

 大量破壊兵器禁止法や国連(UN)の対北朝鮮制裁への違反による逮捕・起訴の事例はオーストラリアでは初めて。(c)AFP

北は人々がより集う社会でも国家でもない。金一家の独裁、マインドコントロールと搾取、犯罪組織なのだ。過去のアホ外交官世界常識から早く脱し国連も(世界の人々も)見識をもって北(北の人々ではなく金一門とその仲間たち)を排除、地上から抹殺すべきだ。↑は民間人のケースでしかないが、北の場合、外交官の資格で各国で多くの犯罪を犯している、こちらがはるかに深刻な問題だ。

転載元転載元: raccoon21jpのブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

カップうどんの戻し時間はなぜ5分? 東洋水産と日清食品に聞く

12/17(日) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 もうすぐ大晦日。年越しそばはカップ麺、さらにうどんも可というのが近ごろのご時世だ。そこで、素朴な疑問が。ラーメンやそばは、麺の戻し時間が3分のものが多いのに、なぜうどんは5分と長いのか?

「赤いきつね」の東洋水産の広報担当者が言う。

「麺の戻し時間の決め手は“太さ”と“乾燥方法”です」

 まずは「太さ」。成分の配合割合にもよるが、基本的に太い方が戻し時間がかかる。逆に細いほど短くなり、同社の場合、「細麺が特徴のとんこつラーメンには1分の商品がある」という。

 次に「乾燥方法」。インスタント麺には大きく分けて「フライ麺」と「ノンフライ麺」の2種類がある。一般的には、油で揚げて早く乾燥させたフライ麺の方が戻し時間が短く、熱風でじっくり乾燥させたノンフライ麺の方が長くなる。同社のノンフライ麺の代表銘柄「マルちゃん正麺」は、ラーメン(カップ)でも5分。「赤いきつね」はフライ麺だ。

■本当はもっと長くしたいが…

 カップうどんといえば「どん兵衛」も有名だ。日清食品の広報担当者にも聞いてみた。

「本物のうどんに近い太さや食感を再現するには、どうしても戻し時間がかかります。本当はもっと長くしたいくらいですが、5分がお待ちいただけるギリギリの時間との判断です」

 なるほど、おいしさと消費者のガマンをバランスしたということか。そもそも戻し時間ありきではなく、作りたい麺があって、そこに必要な戻し時間を設定しているという。ちなみに、どん兵衛はフライ麺。ノンフライ麺の代表格は「ラ王」だが、こちらもラーメンタイプながら戻し時間は5分と長い。かつては戻し時間1分の商品もあったが、現在は製造していないという。

「早く戻る麺は早くのびる麺でもあります。最後までおいしく召し上がっていただくのも大切だと思っています」(日清の広報担当者)

 たかが戻し時間、されど戻し時間だ。

最終更新:12/17(日) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「送り手の課題」差別や偏見の助長/依存症

12/17(日) 10:00配信

日刊スポーツ

<ネット&スマホ、薬物依存 医療ライターしんどうとも(27)>

 今年1月31日、厚生労働省で薬物報道に関する記者会見が開かれた。会見で「依存症問題の正しい報道を求めるネットワーク」が、テレビ、新聞などのメディアによる過剰な報道がプライバシーや著作権を侵害する危険性について指摘し、「薬物報道ガイドライン」を作ることを提案した。昨年7月に結成したネットワークには、依存症関連の市民団体、当事者団体、家族、治療者、研究者らが加わっている。

 ガイドラインでは、メディアの報道が薬物依存の当事者、治療中の患者、支援者、その家族や子どもなどへ強い影響を与えることへの理解を求めている。さらに、薬物依存症は犯罪につながるという印象が強いが、(1)医療機関や相談機関を利用することで回復可能な病気だということ、(2)相談窓口の紹介と警察、病院以外に「出口」があること、(3)友人・知人・家族がまず専門機関に相談すること、などを理解し伝えることが望ましいとした。

 また、番組や紙面等で「白い粉、注射器」といったイメージカットを用いない、薬物への興味をあおるような内容にしない、人格を否定する表現を避ける、といったことも列挙。逮捕された有名人が薬物依存に陥った理由を臆測し、使用が必然であったかのように取り上げない。あるいは「薬物使用疑惑」をスクープにしないよう求めている。依存症への偏見や差別の助長といった「弊害」を生む可能性があることも、指摘している。

 繰り返し強調されるのは、「犯罪からの更生」という文脈だけではなく、「治療や回復が可能だという事実」を伝えることだ。依存症の背景には、貧困や虐待といった社会的問題が根深く関わることがある。そのため、薬物依存に詳しい専門家の意見や、回復した人の姿を伝えることも重要だ。依存症からの回復を妨げるような内容ではないのか。ネットの普及で、誰もが情報を発信できるようになった今だからこそ、送り手の課題として重く受け止めたい。

最終更新:12/17(日) 10:00
日刊スポーツ

転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


デイリー新潮
「貴乃花」停戦条件は「モンゴル互助会」殲滅(下)
 日馬富士(33)の暴行事件を巡る貴乃花親方と相撲協会の争いは長期化の様相を呈している。親方が来年の初場所にも被害者の貴ノ岩(27)を出場させない意向をもらしているためだが、その彼が八角理事長に突きつけた停戦条件は1つ。それは、「モンゴル互助会」の殲滅――。八百長に応じず、ガチンコ相撲を貫く貴ノ岩は、かねてより“汚い相撲は取らない”と公言。事件の夜には、これを耳にした参加メンバーから、貴ノ岩の言動に対する叱責があったという。

 ***
「貴ノ岩がガチンコ力士だというのは有名です」

 と話すのは、今回の事件を機にモンゴルから来日し、日本のメディアをさんざん引っ掻き回して嵐のように去って行った元旭鷲山だ。

「今年、貴ノ岩は横綱白鵬に勝ったけど、モンゴル会に来ないから、皆に嫌われているというのもあった。だからちょっと“なんだ”と……。親方が真面目すぎてモンゴル会に行かせてもらえない、というのもあったわけだけどね」

 また、モンゴルにいる貴ノ岩の兄に聞くと、

「日本の相撲界のナイラ(八百長のこと)については聞いているよ」

 とのことだった。

 今回の事件を巡っては、貴乃花親方が協会に報告することなく警察に被害届を出したことや、その後の協会からの聞き取りに「よく分からない」などと答えたことが「不可解な事実」として報じられてきたが、

「これも“八百長”“ガチンコ”というキーワードを含めて事件全体を捉えると、クリアになります」

 貴乃花親方に近い相撲協会関係者はそう語る。

「まず、そのようなキーワードが見え隠れするような事件について協会に報告しても揉み消されるのは目に見えている。だから協会からの聞き取りをはぐらかし、貴ノ岩本人への聴取を拒否し続けているのです」
民事訴訟検討の理由
 早々と警察を介入させた理由はそれだけではない。

「貴ノ岩が警察の聴取に対して、“八百長”“ガチンコ”という言葉を口にすれば、それは供述調書という公的な書類に残される。貴乃花親方が民事訴訟も辞さない構えを見せているのも同様の理由で、裁判の過程で貴ノ岩が八百長に言及すれば、それは裁判記録に残るし、傍聴した記者が記事にするかもしれない。警察や裁判所が事実を把握し、それが公になれば協会の八角理事長も動かざるを得なくなる。貴乃花親方の狙いはそこにあるのです」(同)

 現役時代、ガチンコ相撲を貫いた貴乃花親方の「八百長嫌い」は徹底しており、

「北の湖さんが理事長をやっている時に貴乃花親方が“八百長完全根絶”を進言したことがある。北の湖さんは“俺の時代には勘弁してくれ。でも、お前が理事長になったら自由にしていい”と言ったそうです。また、八角さんが理事長になってからも同様の提案をしたが、“そのうちに”とはぐらかされた」(同)

 そこで今回の事件を機に、改めて「モンゴル互助会」の殲滅を求めたわけである。その問題に手を付けない限り「停戦」はしない、と。
「不可解」な協会の回答
 今回の事件の背景に「八百長問題」があるということについて相撲協会に聞いたところ、

「貴誌が指摘するような事実はいずれも一切ございません」

 との回答が寄せられた。

 貴乃花親方に拒否されているせいで未だ貴ノ岩本人から一度も事情聴取できていないにもかかわらず、なぜそうした事実はないと断言できるのか。それこそ「不可解」と言わざるを得ないのである。

 貴乃花親方に近い相撲協会関係者(前出)が語る。

「千秋楽の優勝インタビューで“日馬富士を再び土俵に上げてあげたい”と語った白鵬に貴乃花親方が激怒しているのは間違いない。しかしそんな白鵬を全くコントロールできていない八角理事長への怒りはそれ以上。それもあって千秋楽パーティーで事件について語ったのだと思います」

 そこで“正当に裁きをしていただかなきゃいけない”、“私は本気で相撲道に向き合う力士しか育てたくありません”と話した貴乃花親方。それは、“本気で相撲道に向き合っていない”力士への宣戦布告のようにも聞こえた――。

「週刊新潮」2017年12月7日号 掲載

【関連記事】

転載元転載元: 街の風景10

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事