全体表示

[ リスト ]

平川地域の住民と郷土料理作りに取り組む、山口市の西京高

12/12(火) 13:44配信
宇部日報
カボチャ餅を候補に試作
 山口市の西京高(鈴木三郎校長)総合ビジネス科3年生13人が、平川地域の住民と郷土料理作りに取り組んでいる。11日には、平川地域交流センターで初の試作・試食会が開かれた。平川コミュニティー推進協議会文化・スポーツ部会(永久明部会長)主催。
 家庭科を履修する全生徒から夏休みにオリジナルのレシピを応募したところ、300点近くが集まった。商品開発の授業を選択した同科の生徒が絞り込んだ中から、同部会と山口市食生活改善推進協議会の会員が相談して「カボチャ餅」に決めた。試作会には、生徒3人と地域住民など合わせて15人が参加した。地元産のゆでたカボチャをつぶしてかたくり粉を混ぜ、シラスやゴマ、黒豆、小松菜、ニンジンなどから相性のよい組み合わせを選んで練り込み、3種類の生地を作成。丸めた生地にチーズを詰め、フライパンで軽く焦げ目がつくまで焼いた。
 地元産の食材を使った郷土料理作りは、2年前から実施。今後は食推の会員がアレンジを加え、来年1月8日に開く「ランニング教室」で、参加した地域住民に振る舞う。レシピは同校のホームページで公開予定。
最終更新:12/12(火) 13:44
宇部日報

転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事