人生に奇跡を起こす目覚めの言葉
   あなたは、魂を研ぎ澄ませて、どんなチャンスでも捕まえられるよう、
    いつもあなたの前に現れるヒントを待たなければなりません。

    ある朝のこと、「神よ、どうぞ、私がチャンスを逃さないように
    お守りください」と私は(無言で)唱え続けました。そして、その夜、
    私にとってとても重要なニュースが入ってきました。

    あなたもこのように、正しい言葉で一日を始めなければなりません。

    目が覚めたらすぐに、たとえば次のような肯定の言葉を唱えてみて
    ください。

      「神の意志が今日完了します。
       今日は完成の日、
       私はこの完成の日に感謝を捧げます。
       奇跡に奇跡が続き、
       不思議な出来事が次から次へと起こります

     これを習慣にしてみてください。そうすると、あなたは、自分の人生に
     奇跡と不思議な出来事が起こるのを必ず経験するはずです。   

                                   ゲームの法則
                     The Game of Life and How to Play It                                   フローレンス・スコーヴェル・シン
                                                金子尚美 訳
                                                                 経済界

転載元転載元: 自光録

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

高いIQは心理・生理学的に危険――米研究
2017年12月11日
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


<IQは高いほうがいい――メディアは高いIQ値を売りにするタレントを
取り上げ、こんな通説に従う傾向があるが...>

心理学研究レポートを掲載する「インテリジェンス」誌の論文によると、
優れたIQ(知能指数)値は「心理的および生理学的な危険因子」でもあることが判明した。

調査を行ったのは、アメリカのピッツァー大学とシアトル・パシフィック大学の研究者たち。人口上位2%のIQを持つ人たちが参加する国際グループ
「メンサ」の会員にアンケート調査を行った。一般的なIQ値平均が100の
ところ、メンサの会員は132以上の高いスコアを持つ。

アンケートの結果メンサの人々は、不安障害、アレルギー、喘息、
自己免疫疾患などの症状を抱える可能性が一般的なIQ値の人よりも高かった。
IQ値の高い人に何らかのリスクを指摘する研究は過去にもあり、
この調査を行った研究者も「有名な天才たちに、高い割合で精神病理が発現するということは全く新しい概念ではない」と言っている。

ただ、現在の情勢と紐付けてみると、
そこにさまざまな「啓示」が見えてくる。

大統領のヒステリーは高IQの賜物!? 

ドナルド・トランプ米大統領のIQが高いことはよく知られている。
というより、トランプ自身がアピールしている。2013年にはこうつぶやいた。「私は常識と思いやりのある(IQがとても高い)人間だ」

トランプのIQに関するツイートは多々あり、これまでに少なくとも22回投稿したと英紙ガーディアンが報じている。10月には、レックス・ティラーソン米国務長官に「馬鹿」と呼ばれた可能性があるならIQテストの結果で比較しなければならないと息巻いていた。とにかくIQに関する話題が大好きでたまらない。同紙は「彼のヒステリーは高すぎるIQのせいだ」と、皮肉っている。

「自分のIQを誇っている人は敗者」

誰もがトランプのようにIQネタに執心しているわけではない。
2004年、ニューヨーク・タイムズ紙は著名な宇宙物理学者
スティーブン・ホーキング博士にIQについて尋ねた。
するとホーキング博士は「自分のIQの高さを誇示する人は敗者だ」と答えた。

IQテスト自体に疑問を感じる声もある。高得点が出るということはIQテストの点数を(意図的に)上げることができると信じている人もいるようだ。
結局のところIQは「知性」を測る非常に狭い尺度だと認めざるをえない。

また、社会的にも経済的にも地位が高いほどIQが高くなるという現象が複数報告されている。これはどういうことか。英ガーディアンは、IQを測定することは特権的なことだとし、操作されている可能性を指摘する。

イギリスのボリス・ジョンソン外相はロンドン市長を務めていた2013年に
「IQテストの価値をどう考えていようとも、これが格差問題を議論するうえで意味を持つものであることは間違いない。
人類の約16%はIQが85以下、約2%はIQ130以上だ」と言い、
格差と知性との関連性を暗に示唆して反感を買った。

IQは社会経済的不平等を正当化する以外に、
人種差別を強化する重要なツールにもなっている。

 1994年にアメリカで出版された『The Bell Curve』は
人種とIQの関連性を調査した。つまり、アフリカ系アメリカ人は
白人のアメリカ人よりも低い得点だったという内容があり、
一部の民族は他の民族よりも劣るということを示唆した。

しかし、IQ至上主義時代は間もなく終焉を迎えるかもしれない。
もちろん指数関数的に知性を増してきた人工知能(AI)と人間の知性を
いっしょくたにはできないが、コンピューターがより賢くなるにつれ
「人間の知性」への考え方も大きく変わっていくことだろう。

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ

2017/12/11しんぶん赤旗。

転載元転載元: 裾野市議会議員 岡本かずえのひまわり畑 カバもいる

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ

イメージ
今朝、わが家の玄関にこんな物を見つけたので撮影し、こんな画像を作りました
眺めていると立体感が湧いてきますよ

それにしてもビン詰のサンタさんなんていかにも現代的ですね
そしてこのサンタさんの顔、何だか怯えているように見えるのですが・・・・・

現代社会の閉塞感・閉鎖空間に閉じ込められたような生活を強いられている現代の多くの市民を代表しているのでしょうか・・・

「成長幻想」にかられて環境を破壊し、自分たちの空間を狭めてきた人類が、空間の端の壁に気づき途方に暮れている
そんな風にも見えます

とはいえ、とりあえず「メリークリスマス」

地球環境に比べて膨張し過ぎた人類社会の問題については「偉い人」が解決策を考えてくださることに期待しましょう



転載元転載元: ヒマジンの日々〜3D画像と別府情報

この記事に

開く コメント(0)

「夫と性交渉・キスをしたことがない」と悩む女性に、江原啓之が回答

12/10(日) 18:10配信
TOKYO FM+
スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回の記事では、結婚しているが性交渉やキスの経験がなく悩む方からのメッセージと、江原の“ことば”をお届けします。

◆「時間がたてばできる?」
「結婚して1年になる夫がおります。7歳年上で、いまどき珍しいかもしれませんが、親から紹介されたお見合いで結婚しました。ですが、お付き合いを1年、結婚生活を1年経ても、性交渉どころかキスもしたことがありません。仲が悪いわけでは決してなく、食事も一緒に取り、一緒に眠ります。冗談をいい合っていつも明るいふたりです。私も時間が経てばできるようになるだろうと軽く考えていました。しかし、数年前から私の生理不順が悪化してしまい、病院に通い始めたのですが、治療の過程でどうしても『夫はいるが性交渉をしたことはない』という話をしなければなりません。先生によってはぶしつけに『なんでなの?』と聞かれたり、男性医師の場合、顔から火が出るほど恥ずかしいです。普通の人が当たり前に出来ることがどうして私には出来ないんだろうと、自分に失望しています。私は主人以外の男性とお付き合いをしたことがないので、夜の営みに抵抗があるのが一因だとはわかっているのですが、なかなか前に踏み出せません。このことは誰にも相談できず、孤独な気持ちです。子どもはいつか欲しいと思っており、夫もそう思っているようです。このまま私の身体が良くならなければ本当に子どもが産めなくなってしまうのではないかと不安でいっぱいです」

◆江原からの“ことば”
「非常に深刻ですね。結婚されているからより深刻ですが、独身の方でも性交渉をしたことがないという人が今は結構多い。私は『an・an』(マガジンハウス)の連載を20年近くしています。『an・an』は“セックス特集”などもあって、自由で進んだ女の子たちが読んでいる雑誌だと思われがちですが、実際は違う。知性は持っているけれど、経験や実践が伴っていない方が結構多く、リサーチ目的で買うのが実情なんです。既婚者でもあなたのケースのように最初からないという方もいれば、セックスレスで悩むという方もいる。セックスレスになる場合のほとんどは“ストレスフルだから”。睡眠すらろくにとれないような時代に、なかなか時間はとれない。だから、都会人に多いと思う。なので、まずはあなたも自分だけだと思わないこと。あまり自分を責めないで欲しい。
『夜の営みに抵抗があるのが一因だとわかっている』というけれど、結婚は夫婦の問題。あなたが拒んでいるわけではない。まずは第1段階としてはスキンシップから始める。手をつなぐとか、仲がいいのだから隣に座ったりする。私のいうところのオーラマーキング。彼自身が奥手なのかもしれない。また、スキンシップをしていないと、そういう深刻な話はできない。スキンシップの中で『何か問題があるのかな?』とか『自分に問題があるのかな?』と、仲がいいから話していく。次の段階で問題があるのならば、病院や医師に相談をする。そうでないのであれば、1から自分たちで努力をしてみる。非常に難しい問題ですが、仲良しだったらできるはず。一気に問題に集中すると大変だから、少しずつ。
困ったときほど感情ではなく理性。ふたりとも奥手なら、恋人から始めていけるのだからすごく楽しいと思う。こういうご夫婦はずっと仲良しさんでいられる可能性が高い。希望を持って進めていっていただきたいと思います。体のことは、気を付けて大事にしていってくださいね。社会問題があるとみなさんからお便りを募集したりしたこともありますが、こういう問題も恥ずかしいことではなく、ラジオだからこそリスナーのみなさんからもご意見を募集したいと思います。同じようなことを克服した方、同じような状況でいる方、工夫をされている方。お便りをいただけたら嬉しいです」

◆江原啓之 今宵の格言
「人生に傷つくことなどありません。磨かれたのです」
「人生を味わい深くするスパイス。それが悩みです」

(TOKYO FM「江原啓之 おと語り」より)
最終更新:12/10(日) 18:10
TOKYO FM+

転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事