盛田隆二 📎 🖇 @product1954 12 時間12 時間前

転載元転載元: 悪の枢軸(日本会議・創価学会・アメリカ軍)を日本から駆逐しよう!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



【東京地検 公安部】
菅井健二検事、児童ポルノ


(産経 2017.9.22 19:41)

 児童ポルノの
わいせつなDVD12枚を所持したとして、

東京地検は22日、

★ 東京地検 公安部
★ 菅井健二検事(44)

を停職2カ月の懲戒処分にした。

 菅井検事は事実関係を認め、
同日付で依願退職した。

 東京区検は同日、
児童買春・ポルノ禁止法違反罪で
菅井検事を略式起訴。
 東京簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、
即日納付された。

★ 地検 山上秀明
次席検事

転載元転載元: アッチョンブリケ総研

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる…」

9/23(土) 12:00配信
オリコン
 今年4月に“学会で発表するレベル”という超貴重な生物で幻とも呼ばれる「古代サメ・ラブカ」を東京湾で生きたまま捕獲した、人気グループ・TOKIOの城島茂と山口達也が、今度は“神の魚”“幻の魚”として知られる貴重生物「オオカミウオ」を8月末の北海道・オホーツク海で釣り上げたことが、わかった。その模様は、あす24日の日本テレビ系人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!3時間SP』(毎週日曜 後7:00)で放送する。

【別カット】まるで怪獣…巨大な肉食魚・オオカミウオ

 8月末、それは北海道・女満別空港での出来事。『ザ!鉄腕!DASH!!』のロケを終え、東京に戻ろうとしていた城島と山口は、乗り込んだ機内で見覚えのある人物と遭遇。その人物とは同局系『嵐にしやがれ』(毎週土曜 後9:00)のロケを終えたばかりの後輩、嵐の大野智だった。「あれ! 何でおるの?」(城島)、「えっ!? 大野も北海道来ていたの? 何の企画?」(山口)。実はTOKIOの2人も大野も、北海道に来ていた目的は偶然同じ、世界遺産・知床半島の海底100メートルに棲む“北海の親分”こと「オオカミウオ」を捕まえることだった。

 「オオカミウオ」は、硬骨魚綱スズキ目オオカミウオ科に属する海水魚で、全長は約1メートル。歯が鋭く恐ろしげな顔つきからその名がつき、東北地方北部からオホーツク海、ベーリング海の水深50〜100メートルの岩礁域に生息する。口には強大な歯が並んでおり、貝類や甲殻類をかみ砕いて食べる巨大な肉食魚で、その怪獣のような見た目から、釣り人たちが一度は釣り上げたいと願う“幻の魚”でもある。

 話しは冒頭に戻り、そんな「オオカミウオ」を釣り上げようと、偶然、全く同じ日にTOKIOと嵐は、世界遺産の知床半島へやってきていたのだ。しかし、残念ながら大野の釣果はゼロ。その手で「オオカミウオ」を釣り上げることは出来なかった。その事を機内で乗り合わせた山口に伝えると「みてよ(笑)この写真」(山口)と、差し出した画面には、1メートルを超える「オオカミウオ」と、その怪魚を釣り上げ、満面の笑顔の城島&山口の姿が。

 2人の持つこの“ヒキ”の強さには、釣り名人として知られる大野も「これはすごすぎる……」と思わずぼう然。しかも、今回の『ザ!鉄腕!DASH!!』知床ロケで城島と山口が釣り上げたのは「オオカミウオ」1匹だけではないという。

 島田総一郎プロデューサーは「オオカミウオは、アイヌの言葉で『チップ カムイ』(神の魚)と呼ばれ、上級者でも簡単に釣り上げることが出来ない魚です。現地の釣り名人からも事前に『あまり期待せず、釣れたらラッキーくらいの気持ちで』と言われていたんですが」と明かしつつも「僕たちスタッフは全員、城島さんと山口さんの『神の手』を信じていました」と満面の笑み。「久々にすごい映像が撮れたので、是非オンエアでご覧になってください」と視聴を呼びかけている。

 また同日の放送では、国分太一とナインティナインの岡村隆史が、沖縄のジャングルに潜む危険な外来種を捕獲して高級イタリア料理にする模様や、DASH島では佳境を迎えるレンガ造りの反射炉の様子を放送する。

転載元転載元: nk8**6eのブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017/09/21 に公開
野田聖子が文春砲をモロに喰らって瀕死寸前!夫の正体を文春編集長に暴かれ即死級のスキャンダル!

転載元転載元: 強い日本 優しい日本 賢明な日本

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


マネーの達人
現状の皆保険制度に基づく医療は今後も持続可能なのか
すべての国民が等しく医療を受けることができる国民皆保険制度について、医師の半数が維持できないと考えているそうです。

医師向け情報サイトであるメドピアと日本経済新聞が全国の医師約1000人に対して行った調査にもとづくもので、

「現状の皆保険制度に基づく医療は今後も持続可能と思うか」

という質問に対して、52%の医師が「そうは思わない」と回答したそうです。

維持できない理由としては、高齢者の医療費増大、医療の高度化などが多く見られます。

一方、維持できると答えた人の多くが「患者負担の増加」や「消費税の増税」といった条件を付けているそうです。

つまり、「今のままでは」という前提条件をつければ、現場で働く医師のほとんどが、国民皆保険制度は維持できないと考えているようです。

財政的な緊急性から考えると、公的年金制度よりも医療保険制度の方が、状況はかなり深刻と言えるのです。

ご存知のとおり、国民皆保険制度は、誰でも同じ水準の医療を3割の自己負担で受けることができ、医療費が高額になった場合は、さらに補助される仕組み(高額療養費制度)となっています。

しかし、この制度の維持には莫大な費用がかかります。
国民皆保険制度維持費が大変
2015年度における国民医療費の総額は41兆円超、国民からの徴収保険料と患者自己負担でカバーできているのは全体の約6割、残りは税金などから補填される仕組みになっていて、公的負担がなければ、制度を維持することは極めて困難となっています。

年金の場合は100兆円を超える積み立てがあり、保険料徴収が滞る状況が長く続いても、ある程度は時間を稼ぐことができます。

しかし医療保険については、積み立てがほとんどなく、その年にかかった医療費は、その年に徴収した保険料や税金で賄う必要があります。

つまり、医療費が高騰してしまった場合には打つ手がなくなってしまうのではということが危惧されているのです。

ただこのことに関してはあまり意識されていないようで、いろんなところで問題提議はされてはいますが、国民の関心は、どうしても年金制度に向いてしまっているようです。

繰り返しますが、年金制度よりも医療制度のほうが大変なのです。
皆保険制度維持のためには
この現状を打破するにはどうすればよいのでしょう。

■まずは、保険料負担増

まず容易に想像されるのは保険料負担増です。

保険料で成り立っている制度ですから、保険料を引き上げることで皆保険制度維持の原資を確保することが考えられます。

このことは年金制度も同じで、制度維持のためには徴収額を増やすことで制度維持をはかることは十分に考えられます。

しかし、おそらく多くの国民は反対するでしょう。

医療制度や年金制度の、いわゆる社会保障制度の保険料は、収入によってその額は異なりますが、税金計算のように、扶養家族がいるとか、生命保険に入っていることによる税額調整(所得控除)はありません。

社会保険料算定においては、そういう家族構成などの個別事情は一切考慮されません。

扶養家族がいるいから、高齢者を養っているからといって、社会保険料を安くしてもらうことはないのです。

■次に、自己負担額増

次に考えれるのは、私たちが医療機関窓口で支払う自己負担額増です。すでに高齢者でも収入がある人の窓口負担は増えています。

具体的には自己負担割合3割という数字を増やすのかどうかということで、保険料とともに国民の負担感に直接つながることになるので、選挙を意識する政治家は、この領域には踏み込みづらい話なのかもしれません。

皆保険制度維持のための税金投入額を増やすことも考えられます。増税です。具体的には消費税率引き上げになるのでしょう。

ところが今の景気状況から判断して、いま消費税率引き上げをすれば、景気失速が懸念されます。安倍政権下では、消費税率8%から10%にすることを見送っています。

保険料アップ、自己負担額アップ、増税、どれをとっても国民の負担増につながるものになります。
国民負担増なしで皆保険制度を維持させるには
では、保険料増や自己負担額増をせず、増税もしないで皆保険制度を維持させるために考えられることは何でしょう。

それは、医療給付費を抑えるしかありません。

医療給付費とは、患者負担3割の残り7割を、保険制度から医療機関に支払うものを言います。これを下げるということは、保険診療そのものを縮小させることになります。

たとえば、ある治療でレントゲンを取り、検査をして治療を行い、それぞれの保険診療点数を積算すると「100」になったとします。

患者さんに「30」を負担してもらい、「70」を医療給付費として保険制度から医療機関に支払います。

医療給付費増大が皆保険制度を圧迫しているのですから、患者負担を増やすと給付費が減ることはお分かりでしょうが、それができないときは、そもそもの保健診療の「100」を下げるしかありません。

治療ごとの保険点数を引き下げるのです。

【関連記事】

転載元転載元: 街の風景9

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事