siokobe
竹中へいぞう だけが儲かる制度か!?

2014/08/09 に公開
【日本移民受け入れデメリット】移民メイド解禁! 私の大嫌いな竹中平蔵が儲かるだけでしょ?【三橋貴明】侍News
三橋貴明 新刊≫http://goo.gl/NbdIhD

引用元:文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」8/6放送分より
http://www.joqr.co.jp/index.php

転載元転載元: 強い日本 優しい日本 賢明な日本

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

白昼強盗を「救世主」として称揚する天下にまたといない逆賊の群れ 朝鮮中央通信社論評

【平壌7月25日発朝鮮中央通信】南朝鮮当局が米貨物船「レイン・ビクトリー」号を引き入れようとしている。
「レイン・ビクトリー」号と言えば、過去の朝鮮戦争の時期、人民軍の再進撃によって敗走していた米帝がいわゆる「興南撤収作戦」なるものに動員させた船の中の一つで、原爆恐喝で数多くの共和国住民を南朝鮮に連れて行った罪悪の船である。
かいらいは、米国でさえ廃棄品になってくず鉄として売却処分される境遇にあるこの古物を「韓米同盟の象徴」として巨済島に置いて「興南撤収の奇跡と平和の意味をかみしめることのできる記念公園をつくる」とけん伝している。
わが民族の恨みと憤怒を込めて粉々に爆破しても満足しない醜い物を数十億ウォンのお金を払って買い入れて従米屈従を鼓吹しようとするのは、民族の血と魂が毛頭ない間抜けな逆賊らの妄動である。
わが民族に計り知れない惨禍と災難だけを浴せかけた米国を神頼みにし、「恩人」として仕えるかいらいの醜態こそ、全同胞に対する我慢できない冒とくであり、許しがたい愚弄である。
「興南撤収作戦」について言うなら、これは1950年末、長津湖のほとりで侵略戦争史上、最も悲惨な敗北を記録した米軍が戦闘技術機材はもちろん、凍死した同僚さえ置き去りにしてあわただしく逃げた逃走行為であった。
このような米軍が数千人の共和国住民を懐柔して船で連れて行ったことには、自分らの命維持のための「人間盾」が必要であったからだ。
過去の戦争の時期、米帝が南朝鮮地域で働いた天人共に激怒する殺人蛮行だけを見ても、米軍は決して「救世主」「平和の使徒」ではなかった。
「全ての難民に発砲しろ」「白い服を着た者は一人残らず爆撃して殺してしまえ」との殺人命令に従って平和的住民を無慈悲に虐殺した。
米帝は1950年9月から1951年2月の敗走の時までの間だけでも、ソウルで14万7000人余りを殺害した。
戦争の期間、南朝鮮で殺害した住民は、おおよそ124万人余りに及ぶ。
当時、あるフランス紙は、ソウルで米帝殺人鬼が愛国者たちの頭皮を剥がして「記念」に分けたぞっとする行為を働いたことについえ「20世紀の最大の蛮行は米軍が朝鮮で働いた」と伝えた。
にもかかわらず、南朝鮮の親米手先らは「崇高な犠牲」「最大の人道的作戦」などという間抜けな言葉で野獣らをおだて、朝鮮民族の血で塗られた船を引き入れて事大主義的屈従教育までしようとしている。
白昼強盗を「救世主」として称揚するかいらいこそ、民族の恥である。
南朝鮮当局は、「レイン・ビクトリー」号を引き入れる場合、全民族と後世から天下にまたといない売国奴としていつまでも呪いと糾弾を受けるようになるということを銘記して汚らわしい反民族的売国行為を直ちに中止すべきだ。−−−

転載元転載元: 鴨川のブログ

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

過去の国会答弁を修正
 
泥棒しても返したら無罪
議事録も修正すれば済むという安倍流論理
 
当時の国会での答弁が嘘とバレれば
混同や勘違いと言えば良い
 
これで内閣支持率も回復だ〜!
安倍晋三
 
イメージ 1



 
 参院予算委員会は二十五日、安倍晋三首相が出席し、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題などを巡り閉会中審査を行った。安倍首相は前日の衆院予算委での審査に続き、「今年一月二十日に加計学園の計画を初めて知った」と繰り返し答弁した。野党側は、愛媛県今治市が特区提案した段階で加計学園が事業主体と知っていたことをうかがわせる過去の首相答弁を引き合いに、「もっと前から知っていたのではないか」と追及した。
 安倍首相は六月十六日の参院予算委で、今治市に獣医学部を新設したいという加計学園側の意向を知った時期を問われ、「構造改革特区で申請したことについて承知していた」と答弁。同市の構造改革特区への申請は二〇一四年十一月が最後で、答弁通りなら、この時期までに加計学園の計画を知っていたことになる。
 民進党の蓮舫氏がこの答弁を取り上げると、安倍首相は「それは急な質問で混同した」とし、計画を知ったのは「一月二十日だ」と主張して、過去の国会答弁を修正した。安倍首相は獣医学部新設に関する特区提案について、「提案者は今治市であり加計学園ではない」とも繰り返した。「第二次安倍政権でも今治市は構造改革特区に四度申請したが、数十件の特区申請のうちの一つであり、四度とも却下したから知らなかった」と付け加えた。
 今治市の提案を認識した時期は「二〇一五年十一月から今治市の国家戦略特区の議論が進み、獣医学部設置の提案を知った」としたが、「事業主体が誰かは説明がなかった」と述べた。
 学園の加計孝太郎理事長との関係では、「政治家になる前からの友人だが、立場を利用して何かを成し遂げようとしたことはない。相手の立場を利用するなら友人とは言えない」と語った。
 これに先立ち、自民党の青山繁晴氏は前川喜平・前文部科学事務次官に対し、「加計ありきというのは前川氏の印象ではないか」と質問。前川氏は、昨年八月に加計学園理事の木曽功・元内閣官房参与から「今治の獣医学部新設をよろしく」と言われたと説明。「その後、高等教育局の担当者から説明を受け、(今治の獣医学部新設は)文科省として加計の問題だと考えていた。内閣府も同じだった」と述べた。
 前川氏はさらに、「今治」と記載されているが「加計」とは言及されていない文科省文書が存在すると指摘。文書には「今治市の区域指定時より『最短距離で規制改革』を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だ」などと書かれていることを挙げ「全体としてみれば加計ありきだ」と主張した。
 
 
<おまけ>

矛盾突かれ防戦 傷広げた首相

7/25(火) 21:29 掲載
参院予算委員会の閉会中審査で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設についての質問を聞く安倍晋三首相=25日午後、国会内(時事通信)

「おわび」「訂正を」=安倍首相、防戦一方に―「加計」答弁食い違い・参院予算委

 参院予算委員会の25日の閉会中審査は、安倍晋三首相が加計学園(岡山市)の獣医学部新設計画を知った時期に関する答弁の食い違いを野党側が集中的に追及する展開になった。(時事通信)
 
安倍幼稚園の発表会じゃあるまいし
お詫びと訂正で済む問題では全く無い
大嘘吐きの証明(暴露)だ
 
 
 
 

転載元転載元: 平和へのブログ 過去から未来へ!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ

御用メディアの産経がどうして「イラ菅」「最悪の宰相」などと罵倒したか。これを読めば分かるはずだ。 (敬称略)

 歴史の悪名をさらした「最悪の宰相」は誰あろう、安倍晋三その人だ。

 菅直人が首相だった時に東日本大震災が起き、フクイチ(東電福島第一原発)で水素爆発が起きた。

 その時、民主党政権。60年以上にわたって自民党とピッタリ呼吸を合わせた官僚は、菅直人に非協力的だった。

 政官癒着の構造を壊されたくなかった。そのためには1日も早く民主党政権を追い落とし、自民党に復帰してほしかった。

 その結果、官僚たちの組織的なサボタ−ジュに見舞われた。菅直人の手元には正確な情報が入らなかった。

 異変に気付いた菅直人は母校の東工大の恩師に助けを求め、この先起り得る悪夢を初めて知った。日本が危ない!このままでは、原発で日本中が汚染され、破壊される。

 菅直人は直接、福島に乗り込んだ。周囲は危険だと止めた。が菅直人は振り切って現場に向かった。そしてこう叫んだ。

 「60歳以上の者はオレといっしょに死んでくれ!」ー。 そう言ってしり込みする東電幹部を同行させた。

詳しくはここをクリック
日本を救った菅直人に「対応がまずい」? は
http://79516147.at.webry.info/201704/article_131.html

「死んだっていい」と死を覚悟の菅直人! 
http://79516147.at.webry.info/201704/article_178.html

転載元転載元: 情報収集中&放電中

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ

🏕インドア派キャンパー @I_hate_camp 59 分59 分前
集中審理。安倍「知りうる立場にはいたが1月の末まで加計学園が獣医学部新設の申請をしている事は知らなかった」(議場から、ええーっ、大合唱)ムチャクチャにも程があるだろwwww


「総理のご意向」で食い違い=前川前次官と政府側−衆院予算委

衆院予算委員会が24日に行った閉会中審査では、加計学園による国家戦略特区での獣医学部新設をめぐり、参考人として出席した前川喜平前文部科学省事務次官が「文科省が内閣府から『総理のご意向』と聞いたことは事実」と改めて主張する一方、政府側の出席者は首相の関与をそろって否定し、主張は食い違ったままだった。


 この日は、前川氏が獣医学部新設の「キーパーソン」と指摘する和泉洋人首相補佐官も出席。問題をめぐり、公開の場で初めて顔を合わせた。
イメージ衆院予算委員会の閉会中審査で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画について答弁する和泉洋人首相補佐官=24日午前、国会内
 前川氏は昨年9月9日、和泉氏に呼ばれ「文科省は対応を早く進めろ。総理は自分の口からは言えないから代わって私が言う」と言われた、と改めて証言。これに対し、和泉氏は「こんな極端な話をすれば私も記憶に残っている。そういった記憶が全く残っていないので言っておりません」とやや早口で述べ、野党議員からやじが飛ぶと「言っておりません」と繰り返した。(2017/07/24-11:40) 









安倍首相、「加計」から働き掛け否定=衆院予算委で閉会中審査

衆院予算委員会は24日午前、首相が出席して閉会中審査を行った。首相は、国家戦略特区を活用した学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐり、友人である加計孝太郎理事長からの働き掛けがあったかどうかについて「彼が私の地位や立場を利用して、何かを成し遂げようとしたことはただの一度もない」と否定。「個別の案件について、私が指示することは全くない」とも述べ、不当な圧力はかけていないと主張した。


 首相は「私の友人が関わることだから、国民から疑念の目が向けられるのはもっともだ。その観点が欠けていた」とこれまでの国会答弁を反省。「丁寧な上にも丁寧に説明を重ねる努力を続けていきたい」と語った。
イメージ衆院予算委員会の閉会中審査に出席した、(右から)前川喜平前文部科学事務次官、和泉洋人首相補佐官、内閣府の藤原豊前審議官=24日午前、国会内
 地方創生担当相は、特区選定について「私が陣頭指揮を取って判断した。首相から指示を受けたことはない」と重ねて強調。特区ワーキンググループ座長の八田達夫大阪大名誉教授も「特定の事業者を優遇してほしいとの意向が首相から示されたことは一切ない。私たちの決定プロセスに一点の曇りもない」と語った。

 前川喜平前文部科学事務次官は、昨年面会した和泉洋人首相補佐官から「首相は自分の口からは言えないから、私が言う」と、学部新設へ速やかな対応を求められたと改めて説明した。これに対し、初めて参考人として出席した和泉氏は「言っていない」と全否定した。自民党の
氏への答弁。








【速報中】衆院閉会中審査 今治市職員の官邸訪問は

首相、加計理事長と「獣医学部の話は一切なかった」


「総理に代わり言う」発言、和泉補佐官「言っていない」

転載元転載元: しあわせの青い鳥

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事