水田でオカメミジンコSimocephalus vetulusをしばしばみかけます。もともと泳ぎがあまり得意ではない仲間なので、水田のように水深が浅くて、つかまる場所が多いところは具合がよいのでしょう。
データ》2019年8月10日 安城市里町北歌口水田イメージ 1

 6月30日(日)採取の作手鬼久保の池で観察したオオスジシカクミジンコAlona costataの後腹部および尾爪部分です。
イメージ 1


 去る6月30日、新城市作手鬼久保でサンプルを採取しました。山の中の小さな池のサンプルです。あまりミジンコが多い環境ではありませんでしたが、田中正明先生に見ていただいたところオオスジシカクミジンコ Alona costatatであろうとのことでした。
イメージ 1


タイリクミジンコ

タイリクミジンコDaphnia similisを見つけました。
場所は安城市池浦町の水田です。
この種類は、以前にも水田で見つけたことがあります。
イメージ 1


5月6日(月)に豊田市前林町立入池で採取したサンプルの中から見つけたCeriodaphniaですが、種名がはっきりしません。どうもこの手のCeriodaphniaは苦手です。
イメージ 1


 2019年4月6日の豊田市立入池のサンプルで、ハシミジンコモドキDisparalona rostrataと思われるミジンコを見つけました。
イメージ 1



豊田市の立入池で、しばらくぶりにサンプリングを行いました。
ミジンコ類では、ゾウミジンコが優占していました。
イメージ 1


 2018年12月9日に愛知県西尾市家武町のため池でプランクトンネットを曳いてきました。
 下の写真は、ヒメネコゼミジンコCeriodaphinia pulchella の有性生殖メスと見られる個体です。

イメージ 1


[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事