おぢや元気プロジェクト

ホームページもご覧ください♪http://www.ojiya-genki.jp/

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

大阪より、OGP後方支援をいただいております女性谷川氏と共に現地に向かいました。
地震も津波も被害の大きかった南相馬市渋佐地区の海岸付近の景色です。

自衛隊の捜索活動の中から見つけ出されたお位牌やお人形などが、片隅にご供養のお花と共に
そっと置かれてありました。
泥だらけですが、愛されたお人形だったのでしょう。
それまでの人々の暖かな暮らしを想像いたします。

今は、時が止まってしまったような無残な光景が広がっています。

しかし、生きている人たちは前に向かって進んでいこうとしています。

家や家族を失くしながら会社を再開したこと。
奥様を失くされた方が自炊などしたことが無かったのに、買い物に行ったり炊事を始めたこと。
お気に入りの失くした枕と同じ形の枕を購入できて
『今日からその枕で眠れる』とうれしそうにお話してくださったり。
みなさん、悲しみを乗り越えようとしています。

心が折れる前に、助け合って、慈しみ、みんなで手をとりあいましょう。

みなさま、機会がありましたら、現地へいらしてください、そして現実を見てください。

谷川氏は、現地で4泊を予定して災害ボランティアセンターで、ボランティア活動をされておられます。
ご苦労様です。

現地で感じたことなど、教えていただければと思っております。

私は谷川氏と昨日の朝ビジネスホテルでお別れして、いわき市へ向かいました。
現地でボランティアスタッフとして支援をされていらっしゃるS氏夫妻は現地の状況などを
細やかに教えてくださいます。

少しずつ住宅などへの引っ越しが進み、S氏は引っ越しのお手伝いなどを頑張っていらっしゃいます。ご苦労さまです。

先日新潟県長岡市内の中学生2名の方がOGPストックヤード(物資倉庫)で支援物資を箱詰してくださった物をいわき市へお届けすることができました。大変喜んでくださったのでお知らせさせていただきます。
ありがとうございました。

また是非お越しください。まっていますよ〜。

明日、平成23年5月13日は、杉並区の井荻小学校へ行ってまいります。
5時間目と6時間目の授業で5年生約60名の皆さんと一緒にグランドにある小さな田んぼで
田植えをします。
魚沼産コシヒカリの苗をお持ちして5年目になります。
いつもしっかりと手入れをして水の管理もこども達が頑張ってくれるので、秋にはお米が収穫できます。

田植えをした後に、今回の東日本大震災のお話も予定しています。
こども達と一緒に考えてみたいと思います。

この事業は、井荻小学校の『学校支援本部いおぎまる』がコーディネートしております。
こちらの活動はとても素晴らしいのです。
全国の小学校の関係者の方々にこのような支援本部があるといいな〜と思います。

私たちも、毎年5年生の皆さんにお会いするのがとっても楽しみです。


杉並区立和田小学校へも苗を提供させていただいて3年目となります。
今年も『井荻小学校学校支援本部いおぎ丸』を通じてお届けいたします。


秋には全校生徒の有志親子の皆様で新潟県小千谷市へ稲刈り体験にお越しになります。
『本当の田んぼを見においで!』とお誘いしてこの秋で3回目を予定しております。
お待ちしていますね。

昨年参加してくださった子どもさんの声
『一度“田んぼ”っていうところに来てみたかった!』
『お嫁さんになったら、毎日田んぼに来れるんですか〜!』
『大人になったら毎日来るね〜!』
『今度からご飯を残しません』
などなど・・・。

とても元気に稲刈り体験をしてくださいました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事