ここから本文です
小千谷闘牛北斗会『紅桜』のブログ
まもなく!!平成28年5月3日 小千谷闘牛初場所!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

よし、ブログ再開して牛の角突きの発信をするぞ!と宣言しながら停滞していたぎっくり腰の紅桜です。
一昨日、6月5日小千谷闘牛大会の対戦審議会が行われて予定の取組も決定しました!
まずは、遅れていた5月3日初場所の様子をお伝えします。

国指定 重要無形民俗文化財 牛の角突き

小千谷闘牛 
平成28年5月3日

イメージ 2  イメージ 3 
みまもり岩、角突き牛慰霊碑、場内の御祈祷

イメージ 4
取り組み審議会で決めた対戦取組を決定する札読み

イメージ 5     イメージ 6
当市小千谷と山古志村は錦鯉発祥の地!!かつての二十村郷として泳ぐ宝石「錦鯉」を県魚へ!!の署名活動!!
みなさん、よろしくお願いします!!

イメージ 7 

イメージ 1 東側一般席上段からの眺め

イメージ 8

イメージ 9  イメージ 10

イメージ 11  イメージ 12
900キロ〜1トンの巨体がぶつかりあいます。
巨体同士の力の均衡!身体が浮き上がることも!!
シャッターチャ〜ンス!!
イメージ 14  イメージ 15
初場所は大勢の方々が来場されました。今年もいつもの場所でいつもの人たちが
座ってます。「当たり前のようなこの風景」、「あたりまえのような日常」
そんな空気のようなあたりまえにいてくれている存在、とても重要であることを
しっかりと認識していきたいと思います。感謝。
イメージ 16 
ご意見番の皆さんの近くで耳を傾けているとマル秘情報も!?

イメージ 17  イメージ 18
テントがたててある特別席側
激突する音や土埃、実際に目の前で臨場感たっぷりでの観戦を希望される方はこちらを目指して早目のご来場を!!
車椅子の方は事前に連絡をいただければ席を確保します!!

イメージ 13  イメージ 19
場外から牛の鼻綱を離して激走してくる荒技「山ぬぎ」
確実に対戦相手に向かう牛だけに許された、一歩間違えば大問題、大騒動の瞬間
イメージ 20  イメージ 21
普段から慣れ親しんでいる愛牛を親父と一緒にひいての入場。
イメージ 22 イメージ 23
引き分けが原則である『牛の角突き』
牛たちの後ろ足に綱をかける「綱かけ勢子」、綱に群がりまっすぐの姿勢をそろえながら足を引く「足ひき勢子」、ぶつかり合う牛たちの急所である鼻をつかんで巨体を引き離す「鼻取り勢子」、どの役目も欠かせなくて、その一体となった関わりが対戦も含め大きな満足感と達成感、団結を感じ、ある意味「いきる」といったことを牛たちが闘いや
生きる様を通して示してくれているように感じてなりません。感謝。

綱ががかかっても前に前に出る角突き牛たちの姿勢には特に元気をもらうようだ。
励ましているようで励まされている自分たち、まさに「牛の角突き習俗」が日々の活力を与えてくれています。

イメージ 26 イメージ 27
この地域の闘牛は勝敗をつけないけれど、みればわかる「気持ち」をみている。
もちろん、牛だけでないことを踏まえて携われるいることを喜んでいきたい。
イメージ 24 イメージ 25


初場所の様子はまだまだありますが、こまかいドラマはまた後ほど。。。



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事