全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今、誰かを非難することは、すべきではないのかもしれない。
しかし、このまま黙認することも、私には到底できることではない。

一体、今回の事故は誰のせいなのだろうか。

天災・・・?

もちろん、最初は天災が原因だろう。
しかし、その後については、人災といっても過言ではない事象が
いたるところで出てきているのではないのか。

想定外、と言い放った、原発側の人間のザレゴトなど、
もはや、心に留まることもない。。

何が真実で、どこまでが事実なのか。
何も確証たるものは明らかにされないまま今日の日を迎えたことが
残念でならない。

そもそも、放射能の拡散に、20キロ圏内円指定はありえまい。
何を根拠に?
放射能拡散を知るには、風向きが一番大事だというのに、
それらについては、事故当初より、ほとんど何の発表もないまま。。。
あまりにも大雑把な見識に当初呆れてしまったが、
それ以降もさほど改善は見られることなく、
なぁなぁで今日まで押し切られている感があるのは、否めない。
本当に嘆かわしくも口惜しい現実だ。

嗚呼、もうそんなことはどうでもいいこと。。


今回の事故での後処理は、誰のための犠牲なのか。。。
元はといえば、東京の人間のため、、、、、、
被災もしていない人間で、なおかつ、
簡単に動物の命を絶つことを指示する人間のための、
犠牲ではないのか。。。

阪神大震災のときの教訓が、まったく活かされていないではないか。
人の心のケアが大事、と口先だけで唱えるなら、誰にでもできる。
真の心のケアの何たるかわからないで、臨床心理士を増やすだのなんだの、
形にばかりこだわって、何もわかっていないことに、
深い悲しみを覚えてならない。

今回も、犠牲となるのは、罪もない弱いものばかり。

驕れる人間はいつしか滅びる。
それが自然淘汰のなせる業というもの。
弱いものを助けられない社会に、もはや明るい未来はない。


以下、お読みいただきたい記事(ブログ)を掲載いたします。

【ぴっぴとうさぎさんの記事より】


【殺処分をなくして、皆で幸せになろう!!さんの記事】




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 2003年にオーストラリアのキャンベラの山火事で家を失った人が、支援するためのヒントということでコラムを書かれているのですが、その要約です。今回の地震被災者への支援でも参考になると思いますので、共有します。

仝酋發了抉腓亘榲に助かる。どんなに小額でも、それは大きな力、支えとなってくれる。

∪験萇需品の寄付は、使い古しのものではなく、新品か新品に近いものにしてほしい。ボタンがない、しみがある、というような服や靴は、送られた物資を整理するボランティアの時間の無駄になり、ゴミが増えるだけである。そして、物品を寄付しようと思う人は、生活になくてはならないものを送ってほしい。

時が経つに連れて、最初の数日に必要なものと、2週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、半年後、1年後に必要なものが違ってくる。歯ブラシや歯磨き粉、タオル、パジャマ、時計、財布など、最初の段階で必要なものがそろうと、次は台所用品、食器、調理器具、家具など、必要なものは次から次へと出てくる。

な庫雫餔貅亜∪面道具一式、化粧品一式、調理器具一式、日曜道具一式、というように必要なものをセットごとに寄付する形も、非常に助かる。

ゼ蠅鼎りのものは本当にうれしい。パッチワークのベットカバーや、毛糸で編んだブランケット・マフラー・手袋、手づくりのアクセサリーや子どものおもちゃなど、誰かが自分たちのために心を込めて作ってくれたものを受け取ると、心の支えとなる。

β燭の人は火事を思い出したくないために、どこかに引っ越してしまうが、焼け跡に再び家を建てて住む人がいたら、花や野菜の種をあげたり、植物や野菜の苗や木を植えてあげたり、庭作りを一緒に手伝ってあげると喜ばれる。

当時、私たちの子どもはまだ小さかったので、おもちゃ、塗り絵、色鉛筆、本、自転車などをもらって非常に助かった。

知っている人が被災したら、何か手伝えることはないか、聞いてもらえるとうれしい。家を失った直後は、事務的な手続きや混乱の中、食事を作る、洗濯する、買い物に行くといった時間や元気がなく、日々生活するために基本的に必要なことを手伝ってもらえると非常に助かる。

転載元転載元: 愉しい寄り道

開く コメント(8)

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(津波から逃れ避難所で家族と一緒に居る家族の仔)
 
 
下記の内容は、Yahooじゃぁない、他のブログの地震の記事に向けられた、被災者の方のコメントです。
 

是非読んで下さい

もう自分の避難所では電気が復旧したのに誰もテレビを見なくなりました。完全に消しています。誰も見ようともしません。異常にも思える光景です。情報は自衛隊の方に聞くようにしています。

バラエティー番組が始まった時の、皆の泣きそうな、唖然とした顔が忘れられません。みんな口には出しませんが、本当にこんなことやってる場合なの?と思ったはずです。

どうしてこんな番組が放送できるのでしょうか?有意義な情報番組はしてくれないのでしょうか?隣町はどうなったのか?どこの地域が具体的にどういう状況なのかが知りたいのです。いくつ町が水没したと思ってるんですか?それすらきちんとやってくれないのです。なら私達はどうやって知るのですか?

津波が来たとかそんなのはもう皆知ってるんです。原発もどうでもいい雰囲気です。今は食料と具体的な情報が欲しいのです。このまま東北だけで起こった東北だけの災害、東北だけの問題として終わりにする気でしょうか?

確かに被害は東北ですが、政治家が国難だとハッキリ言ったじゃないですか。なら日本人皆がこの問題についてきちんと受け止めて、考えなきゃ責任放棄なんじゃないですか?本当に関係ないのですか?

実際に史上最悪の災害じゃないですか。戦後最悪の犠牲者が出てるじゃないですか。一週間以上経つのに物資が届かないのは異常だと思わないのでしょうか?まだ死体が沢山あり、救助を待ってる人もいるのに異常だと思わないのでしょうか?

原因は自衛隊が怠けているからですか?違います。救助を優先させているので、物資を届けるのは後回しなのです。当然です。消防隊も皆出動して町には誰もいません。それでも足りないのです。ならどうして応援を頼まないのですか?被災者の自己責任なのですか?一週間も経つのに?

何から何までしてくれと言っているのではありません。最低限のことだけでいいから助けてと言っているのです。そしたら絶対に日本人は自分達だけで立ち上がれます。確信しています。最低限の環境さえ整えてくれたら間違いなく立ち上がれます。既に立ち上がろうとしているんです。

だけど食料も情報も立つ場所も無かったら立てないじゃないですか。最低限の助け位してくれてもいいのではないですか?治安悪化や問題を起こして迷惑をかけましたか?騒がずにただ日本人を、みんなを信じて耐えてるだけじゃないですか。

どう考えても救助や援助が遅すぎると思います。本当に政府は全力でやっているのでしょうか?そして、せめて他の地域の方もこの事実だけでいいから知って下さい。これでは無駄死にです。
 
 
     2011/03/19(土)14:55:42/URL/被災者/#-[編集]
 

転載元転載元: メタルのお話し

開く コメント(9)



心の奥深くまで沁みいりました。。


おやすみなさいzzz

開く コメント(2)

Bomb!

ホラ、イワンこっちゃない。
原子力発電が安全だって、保証はまったくないじゃない。
作るときは、これほど安全、効率の良いものはない、などと謳って
いざ、何か起こったら、

「想定外の問題が起きました。」

想定外・・・。

なんて胡散臭い言葉だろう。
この言葉の裏には、

想定外でした。考えられませんでした。思いも寄りませんでした。
だから、責任は取れません。

という言葉が、そのとどのつまりにはある気がして、私は
この、”想定外”という言葉、どうしても好きになれない。
というよりも、信用できないといったほうがいいだろう。
まったく潔くないこの言葉は、私自身、使いたくない言葉だ。

人為的に人間が作り出すもので、命の危険を冒す可能性のあるものについて、
「想定外」は、ありえない!と思う。

想定外を想定して臨むべきではないのか。

かけがえのない命は、一度失われたら戻ってくることはないのだ。

“今回の地震の規模は想定外だった。”

確かにそうだろう。
思いも寄らない破壊力を持ったとんでもないパワーの地震。
しかし、原子力などといったものは、使い道を誤れば、
直ちに利便性の高いものから、脅威、凶器へと変貌を遂げる。
だからこそ、その想定外の数値も加味して作られるべきではないのか?


安全性を謳っているが、では実際問題、総理が、はたまた
政府の高官が、官僚が、その家族達を
安全と謳う爆発した原子力発電所周辺に
これからしばらく住むか、といったら、誰一人として、
「住む」人間なんていないのではないだろうか。

政府の安全、安心は、疑って掛かるべきだ。

エイズ製剤でも、アスベストでも、餃子問題でも、
過去の事例を挙げれば枚挙に暇がないではないか。
専門家も、メディアもしかり。
彼らの言葉を即座に鵜呑みにすることは危険極まりない。

だからと言って全てを否定せよ、というのではないけれど、
自分の目と耳、その他、五感をフルに活用して、
こういうときこそ、冷静かつ公正な判断をくだせる眼を
持っていないといけないと思う。

少なくとも、今の政府は、弱者(国民)の味方とは言えまい。

とにもかくにも、早急に原発の爆発の原因が何か、
その危険性がどれほどのものなのか、
正確なものを知ることができたら・・・


今回の地震で被災された多くの皆様、今回の原発周辺にお住まいの方々に
心からのお見舞いを申し上げたい。


願わくば、チェルノブイリのような惨劇とならないこと、
それだけを切に願いたい。




開く コメント(7)

全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事