ここから本文です
剣崎沖で、コマセ真鯛釣り
剣崎松輪港で通年真鯛を狙う、マニアックな釣り日記です。

書庫釣行期

すべて表示

2019/4/18 天気>晴れ 風>北3m 気温>14〜21℃ 水温>17℃ 漁場>MMK〜魚礁周り60m前後 潮流>北西→北→北東→南東 色>濁り 船>一義丸ユッキー船

イメージ 1

今日も大盛況の一義丸へ。

ここ数日、チビ鯛ちゃんの数が少しばかり減ってきた反面、3〜4kgアップの良〜大鯛が多発し、再び大鯛気配が濃厚になってきたと聞き、喜び勇んでk田宴会部長と出動してきました。
イメージ 2
▲今日の一義丸も4隻出し満船!! 前代未聞の乗っ込みマダイの好漁に釣り人の乗っ込み方も半端ないです(自分含む)。自分は定番の船先端へ。もう体が慣れてきてこの突き台でも疲れなくなってきた。
イメージ 3
▲左舷前はOサダ氏と芦プロが並びます。後でやらかしますのでお楽しみに(笑)。
 

で、場所到着後すぐに船中ヒット多発。

イメージ 4
▲朝の一投目からいきなり檄反応!!普通、こんな反応はエサトリなんだけど今年はこれが全部マダイだというのだから群れの濃さが半端ない!!
 
すると開始2分後、いきなり芦ちゃんにヒット〜〜&ポロリ〜、ガクッ。
しかしすかさず再投入して、今度はガッチリフッキング成功。
イメージ 5
▲竿を気持ち良く曲げて絶好調。
イメージ 6
3kg級の光り輝く頭・・・じゃなくて美鯛を釣って、いつものポーズ。

芦ちゃんは朝一に6枚ぐらいポンポーンと連チャンし、「この人はいったい何枚釣る気だろう」と唖然呆然・・・でも安心してください、大失速しましたよ(笑)。
 
両前の自分とOサダさんは、フグに針を取られたりオマツリしたりで大出遅れ・・・。「最高に焦る」と言うOサダ氏ですが、すぐに自分とダブルヒットで本日初物をゲットして一安心。

朝は潮が左前方向にマッタリ流れ、右前は何となく当たりが遠いような感じ・・・。

仕掛けを伸ばしたり細くしたりといじりたいけど、「まあ待て」と自分に言い聞かせ、定番推奨仕掛けの「412m装飾無し」で、手返しタイミングに注意していると、ぽつ・ぽつとヒットしてきます。
 
何とか芦ちゃんに追いつき、モーニングサービスで6枚ずつぐらいゲット。今日は平均サイズが1kgから上と型が良いので、たまりません。

しかし栄枯盛衰は世の常、次第に当たりが遠のいてきたタイミングでユッキー船長は場所移動を選択。

西側で第2戦スタート。

先日良型が釣れたという場所で再スタートし、高い指示ダナを船中全員できっちりキープしてコマセを撒いていると、次第に高く舞い上がった”絶対食いそう反応”がモリモリ・・・。
 
「こいつは食うぜ」と、竿を手に持ってああしてこうしていると、モゾッ。
イメージ 7
▲竿をあおって巻いて・あおって巻いてで5m位巻きアワセをして、やっと重量感が乗りフッキング成功。

居食い系アタリがほとんどです。

今の時期は、高いタナにいる鯛が、その場でエサをくわえたままウロチョロするため、食って即反転する時の”鋭く大きなアタリ”が出ないことが多いです。


竿先を注視していないと見逃すような微妙なコツッとかモゾッのアタリにすかさず巻きアワセすると、口内もしくは口周りにガッチリ針掛かりしてバレません。


居食い系アタリに気がつかずそのままほっとくと、鯛が口内に入った針という異物を吐き出そうとするため、針が口周りに薄〜く刺さりポロリの原因になると考察。


ギューンと引っ張る前のアタリで合わせて今日はバラシ0でした。妄想か真実かわからないけど参考まで。
 
で、結構な引きを味わいつつ慎重に上げて来ると、
イメージ 8
2.6kgの美鯛に大満足。毎回芦プロのタモ入れスーパーアシストがあるので、取り込み安心で大変助かりました、ありがとうございます!!

じ、事件です!!

この漁場で2枚連続で良型マダイをゲットし、気をよくして再投入したらオマツリで「ヒット仕掛け」がぐちゃぐちゃ。凹みつつ仕掛けを交換して再投入・・・ムム? 針が小さいし糸が細い? 4号ハリスを付けたつもりが3号ハリスだったみたい。 
 
「ええいままよ、時間がもったいないのでそのまま投入じゃ」と、一刻を争いつつ檄反応にツケエサを流し込んでいきます。


すると、
イメージ 9
▲トモの方から遊びに来た某氏が、「ワシの席は当たらんから休憩〜。芦ちゃん釣れてる〜?失速した?ガハハ」と乱入、釣れてても釣れなくてもご機嫌です(笑)。

「鯛長、ちょっと写真とってや」というので、
イメージ 10
▲クソ忙しいのにと思いつつパチリ。この人が遊びに来るとなぜか当たる“上げチン”オジサンなので、竿を手に持ちつつバカ話に興じていると手許にゴツッの感触。
 
半信半疑で竿を振り上げると、ガツーンと竿が止まり一瞬後、ピピピーッ!!
 「こいつはヤバイ奴〜、しかもハリス細〜〜」とガクブルで糸の疾走を見守ります。

初っ端、竿を下げて走らせるのはガイド抵抗を少なくしてハリス切れを防ぐのと、誰にも気がつかれないようにするため・・・。走ってる途中で切られても闇に葬れるので(笑)。
 
で、20m位糸が出たところでストップしたので「k田さんふざけてる場合じゃないっすよ、大鯛当たってるんですよ」とヒット告知。もちろんユッキー船長にも合図して糸の向きを調整してもらいます。


「ほんとっすか?いや、それほどでかくないでしょ。しかし鯛長も、そろそろでかいの釣ってくれんとふがfwんlgk、ねえ芦ちゃん」とか、隣で呑気にしゃべってるけど、こっちはそれどこじゃないんですけど(笑)。
イメージ 11
▲普段は使うことのない3号ハリスなのでドキドキです。竿の曲がりが一定になるようにテンションキープしつつ隙があったら少しでも糸を回収していきます。
雑なポンピングに見えるけど、細心の注意を払ってます(笑)。タダ巻きだと上がってこないのでこんなやり取りだけど、慣れないとポンピングはダメです、バレます。
イメージ 12
▲修復したロッドは、カーボンテープ効果で手許のパワーがアップしてやり取りしやすいです。でもガクブルしてます(笑)。
 
最後まで浮かない獲物に「ワラサになるなよ」と祈りつつハリスを手繰ってくると、
イメージ 13
▲ドーンと大鯛登場に、全オレが歓喜!!
▲ユッキー船長も別角度から大鯛浮上を撮影してくれました。

帰港後、
イメージ 14
▲ザルを載せてゼロセットしてから厳密に計測してみると、
イメージ 15
6.48kgでした。ダービー中なので厳正計量です。
 
自分が持った写真を見た芦ちゃんが、「オカジーさんだと小さく見えるからオレが持ってあげますよ」。
イメージ 16
▲むむー、確かにでかく見えますねえ。

ということで大満足の釣行となったのでした・・・。

気分的にはもう終了でもよかったんだけど、潮が左前から右前→右トモへと潮変わりし、潮下気味になってきたのでさらに続行。


朝の漁場へリターンすると・・・。

西の漁場で大鯛含む良型鯛を船中ポツポツ釣った後、終盤戦はヨシンデ周辺漁場へ。
 
まあいつもながら、移動のタイミングがばっちりすぎ・・・。
 
高―いタナに全員のビシを揃え(今日のビシはきっちり揃っていたので、船中まんべんなく当たって好調でした、良きかな!!)、さらに反応の頂点にツケエサを持って行くようにタナをあげていくとゴツーン。
イメージ 17
▲今日は全体に型が良く、1.5kg前後から上が多発しました。
 
途中から仕掛けとタナ(指示ダナぴったり〜上)が完全にマッチし、誘っても置いといても、お隣さんのタモ取りに行ってても当たります。
イメージ 18
▲お隣のタモ取り中に当たったので、Oサダさんにやり取りをヘルプしてもらいました。1kg級だとこれぐらいしか曲がらないけどいい感じです。
イメージ 19
▲良い型・良い色の鯛が揃ってウハウハが止まらん!!
イメージ 20
▲いつしかイケスがパンパンの一人天国モードに。

じ、事件です!!第二段。

そんなウハウハタイムに左を見るとOサダさんに居食い系のヒットがあったようで、ハリスを手繰る段階になって尋常じゃない重量感が襲ってきたんだそうです。
 
海面を見ると泡ボコボコ〜〜。

大鯛のみが出す大量のバブル・・・。

海底からゆっくり浮上して来たのは紛れもない大鯛で、「おお、でっかいよ〜」とタモを持った芦ちゃん
 
次の瞬間、「ああっ!」「うわーっ」という二人の悲鳴が剣崎の海に響き渡った〜。
 
タモ入れ寸前、大鯛が反転した瞬間にプンッとポロって一目散に海底へと戻っていきました・・・チーン。
イメージ 21
▲「じ、自己記録更新クラスの大鯛があああああ(涙)」。かわいそすぎて笑っちゃった。
 
しかし折れかけた心にむち打ってすかさず再投入すると、またもや良型ヒット。
イメージ 22
▲乗っ込みカラーの3kg級をゲットして、
イメージ 23
▲笑顔と色が戻った(笑)。
 
結局O氏は良型ばかり4枚ゲットだったけど、
イメージ 24
▲やっぱり泣いてます(笑)。「いやあ夢に出そう・・・。妄想が加速しそうですよ」と、すぐにリベンジに挑むそうです。今日は動画や写真を撮っていただき、さらに色々笑わせてもらえて楽しかったです。またよろしくです。
 一方、
前半、怒濤の連チャン劇を見せつけた芦ちゃんですが、潮が前に行くと自分が連チャンモードになって、芦ちゃん沈黙・・・。

それでもポツポツと追加ゲットし、
イメージ 25
8枚釣って次頭。タモ入れに飛び回ってチャンスタイムをロストしつつこの釣果はかなり凄いんだけど、「オカジーにボコボコにされたから8枚釣っても素直に喜べない」だって、メシウマ~(笑)。あのとき、お伝えした仕掛けにしとけばあと5枚は・・・。
 
っていうか、まあ潮下有利席の自分が先に食っちゃっただけなんで、席が逆なら釣果も逆になるのは間違いないんですけどね。
※座席が潮上・潮下かで釣果が大きく違ってくるのがコマセ真鯛釣りの真実だから、いっぱい釣れたからといって「オレは名人だ!!」なんてイキった気分は皆無です。まあ、威張るようになったらおしまいです。不利席のド貧果時には泣き、大漁時には謙虚に喜ぶのみです。


ということで、
イメージ 26
0.96.5kg15枚(下に落ちたり誰かに差し上げたりで15枚写ってないかもですが確かにオレ、釣りました!!)。合計23kgアップとサイコーすぎる釣果で大満足。
 
今後、さらに良型が大挙して乗っ込み現場に入ってきそうな雰囲気になってきました。
少なくとも1枚は大鯛がいます、綺麗な大鯛が釣れたらどこかに「Oサダさんの忘れ物」と書いてないかチェックしてみてね(笑)。
イメージ 27

 
ということで、久々に大鯛が釣れて歓喜の釣行となりました。
 
いつ凄いのがヒットしても良いように、4号ハリスとマダイ針89号以上の堅牢な仕掛けで挑んでみてくださいね。
 
バイバイ
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事