ここから本文です
こだわり力
これはY子さんのブログからの引越しです

書庫全体表示

やる理由を考える

強迫症状を改善するには、「強迫観念が浮かんで不安だったり怖くても、自分がやらねばならない日々の諸々に行動を移すこと」「怖くて避けていることを、避けずに自分でこなすこと」「強迫行為をしたくてたまらなくても、絶対にやらず、無理やりにでも振り切って、次の行動に移ること」だと思います。

 これは行動療法の基本だとも思いますが、行動療法治療を始めると、たぶん、多くの人が、なかなか医師に言われたように出来なくて、壁にブチ当たり、どうしても勇気が出なくて、怖くて出来ない、と言うのを味わい、落ち込んで、ますます自分にも自信がなくなり、治療をあきらめてしまったりすることもあると思います。

 私も最初はそうでした。頭では、行動療法の理屈をわかってるつもりでも、「やっぱり何か起きたら怖いから、これは自分では出来ない」「何度も強迫行為をやる羽目になるから、やっぱり極力、じっとして、日常の諸々を避けてしまう」「強迫行為をやるなと言われても、やらないと不安で不安でいられないから、やっぱりやってしまう」「強迫行為をやるなと言われても、やらないと悪い事が起きそうで、やらずにはいられない」などなど、いろんなことを思い、相変わらず、怖くて出来ないことを避けており、強迫行為も何時間も繰り返していました。

 つまり、「わかってはいるけど、でも怖いから、治療をこなす事が出来ない」理由ばかり考えて、挙げていました。そして、私には、あんな怖い治療は出来ない、私には行動療法は向いてないんじゃないか?こんなに怖いのに、どうしてやらなきゃならないんだろう?と、治療を疑ってみたり、他に方法はないだろうかと探ってみたり、そして、相変わらず強迫観念に怯え、強迫行為をやり続ける自分にホトホト嫌気がさし、私の人生は何なんだろう?と、どんどん悲観的になって行きました。

 そして、相変わらず強迫行為をやり続けることで、強迫観念はますます増幅し、強迫対象も広がり、病気は悪化の一路をたどり、もう起きていることすら恐ろしくなり、布団から出られなくなってしまいました。つまり、もうにっちもさっちも行かない、ドン詰まりになってしまったのです。

 ドン底まで行った時に、ある時に決意しました。「私はどうしても治りたい!!普通の生活が送りたい!!そのためには、自分自身が普通の生活を自ら行わなければ、いつまで経っても普通の生活に戻れるわけはない。だからもう、腹をくくって、怖くて避けていたものを、あえてやるようにし、強迫行為もどんなに怖くて後悔しても、やらずに次の行動に移そう!!もう何年も強迫行為をやり続けて地獄な毎日だった。これ以上、地獄な日々は送りたくない!!

 怖いものに慣れる訓練をしよう!!不安が起きても我慢して耐えられる力を身に付けよう!!私は強くなりたい!!病気から解放されたい!!もうこれ以上、怯えて暮らすのは嫌だ!耐えられない!!行動療法の恐怖も、相変わらず続く強迫観念にさいなまれる毎日も、どちらも耐えられない!!しかし、どうせ耐えられないのなら、良くなった人が沢山いる行動療法の恐怖を選ぼう!!良くなった人がいる道を、そしてそれをサポートする医師を信じよう!!もう、これに賭けてみよう!!」と。

 病気が良くなってから、とある友人に、このいきさつを話したら、友人が言いました。「あなたは最初は、出来ない理由ばかり考えていたんだね。だけど決意してからは、治療を本気でやるための理由を考えるようになったんだね!出来ない理由ばかり考えても、堂々巡りでラチがあかないし、何も解決しない。出来る出来ないじゃなくて、やるための理由を考えることが大事なんだね!」と…

 自分では、友人にそう言われるまでは、自分に起きた心の変化を明確に分析していませんでしたが、言われてみると、なるほど!と思いました。出来ない理由を考えることは、つまりは、自分がやらねばならない課題から逃げてしまっており、逃げてしまう自分をなだめる言い訳にしかならないのかも、と思いました。

 それに、ああだから出来ない、こうだから出来ない、と言ってみても、何も解決しないし、誰もどうすることも出来ない…だから、出来る出来ないではなく、やるかやらないか、が大切なんだな、とも思いました。治療は本当に、非常な我慢を強いられるから、とても辛いし、上手く出来ない日々も多々あると思います。しかし、そこで出来ない理由を考えずに、その治療をやるための理由を考えて、とにかくあきらめずに、やり続けることが大切なんだと思いました。

 と、ご参考までに記します…

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事