ここから本文です
山口沿線の四季
2019やまぐち号のファーストランは3月23日です。

書庫SL冬の湿原号

すべて表示

20190127冬の湿原号

2日目の朝は7時宿発なのでゆっくりできた。
宿から釧路川まで、レンタカーのアルファード4WDを運転してみたが、凍った路面でも抜群の安定感があり、4人乗車・大荷物の状態ではベストな選択だった。

釧路川の氷を確認の上、逆光側の定番から撮影。
これだけいい条件はない、と地元の方から太鼓判をいただいたが、11時前になると氷がどんどん流れてハラハラし、通過時には風で惜しくも煙が倒れてしまった。
イメージ 1

イメージ 2
それでも初の釧路川には十分なショットであった。

運転手は小僧君へチェンジ、金曜の下見でも来た白樺の塘路駅へ。しかし先着が多く、白樺は入れられなかった。
イメージ 3

シラルトロ湖の向こうを行く湿原号と並走。なかなかきれいな段煙になってくれない。
イメージ 4

さらに追いかけて。
イメージ 5

イメージ 6

折り返しの標茶(しべちゃ)駅にて。
イメージ 7

イメージ 9

イメージ 8


返しは、ドライバーはみなみかぜさん。
小僧君の先導で細岡の俯瞰へ。ここは、ぜひ行きたかった場所だった。
ポイントへ着くまでずっと雪を掻き分けて登ったが下の湿原はほぼ無雪。
イメージ 10

イメージ 11

最後の最後に夕陽でカマが輝いてくれた。
イメージ 12


イメージ 15

今日も天気よく阿寒富士と雌阿寒岳を臨むことができた。
イメージ 13

雄阿寒岳はやや雲を抱いている。
イメージ 14

次回はぜひこの名峰も入れて撮れたらいいな。

急ぎ下山して釧路空港へと向かった。
途中、三脚とストックをセコマから宅配したので随分樂になった。
着替えはレンタカーのトイレを拝借。私はこの足で神奈川の娘を訪ねるので。
空港で慌ただしく食事して土産を買って、4人で1830発の羽田行きへ乗り込み解散。
イメージ 16

皆さん、お世話になりました。
(帰り着く頃、来年の日程調整が来た爆)
【2019年1月27日(日)】

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 英彦山神宮

    2019/2/17(日) 午後 6:00

    英彦山神宮(福岡県田川郡添田町)へ初めてお参りした。 何とか山口から日帰りできる距離だ。 英彦山神宮 奉幣殿 天正年間に兵火で社殿が焼失したが、この奉幣殿は1616年に小倉藩主細川忠興が再建したもの。 かつては1 ...すべて表示すべて表示

  • 門司港駅

    2019/2/17(日) 午前 9:32

    長らく工事中だったが、いよいよ3月10日にグランドオープンする門司港駅。 まだ広場が整備中であり、撮りたい画角は限られるものの、なかなかいい雰囲気である。 駅向かいの旧門司三井倶楽部のライトアップも綺麗だった ...すべて表示すべて表示

  • 皿倉山

    2019/2/15(金) 午後 10:58

    先日、機会あって、北九州の皿倉山(標高622m)へ初めて行ってみた。 流石は新日本三大夜景、宝石を散りばめた景色は半端ない。 まさに絶景だった。 ケーブルカーから乗り継いで展望台まで結ぶスロープカーは嘉穂製作所(飯塚市)の ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事