フランセーズの犬

負け犬でもいい、逞しく育て!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

これは事件ですぞ

いい天気だな〜

どっか行きて〜な〜

ども、俺キット

朝から「お風呂」という洗礼をうけました

テンション下がります。


大変ですぞ

これは事件ですぞ

何と!!かあちゃんが痩せてきました

どうした、かあちゃん??

かあちゃんの説明によれば

「かあちゃんは今、インナーマッスルを鍛えてるの」

インナーマッスル??

なんだそいつは

誰のことだ??

うんまいものか??

なら俺にもくれ。


かあちゃんの腹に、確かに3段あったはずの山が

消えてるではないか

内緒だけど、かあちゃん

おっぱいも小さくなったんだって

かあちゃんのブラジャーカッポカポなんだって


そんなある日、またまた暴走したかあちゃん

自慢げに俺ととうちゃんの前に

全裸で「ほれ、見てみれ〜いい感じだろ??」

俺達、絶句。

気持ちはわかるけど、パンツははこうぜ(泣)


でも俺

おデブなかあちゃんも大好きだぜ

開く コメント(0)

ついつい

イメージ 1

イメージ 2

内職に使うインデックスを買いに

閉店間際の文房具卸店に行って

つい、蛍の光にせかせれて

つい、レジ横に置かれたこいつに

つい、目を奪われて

つい、店員さんの甘い囁きに負けて

つい、意味もなく買いました。


レジ横には誘惑がいっぱいです

開く コメント(0)

王子の言い分

誠に不謹慎ですが

先日の超大型台風に

少しばかりウキウキ感と

期待感を持ってしまい

結果、なんごともなく台風は通過

ちょっとがっかりしたかあちゃんです。

被害に遭われた方には

心からお見舞い申し上げます。


さて、王子にベッタリ・マッタリな日々を過ごしている

かあちゃんですが、ここ何日かは

お仕事のため王子にはお留守番係が課されています

前は、「行ってきます」でちゃんと待てたのに

今では完全無視(泣)

当然の様に、車にすたこら乗ろうとするので

強制的にお部屋に連行される日々です

玄関で「どこ行くのさ」「俺は一緒じゃないのかよ」と

なんともいえない瞳で見つめます。

あまりの可愛さに泣きそうになる心を鬼にして

お出かけします。


帰れば、「おい、遅いじゃね〜か」

的な顔で責められる日々

「メンチ」を切るのである


王子の気持ちはよくわかりますけど

王子のご飯を稼がねば・・・

とても複雑なかあちゃんなのです。

開く コメント(0)

新車です。

イメージ 1

我が家にあるカーとは

かあちゃんのもう一人の娘

あずきの為に買ったもので

チビブルのあずきにはちょうど良かったのですが

王子にはちょいと小さい。

そして体重は倍以上

態度もデカイ王子には無理

それに耐荷重は完全オーバー



これでは安全性に問題がある

買い換えなければいけない!!

貧乏な我が家ですが

このたび、新車を購入いたしました。


本当は、macのが欲しかったのね

ハードボディだし、耐荷重40キロだし

なんといってもカッコええ

でもお値段が・・・・

なんと、88000円なんだもん

さすがに、かあちゃんの稼ぎでは買えません(泣)

さすがに、とうちゃんにも切り出せなかったのね

「お値段は88000円です」とは

で、リーズナブルなこれにしたのです。

3輪バギーでいい感じじゃない??

片手でたためるし

便利便利〜♪

開く コメント(5)

王子、病院へ

床下換気システムな我が家

お陰で、夏はとても涼しくて快適

反面、冬もとても涼しくて冷え冷え

10月に入って気温も下がり朝に晩に

寒さが身に染みてきだしたふたり

ファンヒーターはまだ早いと言うことで

王子と話し合いの結果

遂にホットカーペットを出すことにしたかあちゃんです。

ぬくぬくです

王子もご満悦です。


そんな王子ですが

2日前からご飯を食べなくなり

ひがな寝てばかりで心配していた矢先

朝から異常行動が見られたので速攻、病院にいってきました。

診断の結果は、心臓・肺に特に異常はなし

熱も平熱で問題はなし

あえて言うなら、腸の動きがやや不活発とのこと

リンゲル液を注射して

お薬貰って帰ってきました。

すると食欲モリモリ元気はつらつになって

ひとまず安心しました。


毎日、王子にボディータッチして

痛がるとこはないか

湿疹ができてやいないかなどを確認し

「どこか具合は悪くない??」

「痛いとこない??」

と、とうちゃんにバカにされながらも聞きますが

王子はキョトンとした顔で見つめ返すのみ

ああ、どうして喋れないんだろう・・・

歯がゆくて仕方ありません

神様にひとつだけお願いしたい

緊急時だけはどうか、喋れる様にした貰いたい!!とね

そしたらもっと早く気づいて

もっと早く病院につれて行けるのに

こんな時、旦那さんが獣医さんならいいのにとか

思ってしまうかあちゃんです


そうそう、人は笑うかもしれませんが

我が家では当たり前のように王子との会話のレッスンを

繰り返しています。

毎朝毎夕のお散歩の時には

「かあちゃん、散歩に行きましょう」のレッスン。

レッスンの成果か、王子は完璧に理解して

まるで喋るように鳴きます

いや、喋っています。

かなり天才です王子。

わかってますよ

ええ、わたしかなりのバカ親です。

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事