ここから本文です

書庫全体表示

まいど

た〜〜〜いへん
お久しぶりでございます

しかも
キャンプネタって

いつ以来ですかね


我が家の奥さんの調子が
悪くなってから
ソロで行こう

って思うばかりで
なかなか実行できない
小心者の軟弱キャンパー
おかっぱは
一度も出向くことなく

キャンプ欠乏症に
ドップリ浸かっております

で、5月に予約を入れていたのですが
訳あって行けないようになったので
スライドさせていたのが
この時期です

お天気予報では
7/7→/ 降水確率60%
7/8→/ 降水確率80%
7/9→/ 降水確率60%

その前後はマーク
しかも降水確率40%

なんでやねん

って、怒ったところで
梅雨真っ盛りの中
しかも
最強の雨男
出撃に
晴れるわけありません


こんな雨予報

って言うか

確実に雨が降る
というのに

うちの奥さん
『キャンセル料発生するし』
『そろそろキャンプ行かんとやばいし』
『お父ちゃんも限界やろうし』

なんてやらしい

あっ!間違えた

なんてやさしい
奥さんなんでしょう


ということで
梅雨真っ盛りの
7/7〜2泊で
キャンプ欠乏症を防ぐのと
奥さんのリハビリを兼ねて
行っちゃいました

お初のキャンプ場

そこは

兵庫県にある

イメージ 1

フォレストステーション波賀
東山オートキャンプ場

(なんか舌嚙みそうなネーミングですね)

宿泊施設には
温泉付きです

アーリーチェックインの
申し込みも行っていたので
10時には到着してやろう


3時起きで準備を
イメージ 2

で、テトリスの完了が
6時過ぎ

この調子なら
お風呂入っても
7時には出発
のんびり走っても
10時には到着

って思っていたのですが

こんなに早い時に限って

色々忘れ物
あるんですねぇ〜

極めつけは
スチベルの中身(飲み物・食材)

ガァ〜〜〜ン

こんな大事な物まで
忘れちゃってました(汗)

結局お風呂に入ったのが
出発予定時間の7時


出発はいつものように
1時間遅れの
8時過ぎ

でも、途中大きな渋滞もなく
料金所で軽く
詰まる程度で

気分良く走っていると

早くも

安定の

私の

お友達が

やって来てくれました
イメージ 3

土砂降り


この状態が
ずーーーーーっと
続くのか???

ちょっと心配です


が、到着してみると
良いお天気とまではいきませんが
雨降ってません


受付は
この宿泊施設の
フロントへ
イメージ 4

そこで料金を払い
車で上がって行ったところの
キャンプ場受付(管理棟)で
諸々の説明を聞き
サイトに行く
というシステムです

サイトの受付は
宿泊施設の受付嬢

とは

大違いの

普通の

おじさんでした


到着後
きなちゃんのお散歩に

そして
雨が降って来てはいけないので

一気に
汗ビチャ
になりながら
イメージ 5

頑張っちゃいました

雨予報なので
過保護張り

雨予報なのに
ポリコットン幕


でも、これからの季節
コットン幕
良いですよね

でも、湿ると・・・・・

でも、結果的に
この幕で
正解でした

(この話は2日目辺りで)


正面からの図
イメージ 6

自作キッチンテーブルに
乗せるだけ乗っけて
まとまり有りませんね

まだまだ
お洒落さんには
ほど遠いです


今回利用させていただいたのは
G−1サイト

とりあえず
予約を入れる段階で

奥さん『おトイレに一番近いサイトでお願いします』

これが我が家の
必須条件です(笑)


設営中は
お日様も顔を
出してくれていたので

汗ビチャ


奥さんは
扇風機で
休憩中

なんせ、リハビリキャンプですから

あまり無理
しないようにね

って言っても
キャンパーの血が騒ぐのか
張り切って
設営頑張ってました

お陰で早く
設営完了しましたよ


今回初登場の
スタンレージャグ
イメージ 7

氷を入れてから
常温の飲み物
入れてみたのですが
あまり冷えてくれませんでしたね

やはり、冷えた飲み物を入れ
そして氷を入れてこそ
保冷力アップですね

せっかく良い物買ったのに
完全に使いこなせていませんね


久々に
イメージ 8

チャムスのカップも
並べてみました

このカップでは
決して飲み物を
飲まないように

底の部分に
色んな物が
こびり付いてます


これもまた
初登場です
イメージ 9

アメリカンなマット

こてこての
河内のおっさんとおばはん
なんですが
コールマンクラシックテント
の時はなぜか?
アメリカンな
おかっぱ家です

インナーマット

掛け毛布

まで、アメリカン


続いて
三つめは
イメージ 10

シェルコン50

なかなか優れものですね

シェルコンの蓋は
ユニフレームの
キッチンテーブルの
天板を使っちゃいました


設営も終わり
簡単に昼食も取り
汗も引いてきたので
散策がてら
きなちゃんとお散歩に
イメージ 11

場内の一番奥まで登っていき
ぐるっと一周

帰って来るなり
お行儀よく
私のチェアーを
独り占め
イメージ 12

お手手
かわゆ〜ぃ


それにしても
良いお天気ですね

って、こんな事言うと
お天気悪くなってくるんです


お天気悪くなる前に
ちょっと早めの
晩ご飯の準備を


本日もBBQ


うちの奥さん
只今ダイエット中

なので、お肉は鳥肉で
(って、もう若くはないので、牛肉あまり食べれなくなってきました)

イメージ 13

ソーセージもヤキヤキ

つくねもヤキヤキ

鳥皮もヤキヤキ

それでは恒例の儀式を


カンパーーーーーイ
イメージ 14

奥さんは
ノンアルコールで


食べてる途中
小バエが多く
寄って来たので

昔ながらの
食卓みたいに
やっちゃいました
イメージ 15

とても
美味しくいただきました

ここの鳥肉
美味しいです

私の焼き方が
上手なのかな???



食後は
運動の為
きなちゃんと
またまた
お散歩に
イメージ 16

また、一番奥まで
上がって行ってくれます

軽くですが
ずーーーっと
登りが続くので
おじさんには
辛い(汗)

で、戻って来る時は
走るんですよね

これまた
おじさんには
辛い(汗)


ブヨに噛まれた後ですが
森林香を


風下で焚いていたのですが
タープの下の
両サイドに
煙が流れ
結局、足を数か所
噛まれちゃいました


我が家の横には
小川が流れていて
こんなの見っけ
イメージ 17

次の日も
同じ場所に居てたので
ツンツンしてみると
ビクともしません

既に霊山へと
旅立たれていました


夕方近く
楽しみの一つ
焚き火でも
って思っていたのですが
どうも、ここのキャンプ場
禁止しているみたいです
イメージ 18

残念

久々なので
オネショ覚悟で
楽しみにしていたのですが・・・

でも、決まりなら仕方ない

それに、うちの奥さん
焚き火の煙で
喉をやられると
また咳が悪化しそうなので
禁止でよかったのかも


だから仕方なく
イメージ 19

残っていた炭を
ユニセラに放り込んで
雰囲気だけ
出してみました

こうすることで
ユニセラの油も
飛ばせますからね


こうして遊んでいるうちに
辺りもだんだん
暗くなって
イメージ 20

焚き火タイム

って
でけへん


だから
イメージ 21

ランタンの灯

今夜は

癒されます

イメージ 22


良い雰囲気ですね


イメージ 23

このゆらゆら感

たまりませんね

ロウソクの
ランタンも
イメージ 24

点火


しばらく
ユラユラ炎を
眺めながら
マッタリと
過ごします
イメージ 25



この時期ですが

ひょっとして・・・・・

と思いながら
眺めていると

山すそや小川の方で
飛んでいました


この時期ですが
まだ飛んでいました

時期的に
乱舞とまでは
ほど遠いですが
幻想的な光に
魅了することが
できました


蛍も見れたし
お風呂にでも行こうと

そうそう、ここには
温泉があります

が、温泉があるにもかかわらず
目の前にある
サニタリー内の
コインシャワーに

(3分 100円です)


シャワー後
ちょっと小腹が空いたので
夕方にヤキヤキしていた
残りの鳥さん達を食し

酎ハイ飲んで

マッタリと


この広い
フィールドに
今夜は
我が家だけ
(その他、獣たちはいると思いますが)


雨上がりの
空には
七夕の
満天の星たち

って思っていたのですが

常夜灯あちらこちらで
点けてくれているので
あまり多くは見れませんでした

でも、お月さんも
お星さん達も
出ています

明日は晴れてくれるのかな

(インスタグラム見てくださっている方は
どんなお天気になったか、お分かりですよね)


歯磨きして
(サイト内に、シンクがあるのは
非常に便利です)


そろそろ
お休みの時間


今夜の
奥さんの
夜のお供は
これです
イメージ 26

酸素を拵えてくれる
頼もしい
例の物です

寝ている間だけは
どうしても
血液中の
酸素濃度が下がる為
コンプレッサー
持参でやって来ました

ここまでして

ってお思いになる方が
居られるかもしれませんが
このキャンプに
来ることによって
少しでも
リフレッシュでき
少しでも
気分転換できたら

そう思い
やって来ました

実際、普段より
よく動くように
なっていました


当初は
私もここまでして・・・
って思っていましたが
今回は
ココまでして

で、正解やったような気がします

また、この機会が
あることによって
2人とも
安心して
眠ることもできるし

ちょっと肌寒かったので
幕内に入れて
保温効果もあったので


まー、そういう
色んな意味のある
色んな経験のある
リハビリキャンプ


それでは


おやすみなさーーーい


お布団に入るなり
速攻寝ちゃいました



つ・づ・く











本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事