ここから本文です

書庫The Latest Issue

すべて表示


時折、雨もパラつく生憎の空模様でしたが
バイクに乗ってカワサキワールドへ行きました。






イメージ 1






イメージ 2






開場前から長蛇の列、その目的は:






イメージ 3







イメージ 4






ちぱる氏の、トークイベント&サイン会!






イメージ 5






イメージ 6






トークイベントのお相手は、
カワサキのデザイン部長・福本氏。






イメージ 7






衣装がライムグリーンのお揃いなのは、偶然だそうです。






イメージ 8






「何故オートバイのデザイナーになったのか?」
「最初にデザインしたオートバイは何か?」(→ZXR250)
「最も思い入れのあるオートバイは何か?」(→ザンザス)
といった福本氏ご自身に関するQ&Aの後に…



会場の皆もゼッタイ知りたい、2つの質問:
「新型GPZ900Rは出るのか?」
「新型250cc4気筒バイクは出るのか?」
が、ちぱる氏より投げかけられました。



回答に悩む福本氏に対して
「口に出さなくていいので、表情で答えてください!」
と言われた、福本氏の表情は:






イメージ 9






(笑)






イメージ 10






「会社の怖い人も見てるから」
ということで、明言は避けましたが:

「期待していてください」

と、明らかに否定ではないコメントが!!

秋の東京モーターショーに、期待です。






この後、特別ゲストで
たまたま会場に足を運ばれていたという
川崎重工業の元社長・田崎氏が登壇!






イメージ 11







「W1をアメリカで初めて乗った日本人は、自分だ」
とか
「自分は今年83歳。
 83は素数である。
 83は”セクシー素数”でもあり、その相手の数は89。
 (※セクシー素数:差が6である素数の組)
 なので89歳までは元気に生きたい」
とか、
「これからも、カワサキワールドをよろしく!」
 (※田崎氏は社長時代にカワサキワールドを創設)
数分間ながら大変印象的なスピーチをされました。






イメージ 12






トークイベント終了後の、サイン会では
ちぱる氏が表紙の雑誌「GOGGLE」にサインしてもらいました。






イメージ 13






okapyが
”スズキ乗りなので、今日は青色の格好でスミマセン〜”
と話し掛けると、
ちぱる氏より
”この号はスズキ特集だったのに、表紙は青いZ900RSで
 スズキにもカワサキにも敬意を払ってない!って怒った”
という裏話を聞かせてもらえました。



ちぱる氏は、初対面でも相手にとても注意を払っていて
その相手に合わせた質問やコメントを瞬時に出せるのが
スゴいと思い、ますますファンになりました。






イメージ 14






オマケ:

昨日(2/16)、カワサキのSBKチームの体制発表があったので
何か関連した展示があるかな?と思いカワサキワールドに行ってみると:






イメージ 15






SBKマシンの横に飾られている、ライダーのヘルメットが
ちゃんと2019年体制のジョナサン・レイとレオン・ハスラムに
なっていました。






2019.02.17



Canon PowerShot G5X

書庫その他の最新記事

すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事